本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)

  • 311人登録
  • 3.29評価
    • (8)
    • (27)
    • (41)
    • (9)
    • (4)
  • 42レビュー
著者 : 齋藤孝
  • 中央公論新社 (2015年8月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505354

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 速読のテクニックが書かれているかと思いきや、、読書の心構え的な本。
    いろんな本をどんどん読む、全部読まないととか難しいことは考えない。
    こんな本が面白いよと言ったエッセイ。

    ご多分にもれず図書館ではなく自分で本を買えと。投資だ、自分にカスタマイズしないと、、


    並行して読めとか、全部読まないでもいいのは全く同感だが、、


    私は言いたい!!
    たくさん読破するには、買う必要なし。
    置いておきたい本なんてほんの10冊程度じゃないですか??
    それに図書館なら貸し出し期限というペースメーカーが読書のスピードを維持してくれる。
    へんな本に当たって、目次しか読まなくっても悔しくない。(それでも悔しい、手に取ったことを悔やむほどの本もたまにはあるけど)

  • <目次>
    はじめに
    第1章  「読破」するにはコツがある
    第2章  長編小説を挫折しないで読む方法
    第3章  「ビジネス常識」としての経済小説、歴史小説入
         門
    第4章  難解な翻訳書・学術書を読みこなす方法
    第5章  本を選ぶヒント~王道から邪道まで

    <内容>
    オーソドックスな読書法の本。斎藤孝には『読書の全技術』なる本もあり、そのエッセンスにもなっている。造りは、途中に質問コーナーがあったり、工夫している。
    また中にかなりの量の推薦書が並んでいるので、そこに注目するのもありかな?

  • 長編小説を早く読む方法は、スティーヴンキングの本で一度試してみたいが、物語の内容をしっかり追えるのかどうなのか。

  • 読みやすさは抜群です。内容の目新しさはあまり無いが、それでも齋藤先生の著書は為になるし、気づくキッカケを与えてくれます。

  • あっと言う間。広く速く。1000さつかー

  • 様々な分野の本についてテーマごとに紹介してありわかりやすかった。
    また、大事なところは太字となっているため読みやすかった。
    知らない分野も多いので色々な分野の本を読もうと思う。

  • いろいろなジャンルの本を幅広く紹介。科学、歴史小説は普段読まないので参考になった。それにしてもカラマーゾフ大好きすぎでしょうというくらい何回も出てくる。
    20分ずつ刻んで複数の本を平行読みというのは、さっそく実践しました。確かに集中力を持続できて、読むペースが上がりました。

  • 各レーベルの特徴が紹介されているのはうれしい

  • メディアにもよく登場する斎藤孝が、自身の経験を踏まえて色んなお勧めの本を紹介する一冊。

    「本は全部読まなくても良い」というのは読書家なら誰でも言うことだが、「家に蔵書千冊」は新書や文庫本だけならいざ知らず、ハードカバーのとなるとウサギ小屋の日本には適さないと感じた。

  • 日本人は生真面目なため、最初の1ページ目から全て読まなくてはいけない、という固定観念が強いようです。しかしその結果、途中で挫折してしまう。それまでにかけた時間と労力を考えれば、これが1番もったいないと思います。たとえ「不真面目」に見えるような、虫食いのような読み方でも、とりあえず最後まで行き着く方が良い。… 5冊でも10冊でも、あるいは20冊から30冊でも、同時並行的に読みすればいいのです。それも、途中まで読んで放り出してしまっても構わない。読み終わらない本が8割出したとしても、気にすることはありません。24から25ページ

全42件中 1 - 10件を表示

齋藤孝の作品

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)の作品紹介

途中で挫折しない方法を教えます!登場人物がややこしい長編小説の読み方、難解な翻訳書・学術書を読みこなすコツ、本を同時に読み進める「並行読書」、レーベル別攻略法、1000冊読める大量消化法…目から鱗のメソッドが盛り沢山。オススメ本も多数掲載、読書案内にも最適。

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)はこんな本です

本をサクサク読む技術 - 長編小説から翻訳モノまで (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする