駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

  • 236人登録
  • 4.13評価
    • (23)
    • (35)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 24レビュー
著者 : 中原淳
  • 中央公論新社 (2014年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504937

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前評判通りであったが、よかった。
    マインドマップにまとめ直したので、折に触れながら見直す。
    新任マネジャーの苦悩というのは万国共通なのだな、と安心。自分だけではない。

  • プレイヤーから(プレイング)マネージャーに移行するための心構えとアドバイスをまとめる。
    文章が非常に分かりやすく書こうとしてあり、スピード感を持って読める。構成も◯
    マネージャーとは何か?
    他者を通じて物事を成し遂げる存在(他者は上司や他事業部の人間を含む)
    プレイングに時間を割き過ぎているマネージャーは業績が低い統計あり
    部下の育成とは?
    1目的咀嚼
    2リスクを取って仕事を任せる
    3適切なタイミングと方法でFBする
    (だめというのではなく、選択肢を与えて自分で判断させる)
    (FBは答えを提示するのではなく、部下に本質に気づき今後の選択肢を拡大するための手助けをすること)
    (改善は具体的な行動にフォーカスすること)
    部下は自分で理解し口にしたことしかできるようにならない

    目的咀嚼とは?
    会社の方向性を部下に自分のメッセージで伝えること
    (顔は会社の方向性、立ち位置はメンバー)
    方向性を出しながらも部下が決められる余地を残すこと
    繰り返すこと→ビジネスにおいて伝えることとは、伝えたことが理解され、相手の腹に落ち、実行される。これではじめて伝えられたことになる
    職場の人間関係を把握することが重要(誰を動かせば誰が動くのか)
    部下の4タイプ分けによりリソースを配分する
    (縦:ポテンシャル 横:成長意欲)
    みんなが仲良く難しくない仕事を粛々とこなす快適空間では人の能力は伸びない

  • 実践的。再読したい

  • プレーヤーからマネジャーに変わる上での課題をどう乗り越えていくか。「経営学習」「組織学習」の研究成果をアウトリーチするために分かりやすく書かれた新書です。

  • 中原先生の本。新任マネージャー向け指南書だが管理職研修の教材としても使えそうな本。Iさんからの推薦図書です。(和田)

  • ミドルマネジャーがすべきこと、マネジャーになった時のとまどい、マネジャーの役割などを、インタビューやアンケート調査から実証的に解き明かしていきます。
    マネジャーの役割を7つに分け、詳細に分析しています。
    単なる理論書ではなく、現場で何が起こっているのか、実際に組織内での機能や役割を明らかにしていきます。
    新米マネジャーにはマネジメントの良い入門書です。
    ベテランマネジャーにも、自分自身のマネジメントを振り返ることができる、良書です。

  • 著者の言葉より「プレーヤーからマネジャーへ移行する際、何らかの形でつまずいてしまうことは珍しくない。自身も「マネジャーへの移行期にいる」という教育学者の著者が、蓄積してきた研究データをもとに、ビジネスパーソンがプレーヤーからマネジャーになっていくプロセスと、そのプロセスをいかに乗り越えるかを解き明かしている。新任マネジャーが乗り越えなければならない課題を、「部下育成」「目標咀嚼」など7つの項目にまとめ、それに対して具体的にどう取り組めばよいかを紹介。“駆け出しマネジャー”とその支援者は必読。」

  • 現役マネジャーと同世代で研究者である著者がマネージャー論を科学した本。
    文中にもある通り、
    「マネージャーたるもの・・・すべし」に始まる規範論や学説ではなく
    若手マネージャーのインタビューや客観的なデータを「共感できる」内容になっています。
    その中で印象的だったのは3つ
    1)マネジャーの役割は「翻訳機」
      (情報を加工し、翻訳を行う。)
    2)ビジネスにおける「伝えること」とは(p149)
      ・マネジャーが口にしたことがメンバーに理解され
      ・腹に落ち、
      ・さらには実行されること
    3)上司による仕事の支援のほか、相手の(外国人の)もつ文化に対してリスペクト・興味をもつ

    ことでした。
    これ以外にも想定される人材評価への壁、その対処法を示してくれます。
    管理職だけではなく、様々なマネジメントをする人(親も含めて)に
    活用できそうな本です。必見です。

  • 新人マネージャーに対しての、マネージング入門書。
    とても丁寧にマネージャーとはなんぞやというところから説明してくれており、また実際のマネージャーたちの言葉も随所に述べられており、実用性の高い入門書となっている。

  • 科研費申請のネタとしてスタッフ・ディベロプメントの新しい手法を考える際にのネタ本として本書をとった。組織における経営人材の中核としてのマネージャーの育成について、非常に多くの示唆を受けることができた本である。中原先生を深く尊敬します。

全24件中 1 - 10件を表示

中原淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)の作品紹介

突然化・二重化・多様化・煩雑化・若年化という5つの職場環境の激変で、いま3割の新任マネジャーはプレイヤーからの移行に「つまずく」。成果を出すために、何を克服すべきか?人材育成研究の知見と、聞き取り調査をもとに、内省と行動を繰り返すことなど、アドバイスを贈る。

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)はこんな本です

駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする