動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)

  • 1153人登録
  • 3.68評価
    • (52)
    • (153)
    • (122)
    • (19)
    • (1)
  • 155レビュー
著者 : 津田大介
  • 中央公論新社 (2012年4月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504159

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
堀江 貴文
有効な右矢印 無効な右矢印

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • この本はある本屋に著者のサイン本が置いてあると言う情報をツイッターでたまたま見かけて買い求めたもので、自分の行動が本書に書かれている内容を体現しているのがとても面白い。

  • わたしから見てみれば物心が付いたときには
    携帯やインターネットがあって
    無かった時がわからないから、凄いと言われてもよくわからなかった
    わたしにとってSNSっていうのは友達との共有空間に過ぎなくて
    この本を読んでみて、SNSの本当の凄さに少しびっくり

    こういうツールはちゃんと使い方を知らなきゃならないと思うし
    情報が自分で発信できて自分で受け取れる今、
    何を信じるかをもっと考えなくてはいけないなと思った

    恥ずかしいことにブクログを作った人もこの本で初めて知りました…

  • 4章のソーシャルメディア×未来が興味深かった。金が集まらない福祉業界でも使えそうかなと。

  • ソーシャルを使ってそれをきっかけに動くこと!そこに背中を押してくれる本。

  • 津田大介さんの新刊。

    今まで、ソーシャルメディアによって世界が大きく変わった論がブーム?になっていたが、この本はソーシャルメディアだけでは何も変わらない。twitter呟いたり、FBで友達たくさん作ったって、ただそれだけ。
    大事なのは、そこからソーシャルに人々のネットワークが繋がって、動く事!という、当たり前論を一歩踏み入ったソーシャル本。

    ソーシャルメディアと政権交代や震災というお題目は、他の本でもたくさんされているが、特に感銘を請けたのは、後半の「ソーシャル×マネタイズ』について。

    日本ではまだまだ流行ってはいないが、投資よりも寄付に近い個人間送金システムにペイパル等のインフラが整った時、新たなビジネスの形を出来上がるのかと思った。
    これは切り込み方は違うが、神田昌典氏の「2022―これから10年、活躍できる人の条件」に書かれていた事と重なった。

    津田さんの前著「情報の呼吸法」よりも一歩突っ込みブレイクスルーした内容になっているので実戦にも使いやすい。

  • 津田さんと入家さんの対談がおもしろかった。クラウドファンディングをうまく使えば、個人でも地方でも面白いことができると思う。

  • リアルを拡張したことで、かつてない勢いで人を動員できるようになった(はじめにより)

    ソーシャルメディアを媒介して発生した革命、情報発信、震災復興、マイクロペイメントといったムーブメントが、動員という言葉に集約されて説明されていく。
    解説部分も著書自身が感じた動員について、動員して、動員されたことについて書かれている。
    納得できる部分が多い。

    そして、対談でモーリーロバートソン氏、宇川直宏氏、家入一真氏と対談するわけだが、
    三者三様の生きた言葉で語られていて面白い。

    自分自身もソーシャルメデイアの情報で、デモに動員された(参加した)経験がある。
    顔の見えている人がつぶやいていたことで参加の必要性について考えるようになり、またあの人が参加してるならと垣根が下がった。
    動員されたのだ。

    これがソーシャルメデイアの力、可能性だと感じていた。

    本書は自分の感じたことを代弁してくれているようだった。
    実際のデモにて、上げ足ばかり取るような抗議が人を惹きつけないことも感じていたが日本のデモはまだ、特殊な人の行為であると思われている部分だと説明していた。

    ソーシャルメデイアについて感じているオープンと可能性と危うさについて考えるとき、必ず参考になる一冊となるでしょう。

  • ソーシャルメディアが革命に果たす役割とはなんなのか。これらをいろいろな革命を分析することで革命=ソーシャルメディアではなく、ソーシャルメディアをきっかけに実際にデモに参加することが重要だということを語っている。ソーシャルメディアはあくまでもきっかけにすぎない。けれども大きなきっかになる。デモにおいては動員するということが重要である。
    日本でのでもがなぜ成熟しないか、わたしはなぜデモに参加しないのか。
    この著作にも書かれているように主義主張がばらばらで結束できていない点にあると思う。呉越同舟という言葉が使われていたが、同じ目的を達成するためにお互いの主張を一時取り下げるということができていない。
    ソーシャルメディアをやっているだけでは何も変わらない。その先に動員というものが存在する。
    私は、反原発というものに反対である。原発事故自体は非常に残念で悲惨なものであったが、現時点で原発は必要と考える。脱原発なら大いに検討の価値はあると思う。反原発のデモにはまったく共感できない。
    自然エネルギーの開発とともにより安全な原発の開発というものをしていくべきであると思う。自然エネルギー開発で電気をすべてまかなえるならば、より安全な原発の開発は必要ないかもしれない。

    ソーシャルメディアが果たす役割は今後も大きくなっていくだろう。
    寄付の話はとてもよかった。このように低額の寄付が気軽にできるようになるのはとてもいい事だと思う。

    既存のメディアとソーシャルメディアの連系も今後もっと重要になると思う。

    日本で不思議なことが1点ある。反原発のデモを掲げるよりも消費税増税に反対するほうが需要なのではないだろうか。そして東北地方の瓦礫問題も同じように重要である。こちらのデモは起きないのだろうか。
    デモや革命は日本でも起こさなければならければならないと思う。
    これは今までのようにカリスマ性のある人が呼びかけるのでなく一般市民が誰ともなく呼びかけていっていくのが望ましい。音楽が必要とか書いてあるが、必ずしも音楽は必要ないと思う。
    今、日本を革命を起こせるかどうか試されている。

  • SNSが実際にお金と結び付いて来ている事が体感としてあったのでこのタイミングで読めて良かったです。
    日本でクラウドファンディングがここまで広まっている事を読むまで知りませんでした。
    今はまだシステムにおんぶに抱っこでその中で何が出来るか、といった感じですけどユーザーが文化を作って色んなツールを使って、どんどん面白い、為になる事が出来るようになりそうです。

  • 動員は目的ではなく経過なので革命という言葉と接続するのは違和感があるけど、Ustとかで達成できる500とか1000人レベルの動員には強い価値があるんだってことの再評価になる一冊。マスコミ慣れしすぎてる人たちはこの人数の価値を過小評価しがち。

  • 2012年の作品。当時は震災時のネットによるコミュニケーションの力が再認識され、また、中東での革命や、日本でも反原発の動きが盛んで、その背景にはネットでの動員力があった。そういう時代背景で書かれた作品である。今になって読むと、盛り上がっていた少し昔の話に聞こえてしまう感あり。

  • 2012年刊。「動員」の革命とあるが、デモ等の政治運動のみならず、集客・情報発信の観点からの叙述もあり、ビジネス、表現者、政治活動に携わる者など広範な読者を対象とする書。読みやすいが、内容はそれほど新奇ではない。ただ、発信者が咀嚼できない情報は、受け手にとって難解なまま垂れ流される危険性ある点に触れられているのは興味深い。発信しようとする情報の咀嚼のあり方に、発信者側の価値がある(有吉氏の渾名付けがその例か)一方、受け手の側も、情報咀嚼に関する発信者の特徴をよく捉まえておく必要性を感じたところ。

  • 「アラブの春」、震災復興からビジネス、報道の世界まで、インターネットの枠を越えて現実社会を動かすエンジンとなっているソーシャルメディア。ジャーナリズムの可能性を模索してきた著者が、情報の未来を語る。


    なかなか読み進まないうちに次の本が来たので後回しにします。

  • 津田大介さんのフォローを始めたのでなんとなく。
    2012年に書かれた本だったので、ほんとに偶然だけど震災時のネットの話に多く触れられていて、ちょうどタイムリーな話題としてさくさく読み進めました。この辺の話も深堀りしたいけど、読了して一番印象に残っているのは「楽しいデモ」という、私の中での青天の霹靂!音楽との融和性も高そうでのびしろもあって、私もいつかデモに参加する日が来るかもしれない…

  • 動員の革命 津田大介 中公新書ラクレ
    ソーシャルメディアがRealを拡張し、かつてない勢いで動員できるようになった、ことの検証。
    Twitterは文字数制限緩和で勢いが止まるとかいうけれど、それでもFacebook,Mixi,Google+とならぶ
    Social Mediaなわけで、アラブの春、国会前のデモと情報発信メディアが動員までできるようになり
    それに影響を受けるマスコミと我々。デマも多いけれど、もしかしたら物理的戦争の前に、新幹線の
    システム乗っ取りより前に、銀行取付騒動とか議員のスキャンダルとかそういうコントロールから
    戦端は開かれるのかもしれず。議員の不倫、もっと大事なことがあるだろうに、その報道をまじめに
    しないといけない小倉さんもミヤネ屋も辛坊さんも内心どーなんだろう?それを観て視聴率に貢献するから
    番組作るんで、つまりは我々に帰ってくるんだが。

  • 色々と考えさせられることも多いが,確かにソーシャルメディアがもたらす影響を,人が動く・集まる?「動員」というもので捉えることは納得できる.
    危うさを秘めている感じもするが.

  • 最近はネットやその周辺の事柄に興味を持っているので、読んでた。
    内容はSNSなどのもたらした(人を集め動かす)、効果や可能性、その将来について著者の経験や、対談などを通して語られるという内容になります。
    2012年ですが、IT関係や最近の政治環境は変わっているのでもう古く感じますが、SNSの力に興味があるかたには楽しめると思います。

    備忘メモ
    ・デモは楽しくてもいい。
    ・ネットだけでは現実は変わらない。実際に動かなければ何も変わらない。
    ・ほとぼりをさまさず、続けることが大事。
    ・呉越同舟の方法を探す。

  • Twitterで有名な津田氏が、ソーシャルメディアによって動員力が格段に向上したことを記述した一冊。

    本人の説得力のある言説は元より、実際にその道の著名人との対談もあり、非常に勉強になった。

  • 震災、アラブの春
    ソーシャルメディアの活用術など

  • 2点弱。根拠ないし、論理も弱い。

  •  ソーシャルメディアはデモや社会をどう変えるのか、ツィッターの申し子、津田大介が語る。

     そもそもソーシャルメディアとは何かに始まって、アラブの春などのデモ、震災時の活用など、多岐に渡り書かれている。
     ソーシャルメディアはそれ単体だけの機能ではなくて、デモのようなそこから実際に会ったり集まったりする活動や、クラウドファウンディングのような寄付など、何かと結びつくことで大きな変革を生み出しうるものだと感じた。

  • ソーシャルメディアの第一人者とされる津田大介。彼が2012年春に著わした本。メディアに出ている彼の言葉とはまたひと味違った、それでいて読みやすい文章でソーシャルメディアを取り巻く環境を説明している。

  • ソーシャルメディアが社会に与える影響を語っている一冊で、普段Twitter、Facebook楽しんで使ってるけど、津田さんの考えには色々と気づかされることが多かったなぁ・・・!

  • ニコニコ超会議にて直接津田さんから購入。サインもらう。

    ・人は思考の焦点をどこに合わせて意識的に情報を収集しているのか?それによって現実の捉え方が変わる。(p143)
    ⇒それをしっかり残してアウトプットすることも大切。毎日行くところでも意識的に情報を収集することで、小さな違いに気付くことができると思う。その小さな違いが大きなキッカケになると信じたい。
    ・茨城県潮来市(イタコ市)も震災の影響で2ヶ月間インフラがだめだった。ただ福島原発という被災地によって、メディアから放送されなかった。このような「中被災地」の情報もソーシャルメディアでカバーする必要がある。(p188)
    ⇒ソーシャルメディアで小問題、中問題を仕事で探し出すことができるのではないだろうか。

    ・1955年生まれ前後(ジョブズ、ビルゲイツ)がパソコンによるイノベーション第1世代。1973年前後がインターネットによるイノベーション第2世代(堀江、東浩紀)。1990前後、今の学生たちこそソーシャルメディアに立ち会ったイノベーションを起こす第3世代である。(p238) by梅田望夫
    自覚して行動、利用して行かないとね!

全155件中 1 - 25件を表示

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)に関連するまとめ

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)の作品紹介

あなたは、この革命を体感しているか? ソーシャルメディアはかつてない「動員」の力を発揮している。「アラブの春」、震災復興からビジネス、報道の世界まで、インターネットの枠を越えて現実社会を動かすエンジンとなっている。ソーシャルメディアでジャーナリズムの可能性を模索してきた著者が「情報」の未来を語る。恐れず理解し、使いこなせ!
モーリー・ロバートソンさん、宇川直宏さん、家入一真さんとの対談も収録

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)はこんな本です

動員の革命 - ソーシャルメディアは何を変えたのか (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする