日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)

  • 218人登録
  • 3.65評価
    • (13)
    • (17)
    • (20)
    • (3)
    • (2)
  • 19レビュー
  • 中央公論新社 (2015年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505187

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 死にかけてたテキストサイトのカルチャーを継承して別の形で開花させた。しょうもない大人だらけの日本のインターネットが自分にとってまだ面白いのはこの人のおかげ。

  • 世の中には、大企業から個人企業まで様々。働くサラリーマンは何を基準に選ぶのか?著者の経営している会社は、一般に言う「真面目」とはかけ離れてコンセプトをウリに。

    それでも、仕事の依頼が全くない訳ではなく、そのコンセプトを如何に貫いているか。そこには、右へ倣えと言う習慣とは無縁なのではないか。

    当たり前と思う事を、少し考え直すには良い一冊ではと印象を感じる一冊。

  • バーグハンバーグバーグという会社や、著者について興味がある人向けの一冊。知らない人には、そんな会社や仕事があるのか、楽しそうだなと思わせてくれる。

  • オモコロは初期から見てるけど、このひとのシャイさとふざけ具合のバランスがすごく好き。ふざけ方の方法論を割と真面目にまとめてあっておもしろかった。

  • おもろい
    本当にこんな会社でも成立するんやっておもう
    でも絶対ブレないからそこがすごい所

  • すばらしい会社です。もっとこういう会社が増えれば、社畜は減るんじゃないでしょうか。

  • この本から何かを学び取ろうという姿勢は捨ててください
    真面目に働いてるのがバカバカしくなってきます
    こんなふざけた会社が成り立ってる世界は何て素敵なんだろう
    新書で初めて笑いました
    シモダさんありがとう

  • オモコロのシモダテツヤ氏の書籍

  •  読み進むたびに、一人ゲラゲラ笑いながら読んでいた。
     無難な選択をする愚者を尻目に、自分の流儀を通すことで
    新たな市場を開拓し、その市場において他の追随を許さない
    位置を獲得した著者に献杯。結局、物事の本質が何であるか
    を知り、時代に合わせたモノ・サービスを提供することに尽きる
    と改めて認知した。

  • 単純に、こういうひと、こういう会社があるよっていう読み方しかできないな。文章の調子が、ちょっとウケを狙い過ぎていてあざとく感じた。こういうの、いまの若い大学生のひとたちが好きそう。

全19件中 1 - 10件を表示

シモダテツヤの作品

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)の作品紹介

営業しない、ふざけられない案件は受けない。だけど依頼が絶えないプロモーション会社、バーグハンバーグバーグ。その社長、シモダ氏が企画術・仕事術のすべてをここに公開。コンプライアンスに社内ルール。がんじがらめの世の中なら、「ギリギリセーフ」を狙え!

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)はこんな本です

日本一「ふざけた」会社の - ギリギリセーフな仕事術 (中公新書ラクレ 518)のKindle版

ツイートする