教師はサービス業です - 学校が変わる「苦情対応術」 (中公新書ラクレ)

  • 129人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (9)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 関根眞一
  • 中央公論新社 (2015年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505316

教師はサービス業です - 学校が変わる「苦情対応術」 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 企業のお客様対応のプロである著者が、企業で行われている対応方法を教育現場にも生かせるはず、という内容で実践マニュアルを紹介している。
    いくつかは以前から学校現場でも既に言われてきたことではあるが、学校以外の社会経験の少ない教員にとっては有為な内容だと思う。

    例えば保護者対応には、
    ・相手の体面を立てるように話す
    ・真摯に相手の話を聴く(傾聴)
    ・相手が感情的な時は、間を空ける
    ・必ず学年団や学校内の組織と情報の共有化を図る
    などの方法をとることで、保護者からの「クレーム」は有為な情報共有の機会となるのである。

    教員の対応次第で「モンスターペアレント」なるものはいなくなるのである、筆者は述べている。

    教員や児童・生徒の保護者には必読の一書。

  • モンスターペアレントなど悪質な苦情を言ってくる親たちがいたり、最近の教師はとても大変そうである。
    しかし、この本モンスターペアレントにもきちんと言い分があることをまず理解してから、対応することを、丁寧に説いている。
    元百貨店の苦情対応窓口を長年経験した著者からの言葉には、なるほどと思わせるものだらけ。
    教師だけではなく、いろいろな面で役に立ちそうな、「苦情対応」。しかし簡単に身につけられるものでは無いね。

  • 大して考えずに手にとったけど、思ったよりよかった
    クレーム対応をするような状況を作らないのが一番だけど、まるで事故や天災のように、こちらの行動とは関係なくそういう状況になっていることがある
    参考になりそうな考え方も随所に見られた

  • 良薬口に苦し。タイトルへの反感で読まないのはもったいない。デパートの苦情処理担当の視点は保護者対応でも参考になること多く、何より内部にはない視点多々。他山の石として役立てたい。

  • 良い。
    クレーム対応の項目は、社会人として参考になった。
    とにかく、相手の話を聞くこと。

  • 374.6

  • クレーム対応のベテランの筆者が、学校、教師に対するクレームに対してどう対応するのがいいのか記した本。教師はサービス業と考えれば、そしてその道のプロだという自覚で対応すれば自ずと今までの対応と変わらざるを得ないだろう。

  • タイトルを見ると教師論が書かれていると思いますが、内容は保護者対応について、です。

  • 百貨店お客様対応部門出身者による教員のためのクレーム対応本。
    教員に不足している能力を、外部の人間が鮮やかに描き出している。

    マニュアル本としては物足りないが、ロールプレイを含む研修の
    回数を増やそうという提言に対しては、
    積極的に取り組むべきものであると思う。
    学校現場に新たな研修を受け入れる余裕がどこまであるかは
    疑問符が付くけれども。

  •  百貨店の「お客様相談室」などで様々な苦情・クレームに対応してきた著者による、教育現場における保護者からの苦情対応術について。保護者が苦情をわざわざ訴えてくる背景、他業界も含めた苦情の対応事例などが紹介されている。
     納得できる部分が多かった。いつか先輩の先生が「初期対応を間違わなければモンスターペアレンツなんて出来ない」と言ってたが、まさに同じことが「クレーマーとは、そもそもの実態があるわけではなく、苦情を受ける側の対応力の不足から後天的に作り出される存在なのではないでしょうか」(p.39)と、第一章に書いてあった。第二章では保護者の心理について書いてあるが、もし保護者が間違っていた時でも、「学校の説明が悪かったとか、言葉足らずでしたなどと軽い謝罪をし、相手の体面を保ってあげることが肝心」(p.44)とあるが、これは本当、難しそうだ。こういうのは著者も紹介しているような「ロールプレイ」の手法で訓練することができるのだろうか。ところで、第二章だけ、途中から突然、保護者目線で、苦情を言う時のマナーやコツといった保護者へのアドバイスが紹介されだすので、ちょっと戸惑った。第三章以降、ちょっとしたノウハウが紹介されているが、目線を落として間を置くとか、「なるほど」という相槌はふさわしくない、とか、参考になった。
     本当に理不尽というか無理難題のイチャモンを本格的につけてくる保護者というのにまだ出会ったことがないので、いくらポイントを押さえておけば大丈夫とは言っても、この本を読むとちょっと恐ろしい、と思ってしまった。(15/09/10)

全15件中 1 - 10件を表示

関根眞一の作品

教師はサービス業です - 学校が変わる「苦情対応術」 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

教師はサービス業です - 学校が変わる「苦情対応術」 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

教師はサービス業です - 学校が変わる「苦情対応術」 (中公新書ラクレ)の作品紹介

無茶な苦情・クレームをぶつけるモンスターペアレントの登場に、教育現場は大混乱…それって本当?「保護者と向き合わない学校側にこそ原因が」と喝破する"クレーム対応アドバイザー"が、教師の心構えや苦情対応術を徹底指導。苦情に向き合えば、学校は変わる!

教師はサービス業です - 学校が変わる「苦情対応術」 (中公新書ラクレ)はこんな本です

教師はサービス業です - 学校が変わる「苦情対応術」 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする