だからデザイナーは炎上する (中公新書ラクレ)

  • 40人登録
  • 2.90評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : 藤本貴之
  • 中央公論新社 (2016年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505484

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
落合陽一
トマ・ピケティ
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

だからデザイナーは炎上する (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 佐野研二郎氏デザインによる東京オリンピック・パラリンピックの
    エンブレムがベルギー王立リエージュ劇場との類似性を指摘され
    たことから、佐野氏の他のデザインの盗作疑惑までに問題が波及
    したのは2015年だった。

    類似性は脇に置いても、この時の審査委員の顔ぶれや応募条件、
    採用時のデザインの修正等が「出来レースだったのでは?」との
    疑惑さえも生んだ。

    何故、五輪エンブレム問題は炎上・延焼したのかの検証から、
    デザインとデザイナーはどうあるべきかを論じたのが本書だ。

    編集者として仕事をする上で私もデザイナーさんたちとは切っても
    切れない縁がある。一緒に仕事をしたデザイナーさんには恵まれ
    た方だと思うが、稀に「この人、何を言っているんだろう」と思う人
    もいたのは確かだ。

    依頼主からの修正依頼に対して「いや、それは見る人が見れば分か
    るデザインだから」と頑なに修正に応じない人とかね。「見る人が見れ
    ば」って、見るのはデザインを勉強した人ではなくて一般消費者なの
    ですけれど。その人たちが見て、何を意図したデザインなのか分から
    なければどうしようもないんですけど。

    デザインはアートとは違うという著者の論に、強く頷いてしまったわ。
    アートは芸術だから見る側すべてが理解出来なくてもいいんだよね。
    でも、デザインはそうじゃない。独りよがりのデザインになってしまった
    ら、それはもうアートなのである。

    だから、佐野研二郎氏デザインのエンブレムは失敗した。エンブレム
    そのものの問題点だけではなく、問題が発覚した後のカタカナ語を
    多用した審査委員会の説明も火に牧をくべた結果になっていた。

    内輪でやっているデザイン賞の選考過程を説明するならいいかも
    しれないが、オリンピックは幅広い年代が楽しみにしているのだ
    から誰でもが理解出来る説明じゃないと正当性を主張しても通じ
    ないよね。

    結局は佐野氏エンブレムは撤回され、新たなエンブレム募集が行われ
    た。前回と違って指定され指定されたデザイン賞の受賞歴等は条件に
    せず、広く一般からの応募を受け付けた…と思っていたのだが、これも
    著者に言わせると少々違ったようだ。

    横暴はインターネットのみ。「TOKYO2020」はオリジナルフォントって…。
    これだけでも非常に狭い門だったんだね。

    デザインとデザイナーはどこへ顔を向けているのだろうか。一般に広く
    受け入れられることか。それとも、同じ業界内の権威にだけ顔を向けて
    いるのだろうか。後者だと、誰からも愛されるデザインなんて生まれない
    と思うんだけどね。

    既に2020年東京オリンピックは新しいエンブレムが採用されている。
    はっきり言って私は好きじゃない。それは1964年東京オリンピックの
    際のエンブレム以上にシンプルで分かりやすいデザインはないのでは
    ないかと思うからだ。

    それが証拠に1964年のエンブレムは記憶にあるのに、その後の札幌
    冬季五輪、長野冬季五輪のエンブレムは記憶にない。長野冬季五輪
    なんて、大会期間中、仕事でずっと会場周辺にいて常に目にしていた
    はずなのに。

    しいて言えば、招致活動の際に使用された桜をモチーフにしたエンブレム
    は好きだったわ。

    尚、本書では類似性のあるデザインについての分類もあって参考になる。
    人間の発想なんて限界があるものね。参照したものからいかにオリジナル
    に発展させるか。そこが問題なのだと思う。そのままトレースしてさも自分
    が考えました!みたいに発表するのは論外だ。

  • 書きたい事とタイトルの狭間行き来して読み辛い

  • オリンピックのシンボルの件。オリジナルからヒントどこまで許されるのか、、難しい。

  • デザインとアートを今まで混同していた。機能美という響きは日本人なら誰しも憧れるのでは?
    パクりとはぱくられた方が不快になるかどうかというのが論点と個人的には考える。

  • 五輪エンブレム問題騒動を検証、デザイナーとこれからのデザインについて、
    【配架場所】 図・3F文庫新書 中公新書ラクレ No.548 

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=173770

  • 五輪エンブレム騒動は、業界に潜む「勘違い」や「内輪感」を浮き彫りにし、デザイナー周辺を炎上し尽くした。その焼け野原にやってきたのが「デザイナー・冬の時代」だ。何かとの類似性が”必ず”見つかる時代に、新しいデザインは生まれるのか? 本当にパクリはすべてNGなのか? 許されるパクリ、許されないパクリの違いとは? そしてインターネット時代に生き残るデザイナーの「条件」とは? デザインに関わる人、必読!

全7件中 1 - 7件を表示

だからデザイナーは炎上する (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

だからデザイナーは炎上する (中公新書ラクレ)はこんな本です

だからデザイナーは炎上する (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする