サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)

  • 284人登録
  • 3.25評価
    • (3)
    • (25)
    • (35)
    • (7)
    • (3)
  • 40レビュー
著者 : 大村大次郎
  • 中央公論新社 (2013年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504784

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • サラリーマンの節税についての本。ふるさと納税を除くと、この本にあてはまりそうな人はほとんどいなさそうな気がするのだけど、どうなんろう?
    ただ、医療費控除についてはもっと知られたほうがいいと思う。父親は去年、入院したというのに、領収書捨ててしまって医療費控除ができないらしい。
    だいたい、妻一人、子供一人のサラリーマンはだいたい収入の20%が税金としてとられるらしい。そう考えると多いよなぁ。これは、先進国の中でも高い部類らしい。いったい、何に使われてるんだか……。
    掛け捨てより貯蓄性のある生命保険に加入したほうが、性目保険控除も多く適用されて有利という話には目からウロコ。確かに言われてみれば納得なのだけど、それは気づかなかった。
    それと、あまりよく分かってなかったけど、扶養控除って適用できる範囲が思ったより広いんだなと。6親等以内なら扶養控除にできるらしい(姻族なら3親等以内)。一緒に暮らしていなくてもいいのだとか。うちの祖母ってそういえばどうなってるんだろう。誰の扶養にもなってなかったら、損だよなぁ。
    後、場合によっては温泉利用で医療控除を受けられるという話も驚いた。調べてよさそうだったら、よく温泉に行ってる父に話してみようと思う。

  • 扶養家族を増やすとか、いろいろ節税法が書いてありますが、我が家の場合自分の親はすでに亡くなっており、妻の父親は年金額が多すぎて扶養の対象にならず。
    妻の叔父、叔母も法律上は扶養親族になるようですが、その場合は叔父、叔母の息子に許可を得る必要があると思い、そこまでするのはちょっと躊躇われ断念。
    住宅ローン減税はローンを組めば銀行が普通に教えてくれるし我が家もすでに制度を活用しています。
    医療費控除も今のところ健康なので自分には関係ないし、温泉旅行の費用が控除の対象になると筆者は言いますが対象となる温泉が限定されているので現実的には利用しづらい。
    ふるさと納税は確かにお得かもしれませんが、まあ趣味の領域でしょう。
    結局、使えたのは妻の父親の国民健康保険、介護保険料を払っていることにして約4万円の節税だけですが、これだけ節税できたのですから、筆者には感謝しています。

  • 分かり易かった。企業年金が確定拠出になったりと、大人になるに連れて知らないこと即ち負けになるので、自分を守るためには知るしかない。ロバート・キヨサキに影響されている自分ですが、賃貸持ち家論争で、賃貸費用には修繕費などがすでに組み込まれているので修繕費がかからないのは賃貸のメリットにならないという観点は面白かった。あと、最後の税務署への憤りコーナーが単純に面白かった。

  • ネットで調べれば得れる情報ではあるものの、それらがまとまっており、私のような税金に無知な人間には、入門編としてわかりやすかったです。

    この本と自分の源泉徴収票を見ながら、所得税、住民税を計算してみることでより理解が深まります。

    私が実際に使えそうな節税術は、ふるさと納税くらいではありましたが、税金や各種控除の勉強となったため、読んでよかったと思います。

  • ふるさと納税→納税額から2千円引いた額=住民税の1割になる様に納税するとお得。
    ex)年収600万なら住民税34万の1割なので3.4万までふるさと納税すると良い。

    社会保険料、生命保険料も控除ギリギリの値段の支払いをしていたら、それぞれ実質1万円ずつの節税になる。

    扶養家族は1人増やせば11万円の節税。

  • 納税意識の高いサラリーマンからとる、取りやすい人から取る。三流の税制だ。

  • 雑損控除、特定支出控除、住宅ローン控除等新規住宅取得関連の整理が出来た。この手の本は知っているつもりの復習知識確認のためにはいい。

  • とりあえずふるさと納税はやってみた!

  • こういうの大事。

  • さっくり読めます。
    払わなくてもいい税金は払わないでよいと思います。
    別の形で社会に貢献すればよいのですから。
    黙っているとルールよりも多く取られっぱなしになりますし、肝心な部分はだれも親切に教えてはくれないので、まずは全体的に税金を正しく計算するための知識が必要だと思います。
    ふるさと納税の限度額の計算は、平成27年から変わっていますので、そこだけ注意してください。

全40件中 1 - 10件を表示

大村大次郎の作品

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)の作品紹介

税の世界は知った者勝ち。元国税調査官が、最小の労力で最大の効果を上げる裏ワザを伝授。「ふるさと納税」「禁煙・薄毛・ED治療」「税務署員にグレーゾーンを認めさせる方法」等々の"悪知恵"を身に付けて、大増税時代を生き抜こう。これでもうお上の"詐欺"には、だまされない!

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)はこんな本です

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする