税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)

  • 153人登録
  • 2.95評価
    • (1)
    • (8)
    • (18)
    • (8)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 大村大次郎
  • 中央公論新社 (2015年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505446

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 奈都
佐々木 圭一
川村 元気
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • すでに実践済み、認識済みの話題が多かったのであまり有効にはならず、残念。
    相続税は今後の話として参考になった。

  • 知っていることがほとんどだったけど、簡潔にまとまっていて、基本のおさらいとしてはよかった。
    ただ、今の低金利の時代に財形が裏ワザですとか言われても、正直はぁという感じは否めない…ましてや消費者金融なんて。もう少し踏み込んだ内容がほしかった。

  • この本を通じて今できる事から改善します。

  • これらを活用する事で、一生の間には、1千万以上の違いが出るはずだ。

    ①個人年金(利回り8%と同じ事)

    ②財形貯蓄(20%の利子課税がゼロになる)

    ③学資保険(子供の医療、親の収入保障を網羅)

    ④持家が断然有利(賃貸は大家の利益の分支払いが多くなるから)

    ⑤住宅ローン控除(夫婦で共同名義にして40万円/年の控除枠を最大限使う。)
     これについては、夫婦双方が、20万円以上の所得税を支払っているなら、
     とても大きな節税となる。

    ⑥330平方メートル以下の相続なら、相続税は80%減

    ⑦サラリーマンが不動産業を兼業し、所得税還付を受ける。
     損益通算の活用だ。
     これについては、只野範男氏が「無税」入門―私の「無税人生」を完全公開しよう
     で最初に本にしたと記憶している。
     副業で、本当は儲かっていても、税務上は赤字になるのを利用し、
     本業の所得を減らして所得税還付を受けるのだ。

     しかし、税金面でのメリットは確かに上記のようにあるが、
     不動産経営が成功するかどうかは、別の問題である。
     物件が古くなれば、修繕費も多額になるし、入居率も大幅に下がる。
     築10年を超えれば、ガラガラのアパートなんてざらにあるのだ。
     むしろ、これだけの税制優遇を必要とするほど、儲からない商売といえる。

    ⑧税金を払うばかりでなく、補助金を貰う。

    ⑨非営利の労金を活用する

  • それほど目新しい情報がなかったけれども、「やっぱりそうか!」とか「なるほど!」と思う情報が得られました。

    まあ、結局は、ちまちまお金を節約していくしかないんですよね。どういう節約(節税)の心が大事でなんですよね。わかるのですが、例えば医療費還付にしても、労力に比して、得られる還付金が少ない……と思って、なかなかできません。面倒くさがりは、お金を貯められないということが、よーくわかりました!

  • 蓄財のコツは,税金控除の活用,賃貸より有利な持ち家,給料天引き・財形貯蓄に尽きる。再確認!

  • 税務署員がサラリーマン向けに節税策を指南する本。現役の税務署員の多くが行っている節税テクニックが開示されている。私には関係ない話題も多かったけど、個人年金が所得税控除の対象となっていることは知らなかった。個人年金、どの保険屋の商品がいいのか調べたいんだけど、なかなか手が回らないといったところ。

  • 他の著作と内容が被っている。たださっと読めるものなので最新情報取得や復習にはいい。
    補助金や公的機関からのローンの情報は他の著作にはなかったように思う。

  • 元税務署員の著書ということで節税や資産運用について分かりやすく書いてあり読みやすかった。
    現在の日本のデフレやふるさと納税から相続税、年金、資産運用での財形貯蓄、不動産ローンや減価償却、事業所得での副業等サラリーマン向けの内容で面白く勉強になった。
    お金は生きていく上で必要だけれどあまりお金に縛られすぎるのもどうかと思うので自分のできる範囲で節税等をしていけばいいと思う。

  • ずるをしないで税制を理解して、一番無駄なく払いすぎた税金を取り戻す方法がわかります。
    節税、までいかなくても、税金を安くしてあげる制度を利用するかしないかで、利回りは大分違ってきます。
    ほとんどの内容は実行済みですが、新しい内容を早くつかむために最新の著書は必ず押さえています。
    ふるさと納税までは利用しているので、次は補助金について調べてみようと思います。

  • 税務署員はなぜ利率がさほどよくない民間の個人年金に加入するのか、なぜマイホームを購入するのか、定期積立預金や学資保険にも一般的な見方から少し角度を変えてみると税的なメリットがある。
    他者の本では推奨されていないが見方を変えればお得ということもあるので自分でしっかり考えなければと思った。

  • 正直そこまでお金に細かくない方なのだが、これを読んだ後、何かした方がいいような気になってきた。

    リーマンが税金を意識するのって、給与明細見るときと、年末調整のときくらいしか機会がない。
    しかも給料から天引きされるから、自分がいくら税金を払っているか、正確に知っている人は少ない。

    だから、いざ増税!ってなっても、リーマンからの反発はそれほどないと言われている。
    それって、今後も増税対象にされやすいってことよね。
    所得税とか住民税とか。。

    なんか損してる気分にさせられた。

    紹介されている蓄財術の中では、実際に試してみようかなと思えるものもあった。
    個人年金とか。
    きっとまた読み直すことになりそうだ。

    こういうのって、知らないよりは知っていた方がいいと思うので、著者の他の本も読んでみよう。

  • 元税務署員の大村大次郎のお金の本。
    新しいネタ無し。

  • ○なぜ若くして持ち家が? ○年金を自分で増やす方法 ○自治体の制度を使い倒せ ○上手な「借金術」……税務署員は決して高くはない給料で、裕福な生活をしている。なぜなら彼らは、調査相手の金持ちや事業家の蓄財術を知り尽くしているからだ。ほんのちょっとの知識と手間で、家計はかなり違ってくる。元国税調査官が秘密を明かす人気シリーズ。

全15件中 1 - 15件を表示

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)の作品紹介

税務署員は決して高くはない給料で、裕福な生活をしている。なぜなら彼らは調査相手の金持ちや事業家の蓄財術を知り尽くしているからだ。不動産、保険、年金、投資、補助金…ほんのちょっとの知識と手間で、家計はかなり違ってくる。元国税調査官が秘密を明かす人気シリーズ。

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)はこんな本です

税務署員がこっそり教えるお金の裏ワザ - サラリーマン最強の蓄財術 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする