銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)

  • 153人登録
  • 2.69評価
    • (1)
    • (7)
    • (23)
    • (17)
    • (4)
  • 20レビュー
著者 : 津田倫男
  • 中央公論新社 (2012年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504128

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第五章 昇進 銀行はこうして人を育て、選抜する
    がおもしろかったです。

    行内でのキャリアを推理する質問として
    「現在のお仕事は何店目ですか?」
    「地方勤務をしたことがありますか?」
    などを紹介。

    課長と部長代理との差

    猛将タイプの人は支店長にもなれない

    など。
    銀行内の人でないとよく分からない、人事関連の話が特に面白かったです。

  • 銀行員であった経験を基に、「内部事情」を明らかにするというのがウリなのかと思いましたが、週刊ダイヤモンドか東洋経済にでも掲載されていそうなことばかり。また、「我々顧客側からはわからないが」といったエクスキューズを挟んでいるところもあり、結局趣旨がよくわかりませんでした。
    東京スター銀行のATM訴訟についても、実際は銀行間手数料の不均衡という問題があった事には触れず、単純に出る杭は打たれる的なエピソードとして紹介している部分にも違和感を感じました。説明不足か作為的か、どちらかはわかりませんが。

  • 銀行や官僚を叩くと大衆受けが良いので、叩きたくなる(そして正義の味方気分を味わう)のは分かるが意味不明な点多し。以下感想。

    ・ATMの列を一列にする為に建物の柱を取り払え!という指摘に対して出来ないと言った行員に怒り、支店長を呼び出すのは単なるクレーマー。

    ・失業した人(担保あり)にお金を貸せないのは普通では?失業保険を収入というのは無理がある。
    等々

  • 前提として、私は銀行員が嫌いである。本著では、自分が普段から感じている、銀行員の違和感は間違いないことが分かった。
    しかし、本著の著者は元銀行員で、銀行に対しての愛憎がある。本著の事例では、銀行員嫌いの私にすら「言いがかり」に近いと感じるものも含んでいる。しかし、それは重箱の隅をつつきたいのではなく、銀行員たちに「貴方達が正しいと信じているものを一度疑ってみよ。その感覚が欠けると、時代に取り残されるぞ」とはっぱをかけたいからではないか。著者の気持ちを想像して読むとまた面白い。

  • 銀行員の内情がよくわかる本。しかし、入行5年目で全てが決まるとは実にシビアだ

  • レビュー省略

  • 読了。

  • 著者は、㈱フレイムワーク・マネジメント代表。スタンフォード大学ビジネススクルート卒業(MBA)。都市銀行、外資系投資銀行等に20年間勤務後、外資系ベンチャーキャピタル日本代表を経て独立。

    著書に「外資系企業で成功する人、失敗する人」「老後に本当はいくら必要か」等多数。

    世間の銀行を見る目は厳しい。銀行「員」に対してはもっと多くの注文がつく。一つには銀行員のほうが一般の人や企業からみて、わかりやすいということがある。「銀行は・・。」と論じても抽象的になりがちだが、個別の銀行員については大変、具体的に話しやすい。しかも否定的に。

    本書を手に取り、銀行員の読書には、そうした意見にただ「あり得ない」と笑い飛ばすことなく、備えてほしい。そして銀行員意外の読者には、「銀行もしょせん、企業。特別な存在ではない」という前提で、銀行員の素顔を知ってもらいたいというメッセージが込められている。

    本書の構造は以下の6章から構成されている。
    ①給与・待遇
    ②顧客対応
    ③カルチャー
    ④採用
    ⑤昇進
    ⑥出向・転籍

    主観的にそして客観的立場として銀行員の世界を描いた本書。時代背景や属した企業・環境は違い全てをあてはめることはできないことを前提として本書を手に取った。

    しかし、学ぶべきこと。知っておいた方がプラスになることも多く書いてあったことは事実である。耳が痛くなるような指摘や自分もそうなのかと考えさせてもらえる良い機会にもなった。

    キミョーな世界はまだまだ続くのか。

  • 元銀行員が銀行員の内部事情について具体例を出しながら詳しく説明してくれる。銀行員の給料や出世コース、将来、内部の仕事、外部対応についてなどなど。基本的に銀行員の働き方についてネガティブキャンペーンを行っていて新書ならではの内容となっている。銀行員に興味がある学生や、銀行員の接客の悪さが気になった人はこれを読めば納得できる点も多々あると思われる。なお、内容は主に日本のメガバンクが中心なので、外資や地銀についてはあまり適用できないかもしれない。

  • 一体誰に語りかけたいのかがわからなかった。
    始めは、「銀行に不信感がある、あるいは、あまり好きではないが、興味はある人」向け。途中からは、銀行を目指す人向け、そのあとは銀行を卒業する年代の人向け。こう見ると、ちゃんと章ごとにわかれているのかもしれないけれど、納得がいかない。

    元銀行員の私は中の人の考え方がわかってしまうからなのか、筆者の言う「違和感」は言いがかりにしか取れない具体例の山。山。山。
    ATMの並び方がおかしいと思った人が指摘したことに対し、取り合えってもらえなかったからといって銀行側の対応が悪い、というのはなんとも…。具体例の取り上げ方が悪いのか、せっかくの例が台無し。

    それから、福利厚生で医療費がタダ、とか、そんな会社があったら教えてほしい。会社の健康センターはあっても、キャッシュレスで診察が受けられるだけであって、後から給料天引きだと思うんだが。。。 

    融資に代表される本来の銀行業務を外れたところで儲けるようになってきていることに対する批判も…本当に14年も勤めましたか?他業種を見ていても、本業で稼げなくなったらそれ相応の対策を講じることは良くあることなのに。。。

    数十年前の方が語る、ナカの人の話なので、かなり割り引いて読むべき本。

全20件中 1 - 10件を表示

津田倫男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
池井戸 潤
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)の作品紹介

「規則ですので」「理由は申し上げられません」…顧客の都合より行内事情を優先する"銀行ムラ"。都銀と外銀に勤めた著者が、邦銀独自の(屁)理屈をわかりやすく翻訳し、勤務実態、給料、出世と人事のカラクリを赤裸々に解説。

銀行員のキミョーな世界 - なぜ行内事情を押しつけるのか? (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする