新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)

  • 197人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (21)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
  • 中央公論新社 (2016年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505491

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スンニ派とシーア派。サウジアラビアとイラン。
    難民問題の日本への波及。

  • 現代のアラブ情勢などを見据えて、今後の地政学を考えた対談集。

    歴史的な背景を踏まえた両者の対談なので、非常に面白かった。

  • 混沌とした国際情勢に通暁した山内、佐藤両氏の「中央公論」の2015.8~2016.1に連載された対談をまとめた書。地政学的なものの見方の重要性を再認識。また、イデオロギーに隠されていたナショナリズムの台頭、ドイツをはじめとする欧州諸国やロシア、イラン等の狡猾さ、先の展望が見えない日韓関係など、国際情勢を考える際に参考となる点が多々あった。

  • ゴルバチョフもコールも自らの哲学と歴史観に基づく世界観を総動員してやりあった。その結果として互いに醸成した信頼と尊敬心が歴史を変える原動力になっていった。

    インテリジェンス活動には人文学的な教養が不可欠。胆力も必要な上方収集の重要性も理解していた。

  • 山内昌之氏と佐藤優氏の現代政治情勢対談シリーズの1冊。

    地政学といえば地政学だが、紛争・問題点などを1章ごとに対談している形で、時期の旬を過ぎるとあまり意味がないのではと思った。

    1章 ISと中東情勢 ロシアやアメリカやトルコなどの主要各国、中東各国の思惑が説明されている。

    2章 ナショナリズムの深層(スコットランド、ウクライナ、沖縄)この後にイギリスのEU離脱も決まったが、世の中はグローバル化ともにナショナリズムが復権していることも視野に入れたほうがよいと思う。

    3章 難民危機 シリア難民の受け入れ対応などによって、各国の思惑が見え隠れする。

    4章 シリアのヨーロッパの対応、ロシアのリアリズム ロシアのリアリズム路線が存在感を増していることを書いている。

    5章 中東の重視は石油の重視ということでもある。各国のエネルギー戦略が根底にあることの検証。

    6章 対中、対韓、対露、「安倍談話」を巡る国としての歴史観についてなど

    7章 世界史のリーダーシップ リーダーが必要な時代に必要な資質や能力とは。

    ざっと読むのが良い本で、一つずつ検証するという本ではないような気がした。対談だといつものように読みやすい本だったとは思う。

  • 安倍70年談話を再考したい

  • 「シリア騒乱」を理解するには、中東諸国に加えてトルコ、ロシアまでをエリアとして俯瞰する必要があるのですね。いくつか本を読んできましたが、これで整理できました。アサド後のシリア・イラク分割やサウジへの核拡散など国際政治のクールな怖さを知りました。ISによる新疆ウイグルへの浸透など、国家ではないムスリムの活動活発化による国際情勢の流動化は真近な危機ですね。偏った情報で操作されている私たちが知るべき知見が詰まっています。ただ、地政学本ではありません。

  • 素人としては何のことやら?という部分もあるが、地政学の話はなぜか引き込まれる。佐藤優さんならなおさら。最近頻発するテロの背景も少しは理解できた。

  • 地理、歴史の大切さがよく分かった。それとリーダーに大局観こわないといかに不幸かも。

  • 新しい情報はあまりなく

    中東は宗教とアメリカ
    欧州は難民含めた民族移動
    中国とは戦略的対話による調整
    韓国は・・・

    そんな内容

全18件中 1 - 10件を表示

山内昌之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
石原 慎太郎
トマ・ピケティ
又吉 直樹
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)の作品紹介

テロ、IS、難民、米露、イラン、日中韓関係…混迷をきわめる世界情勢。「歴史学の泰斗」と「インテリジェンスの第一人者」が潮流を読み解くための「羅針盤」を示す。豊かな世界史の教養と、外交現場を知り尽くしたリアリティーにもとづき、日本の針路と、真のリーダー像を問う一冊。

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)はこんな本です

新・地政学 - 「第三次世界大戦」を読み解く (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする