キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)

  • 43人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 岸宣仁
  • 中央公論新社 (2015年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505361

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 山県有朋以来の国家公務員試験とキャリア制度のあり方に激変が起きた。東大法学部卒の事務官が優遇される従来の人事慣行はどうなるのか?また、内閣人事局をはじめとする「政治主導」はどこまで浸透するのか?三十有余年にわたって取材してきた霞が関ウオッチャーが斬り込む。(2015年刊)
    ・はじめに
    ・第一部「政治主導」の波の中で
      1章 激変する次官レース
      2章 公務員制度改革のポイント
    ・第二部 官民格差
      3章 国家公務員試験のカラクリ
      4章 公務員試験では測れない能力
    ・第三部 官官格差と文理格差
      5章 キャリアとノンキャリア
      6章 女性活用はどこまで進むのか
      7章 官民交流は浸透するか
      8章 文理格差
    ・第四部 右肩下がり時代の採用・育成
      9章 霞が関は新しい人材を育成できるのか
      10章 カギは人事院研修
    ・おわりに

    刊行時に、タイトルを見て購入を見送ったが、著者の他の本を読んで買うこととした。
    タイトルには、「からくり」とあるが、仕組みという意味では間違ってはいないものの、ニュアンスとして、どことなくいかがわしさを感じさせる。そのため、購入を見送ったのだが、読んでみると、霞が関ウオッチャーが論じた官僚の人事制度の話であり、第8章位までは、なかなかに面白い。
     第9章では、キャリア官僚をめぐる現在(刊行時は2015年)の問題点を論じている。「大学のトップクラスではなくセカンドクラスが就く職業となっている」とか「退官ラッシュ」など職業としての魅力が減少している等、キャリア官僚の社会的な地位が低下していることを示している。それに対し、著者は、官僚の研修は、司法修習にならえと提言しているが、職業としての魅力が低下している官僚となるために、果たして、受験者側が司法修習並の手間をかけることが可能であろうか。著者は、研修で不適格者をふるいにかけるとしているが、任用されないリスクに見合った、処遇(霞が関の過剰労働と安月給に耐えうるであろうか。)が用意されなければ、そっぽを向かれるだけではないだろうか。著者のいう研修の重要さは、否定しないものの、読了後、問題点がはぐらされた気がした。

  • 東大法学部卒は作文はできても数学の能力は劣る。金融マーケットを相手にしたときは、全く手も足も出ない局面に遭遇してしまう。
    東大法学部を頂点とする日本の法学部の凋落ぶりと、今後の課題について考えさせられた。

  • 私と同い年で、読売の記者として出発し、大蔵省、通産省、農水省、経企庁などの霞が関を担当してきた視点で、官僚の生態を抉り出した著作だ。
    政治主導の波の中で、激変する次官レース、公務員制度改革のポイント、国家公務員試験のカラクリ、官官格差と文理格差、右肩下がり時代の採用・育成などどの項目をとっても納得できる内容であった。
    最終章「カギは人事院研修」ということで、ご自身の研修講師体験んも交え、霞が関官僚制度改革の投げかけで終了している。
    さらっと、読め、いい時間をおくることができました。

  • 山県有朋以来の国家公務員試験とキャリア制度のあり方に激変が起きた! 東大法学部卒の事務官が優遇される従来の人事慣行はどうなるのか?また、内閣人事局をはじめとする「政治主導」はどこまで浸透するのか? 三十有余年にわたって取材してきた霞が関ウォッチャーが斬り込む

全6件中 1 - 6件を表示

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)の作品紹介

山県有朋以来の国家公務員試験とキャリア制度のあり方に激変が起きた!東大法学部卒の事務官が優遇される従来の人事慣行はどうなるのか?また、内閣人事局をはじめとする「政治主導」はどこまで浸透するのか?三十有余年にわたって取材してきた霞が関ウォッチャーが斬り込む。

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)はこんな本です

キャリア官僚 採用・人事のからくり - 激変する「出世レース」 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする