誰が法曹業界をダメにしたのか - もう一度、司法改革を考える (中公新書ラクレ)

  • 29人登録
  • 3.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 岡田和樹
制作 : 斎藤 浩 
  • 中央公論新社 (2013年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504661

誰が法曹業界をダメにしたのか - もう一度、司法改革を考える (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

誰が法曹業界をダメにしたのか - もう一度、司法改革を考える (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

誰が法曹業界をダメにしたのか - もう一度、司法改革を考える (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

誰が法曹業界をダメにしたのか - もう一度、司法改革を考える (中公新書ラクレ)の作品紹介

「司法試験合格者3000人撤回、ロースクール統廃合」など司法改革に逆風が吹いている。いま、業界で何が起きているのか?弁護士の数は多いのか少ないのか?弁護士、裁判官、検事、法務省それぞれの問題点に斬り込みながら、グローバルな視座で法曹のあるべき姿を模索する。

誰が法曹業界をダメにしたのか - もう一度、司法改革を考える (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする