読売新聞朝刊一面コラム - 「編集手帳」 - 第二十六集 (中公新書ラクレ)

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 竹内政明
  • 中央公論新社 (2014年8月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505040

読売新聞朝刊一面コラム - 「編集手帳」 - 第二十六集 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【分類】304/Ta67
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  • 帯文:”ときに金メダルよりも美しいものに出会うから、五輪観戦はやめられない” ”2014年上半期 編集手帳”

    目次:コラムに言葉あり、コラムニストの触覚について―「まえがき」の代わりに、1月;過去行きの切符,初泣きの日,…他、2月;魔鏡,えにしの糸,…他、3月;まどさん,ロシアの尻,…他、4月;遠い記憶,怪しい酒,…他、5月;魔法を信じて,座高,…他、6月;ある父と子,座布団を一枚,…他

全2件中 1 - 2件を表示

竹内政明の作品

読売新聞朝刊一面コラム - 「編集手帳」 - 第二十六集 (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

読売新聞朝刊一面コラム - 「編集手帳」 - 第二十六集 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

読売新聞朝刊一面コラム - 「編集手帳」 - 第二十六集 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

読売新聞朝刊一面コラム - 「編集手帳」 - 第二十六集 (中公新書ラクレ)の作品紹介

ときに金メダルよりも美しいものに出会うから、五輪観戦はやめられない-ソチ五輪に感動する一方で「現代のベートーベン」の正体、風前の灯火となってしまったSTAP細胞と空しい虚構が立てつづくなか、北朝鮮が拉致被害者の再調査を約束。朗報は届くのか。激動の半年を辿る。

ツイートする