総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)

  • 19人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 橋本五郎
  • 中央公論新社 (2014年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504968

総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 読売新聞特別編集委員、テレビにもよく出ている橋本五郎氏が第一次安倍内閣以降の短命政権について解説。

  • 忘れっぽい日本人のために、近年の総理列伝。
    僕のような被災地出身者にとって、129ページ以降に記された、東日本大震災に際しての菅内閣の対応ぶりは永遠に記憶し、語り継がなくてはいけない。
    「総理は誰がやっても同じ」ではない。ナルシルトで実行力のない総理大臣と政権党を担ぐと、こんなに酷い目にあう。菅内閣でなければ、助かる命もあった。初動の遅れは後世からも厳しく糾弾されるべき。

全2件中 1 - 2件を表示

総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)の作品紹介

第一次安倍内閣以降、民主党の野田に至るまで一年程度の短期政権が続いた理由は?そして民主党はなぜわずか三年で政権を手放さざるをえなかったのか…沖縄米軍基地移転、東日本大震災、消費税アップ等の外交・内政の重大問題への対応を中心に日本政治とリーダーの問題点を描き出す。

総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)はこんな本です

総理の覚悟 政治記者が見た短命政権の舞台裏 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする