とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)

  • 102人登録
  • 3.42評価
    • (7)
    • (4)
    • (9)
    • (5)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 今柊二
  • 中央公論新社 (2014年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504821

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジャレド・ダイア...
サンキュータツオ
有効な右矢印 無効な右矢印

とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • カゼやインフルエンザがはやる季節を乗り切るにはビタミンを取る。ということで「コンカツ」ならぬ「トンカツ」でブタミンパワー全開、ブーブー言わせれば、病気が吹っ飛ぶ。
     
     今回の本は、これでもかと言わんばかりのトンカツ特集だ。トンカツだけに文庫本にしてはちょっと厚めだ。写真付きで読んでいるとトンカツが食べたくなる。

     珍しいカツと言えば、「紙かつ」だ。この「紙かつ」を出している店は、新宿西口にある「豚珍館」という珍しい名前の店だ。もちろん、分厚いロースカツもある。ライスと豚汁おかわり自由なのがうれしい。行くとついおかわりしてしまう。ただという言葉に弱いせこいモクモク羊でした。

     新宿から山手線で高田馬場を降りて高田馬場から早稲田まで歩くいわゆる「馬場歩き」をしていくと「キッチンオトボケ」が見える。トンカツ定食650円、チキンカツ定食500円という安さ。さすが学生街だけに安さとボリュームは欠かせないということか。特色がないと大学の学食に客が奪われるからなあ。ついでに言うと反対の通りを少し歩いたところにある「ごんべい」といううどん屋で使っているカツはオトボケで作っている。ここのうどんはコシがあっておいしい。その上、ボリュームもあって財布とお腹にやさしい。

     東京都内の有名店、チェーン店、全国のとんかつ店やとんかつを巡る歴史が書かれていてトンカツ好きにはたまらない1冊だ。読んでだけで腹いっぱいになってくる。トンカツ一つとってみても歴史がある。トンカツを思いついて広めていった人たちに感謝したい気分になった。

     

  • 表紙を見ただけでとんかつと山盛りのキャベツに食欲がわく。今すぐにでもとんかつと山盛りキャベツを食べたい!そんな衝動に駆られる。ページをめくるととんかつの写真、説明や店紹介があり、余計にお腹がすく。明日の昼ごはんはとんかつに決定!

  • 今さん、定食、立ち食いソバ、ファミレスときて次はとんかつと来た。

    札幌、自由人舎 時館まで網羅しているとはさすがです。

    チキンカツ、カツサンドなど変化球も交えつつの、怒涛の
    とんかつ徹底ガイド。一気に読むと、終盤部分は
    本当に食傷気味になること、間違いなしです。

    個人的には、とんかつにはビールなので、ご飯少な目の
    ビール(大瓶)がベストです。
    本書では、ビールと一緒にやっている場面がない。
    さすがに、高カロリーを気にされているのかな。

    あと、個人的に欠かせないのが辛子。
    良い辛子、悪い辛子もあるので、少しでもこの部分に触れてほしかった。

    でも、今さん。
    カツ丼大盛りがまだできるのですね。まいりました。

    新書で1000円に違和感ある人もいるかもしれませんが、
    とんかつ本らしいボリュームと、多数のカラーでこれはいい内容です。

  • 食べ歩きの本のとんかつ限定版(といいつつ他の揚げ物もちょっと)
    普通の会社員が平素のランチタイムで食べられるお手頃なとんかつにフォーカス
    昨今は食べログなどの口コミメディアで一般の人の食レポレベルがアップしていて、この内容であればネットの方が余程詳しいのだが、いろいろなお店を一人の視点で評価するという点では価値があるかも

  • 今氏の本はすべて良い。このひと、思ったより若いけど(1967年生まれ)、本業はなんだろう。

  • 図書館の食欲の秋特集から見つけ借りる。関西に住んでいるので、P259からの西日本カツレポートを中心に読む。p192の梅田「マルマン」ミンチカツに興味シンシン。子供の頃は揚げたてのミンチカツ・コロッケはご馳走で、算盤塾の帰り道での、揚げたてコロッケが皆勤・上達のキモでした。目の前で揚げる個人の店が少なくなって残念。

  • 著者の食欲は立派。

  • 筆者の店選び、メニュー選びは、相変わらず「テキトー」である。でも憎めない。

  • ○定食評論家の今柊二氏の著作。
    ○トンカツが食べたい。

  • とんかつだけにボリュームのある一冊。時々登場するカラー写真が食欲をそそる。

  • とことんとんかつを食べまくるわけだが、これがなかなか。海の幸を求めて富山に旅行している最中に手にしただけに、とんかつ愛がコントロールできなくなってしまった。帰りは、越後湯沢でかつにしよう。

  • とんかつ最高!

    目黒のとんきに行きたいなぁ~

全13件中 1 - 13件を表示

とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)の作品紹介

今日は上野、明日はファミレス。定食評論家がとことん食べ歩く。かつサンド、ハムカツ等のバリエーション。とんかつ早慶戦。長崎トルコライス等のご当地カツ。果てはハワイでとんかつラーメン。お新香、みそ汁、キャベツなど脇役陣もチェック。腹ぺこ諸君に贈る古今東西カツ事情。100店舗超掲載。カラー写真多数。

とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)はこんな本です

とことん! - とんかつ道 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする