読売新聞朝刊一面コラム - 編集手帳 - 第二十一集 (中公新書ラクレ)

  • 20人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 竹内政明
  • 中央公論新社 (2012年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504111

読売新聞朝刊一面コラム - 編集手帳 - 第二十一集 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 最近はまっている読売新聞の「編集手帳」のまとめ本。

    気に入ったフレーズなどをいくつか。

    ユーモアとは「にもかかわらず」笑うことである

    私はひどく嫌いなんだ/自分の持ち物を自分の身体の一部と感じない人が/人込みの中、持ち物を他人にぶつけて平気な人が…..

    →同様に、自分の持ち物を床に置く心も理解できない

    遠く離れて 会いたいときは 月が鏡に なればよい

    日本人全体がな…...これまでは、幸せな幼児だったのじゃな。二千年もの間、この暖かく、やさしい四つの島のふところに抱かれて

    朝に見て昼には呼びて夜は触れ確かめをらねば子は消ゆるもの(河野裕子)

    言葉は文脈のなかで生きている。一語を抜き出して「けしからん」と避難しても意味がない。

    われわれは後ろ向きに未来へ入ってゆく

  • 閲覧室 304||タケ||21

全3件中 1 - 3件を表示

読売新聞朝刊一面コラム - 編集手帳 - 第二十一集 (中公新書ラクレ)に関連する談話室の質問

竹内政明の作品一覧

竹内政明の作品ランキング・新刊情報

読売新聞朝刊一面コラム - 編集手帳 - 第二十一集 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする