税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)

  • 525人登録
  • 3.16評価
    • (10)
    • (41)
    • (51)
    • (18)
    • (11)
  • 47レビュー
著者 : 大村大次郎
  • 中央公論新社 (2012年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504371

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 税務について知りたくなったため読んだ。

    サラリーマンには、第一章だけでいい印象。

  • アマゾンなどの書評でボロクソに言われてますが、その理由は12万部も売れた著者の前書、「あらゆる領収書は経費で落とせる」で触れた内容とかなりかぶっているから。
    このベストセラーとなった前書は中小企業の経理部向けであり、その内容を昨今のノマドブームに乗っかって、個人事業主向けに書き直した書籍になります。僕は前書を読んでなかったので、「目から鱗」のネタばかりでした。
    他の書籍よりも、かなりアグレッシブに踏み込んだ内容になっていて、「ぶっちゃけ、キャバクラで使ったお金を経費で落とせる」と豪語している書籍は、これ以外に見たことがありませんw
    第5章「税務署に騙されるな!」という章では、元国税調査官という立場を活かして、僕らフリーランサーが知る由もない税務調査の裏話が赤裸々に書かれています。
    そして何より、たった4ページの「あとがき」が秀逸すぎました。ある意味「不謹慎」とも評価されるこういう裏ワザ本を世に出した著者の動機が書かれているんですが、ちょっと感動してしまいました。まず最初にあとがきを立ち読みして、共感した人は是非買ってみてください。

  • 一般的なことが書かれている。サプライズなし。大したこと書かれていない。

  • 文字通り、元国税局に勤めていた著者が、合法の範囲での節税術を解いた一冊。

    前作『あらゆる領収書は経費で落とせる』とかなりかぶる点はあるものの、復習も含めてそれなりに勉強になった。

  • 著者自身の主張と、実際に通用する話が混在している。
    ネタとしては面白いが、ちゃんと裏をとってから執筆するのが基本でしょう...

  • 2015/01/07【図書館】

  • 税体系に興味を持てる話だった

  • 節税の勉強のための本。
    全部は利用できないけどためになる。

  • 主に個人事業主向け
    サラリーマンには、前作のほうが読む意味あり

  • 元税務署員による節税指南本。「個人事業の福利厚生費を費用計上できる」、という主張は目から鱗だったが、その後、税務署は否認していると補記されている。
    子どもの歯科矯正費用は医療費控除で落としても大丈夫、というのはナイス。

全47件中 1 - 10件を表示

大村大次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
デール カーネギ...
クリス・ギレボー
三浦 しをん
池井戸 潤
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)に関連するまとめ

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)の作品紹介

会社員も自営業も確定申告を知らなすぎる!この裏ワザで誰もが税金を取り戻せます。節税テクから、医療費・住宅ローン以外の知られざる控除まで、元国税調査官が一挙公開。話題騒然のベストセラー『あらゆる領収書は経費で落とせる』の続編。

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)はこんな本です

税務署員だけのヒミツの節税術 - あらゆる領収書は経費で落とせる【確定申告編】 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする