新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)

  • 192人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (21)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 17レビュー
  • 中央公論新社 (2016年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505491

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
石原 慎太郎
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 現代のアラブ情勢などを見据えて、今後の地政学を考えた対談集。

    歴史的な背景を踏まえた両者の対談なので、非常に面白かった。

  • 混沌とした国際情勢に通暁した山内、佐藤両氏の「中央公論」の2015.8~2016.1に連載された対談をまとめた書。地政学的なものの見方の重要性を再認識。また、イデオロギーに隠されていたナショナリズムの台頭、ドイツをはじめとする欧州諸国やロシア、イラン等の狡猾さ、先の展望が見えない日韓関係など、国際情勢を考える際に参考となる点が多々あった。

  • ゴルバチョフもコールも自らの哲学と歴史観に基づく世界観を総動員してやりあった。その結果として互いに醸成した信頼と尊敬心が歴史を変える原動力になっていった。

    インテリジェンス活動には人文学的な教養が不可欠。胆力も必要な上方収集の重要性も理解していた。

  • 山内昌之氏と佐藤優氏の現代政治情勢対談シリーズの1冊。

    地政学といえば地政学だが、紛争・問題点などを1章ごとに対談している形で、時期の旬を過ぎるとあまり意味がないのではと思った。

    1章 ISと中東情勢 ロシアやアメリカやトルコなどの主要各国、中東各国の思惑が説明されている。

    2章 ナショナリズムの深層(スコットランド、ウクライナ、沖縄)この後にイギリスのEU離脱も決まったが、世の中はグローバル化ともにナショナリズムが復権していることも視野に入れたほうがよいと思う。

    3章 難民危機 シリア難民の受け入れ対応などによって、各国の思惑が見え隠れする。

    4章 シリアのヨーロッパの対応、ロシアのリアリズム ロシアのリアリズム路線が存在感を増していることを書いている。

    5章 中東の重視は石油の重視ということでもある。各国のエネルギー戦略が根底にあることの検証。

    6章 対中、対韓、対露、「安倍談話」を巡る国としての歴史観についてなど

    7章 世界史のリーダーシップ リーダーが必要な時代に必要な資質や能力とは。

    ざっと読むのが良い本で、一つずつ検証するという本ではないような気がした。対談だといつものように読みやすい本だったとは思う。

  • 安倍70年談話を再考したい

  • 「シリア騒乱」を理解するには、中東諸国に加えてトルコ、ロシアまでをエリアとして俯瞰する必要があるのですね。いくつか本を読んできましたが、これで整理できました。アサド後のシリア・イラク分割やサウジへの核拡散など国際政治のクールな怖さを知りました。ISによる新疆ウイグルへの浸透など、国家ではないムスリムの活動活発化による国際情勢の流動化は真近な危機ですね。偏った情報で操作されている私たちが知るべき知見が詰まっています。ただ、地政学本ではありません。

  • 素人としては何のことやら?という部分もあるが、地政学の話はなぜか引き込まれる。佐藤優さんならなおさら。最近頻発するテロの背景も少しは理解できた。

  • 地理、歴史の大切さがよく分かった。それとリーダーに大局観こわないといかに不幸かも。

  • 新しい情報はあまりなく

    中東は宗教とアメリカ
    欧州は難民含めた民族移動
    中国とは戦略的対話による調整
    韓国は・・・

    そんな内容

  • 佐藤さんの現代を見る力は毎回すごいな
    日本、イスラム国、ロシア、アメリカ、サウジ、、
    難民問題なと世界が抱えている問題を明快に分析してくれている。

  • もはや定番となりつつある国際情勢対談本。地政学はあまり関係ないような。佐藤氏お得意のいつもの安倍批判は控えめな印象。対談相手に気を使ったのか。
    対談本の量産もどうかと思うが、自分のように手にとってしまう人がいるから、やっつけ仕事で次々と出版されるのだろうな。

  • 山内昌之先生は、知らなかったけど北海道出身なんですね。経歴でいうと政権に近いところで仕事をされてきており、中東問題・情勢の専門家だ。地政学という言葉はよく聞くけど、

  • 佐藤優先生と山内先生の対談。

    佐藤優先生の言葉を借りると、日本が誇る最高レベルの知性が、圧倒的なコンテキストの知識を元に世界の流れを解説していく。

    理屈が通っていて、そう考えていくのかと感心させられる。ISやロシアの外交政策が今の自分の世界に影響を及ぼしたとしても、自分にできることはないのだが、物事に大事な考え方や臨み方はとても参考になる。

    ウイグルと中国におけるISの影響や、シーレーンにおける日本の海峡の重要性などは刺激的だった。また、沖縄における民族のテンションは我々本土の人間の皮膚感覚でははかりきれていない問題が潜在化していた。


    最後の日韓問題、日中問題については、このれべるの知性を持ってしてもそう評価するのかと、面白かった。

    なお、安部談話への評価や解説、各国からの評価は勉強になった。

    ラストのリーダーに対する考え方は、ビジネスマンも重要視した上で修練しなければならなず、勉強になる。


    流石佐藤優先生。

  • 2016/3/21 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。

  • トニー・ブレア 北アイルランドに議会  シン・フェイン党 IRAの政治部門 結果的に武装解除

    プレスビテリアン 長老派 スコットランドからはじまる

    1946 ロシアの正教会とウクライナのユニエイト教 合同という体裁をとりつつ後者は禁止
    ソビエトの支配を潔しとしないウクライナ人は亡命 亡命先はブラジルとカナダ カナダで離されている言葉の第三位はウクライナ語

    ウイグルの民族意識、半中国ナショナリズムにISの要素が結びつくと、とんでもない地殻変動がおこる

    シリア難民 ロシアやイランにはいかない

    ヨーロッパ ユダヤ教やキリスト教の一神教、ギリシャ古典哲学、ローマ法という3つの伝統が一つの文化システムを確立している

    ヘブライズム(ユダヤ主義)、ヘレニズム(ギリシャ主義)ローマ支配(ラテン主義)の融合によって形作られるヨーロッパ

    難民問題でギリシャ債務問題が完全に飛んだ

    タジキスタン テロ対策をしていた警察幹部がISに寝返った

    シリアから国外 400万 半分がトルコ 150万湾岸諸国

    ロシアがシリアに介入の理由 シシアにいるチェチェン人がロシアへ流入しないようにするため

    イスラエル シリアは4つに、イラクは3つに分割されるだろうといっている

    沖ノ島問題 限りになく、海洋法だと岩に近い  排他的経済水域には重要

    南沙諸島は満潮には沈んでしまう暗礁の上につみあげて作っている。 

    日の丸油田として開発したカフジ油田から撤退したのが2008 サウジがしめした2400億円の鉄道施設計画をけった
    それなのにウクライナに2400億円提供

    エネルギーミックスについて国民に説明するのがエリートの責務

    国家には正の歴史も負の歴史もある。双方にバランスをもって生対する必要性あり

    安倍談話 あえてロシアの悪口はかかず

    韓国の最大の問題は、日韓関係は世論が決めるという構造が頑としてあること

    ムハマンドのころ戦争が多い 成年男子がすくない。一夫多妻制認める

    現在が世界史の転換点にあり、有事であるという国民の意識なしには、日本に真のリーダーシップを発揮する人間は登場しないでしょう

    チャーチル 第2次隊線回顧録

    リーダーに必要な資質とは、自分の仕事に直接関係のないものに触れないというのではなく、リーダーとして成長するのに役立つのであれば、なんであれ手にするという姿勢です。知見をひろげ、感覚を磨く機会は、なにも読書に限りません。賢い人にあって刺激をうけるでもいいのです。

    フィンランド3度もソ連の侵攻 自国の安全保障のためソ連との関係を強化しつつ、一方でフィンランドの独立を維持するという、綱渡りのような外交政策を展開してみせた
    世界一の水準を誇る初等、中等教育

  • テロ、IS、難民、米露、イラン、日中韓関係……混迷をきわめる世界情勢。「歴史学の泰斗」と「インテリジェンスの第一人者」が潮流を読み解くための「羅針盤」を示す。豊かな世界史の教養と、外交現場を知り尽くしたリアリティにもとづき、日本の針路と、真のリーダー像を問う一冊。

全17件中 1 - 17件を表示

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)の作品紹介

テロ、IS、難民、米露、イラン、日中韓関係…混迷をきわめる世界情勢。「歴史学の泰斗」と「インテリジェンスの第一人者」が潮流を読み解くための「羅針盤」を示す。豊かな世界史の教養と、外交現場を知り尽くしたリアリティーにもとづき、日本の針路と、真のリーダー像を問う一冊。

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)はこんな本です

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする