人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)

  • 156人登録
  • 3.57評価
    • (9)
    • (12)
    • (18)
    • (0)
    • (3)
  • 21レビュー
著者 : 岸見一郎
  • 中央公論新社 (2016年6月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505576

人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本を読むとアドラー心理学への誤解が深まると思います。アドラーが言ってないことも書いてありますね。人生相談したい人には読む価値があるかも知れませんが、アドラー心理学について知りたい方は別の本をオススメします。なお、アドラー心理学は、「建前と本音」があり同調圧力の強い日本社会とは馴染みづらいと思います(逆にハッキリ言うアメリカ社会には馴染みやすい?)し、この本通り実践して、人間関係のトラブルが増えてしまい余計に抑うつ的になる事も多いかと思います。あるいは、嫌われる勇気と言いつつ本当に嫌われてしまい、自分も他人も不幸になる危険性を孕んでいます。あまり間に受けず、生き方の一つの選択肢程度の認識で良いかと思います。

  • 読みやすく実践的。「嫌われる勇気」で表されたアドラー心理学を実際の生活の中の悩みにあてはめると、こんな風に答えられるという本。多少スピンオフ感が否めないが、「嫌われる勇気」とは違うアプローチであり、異なる読者に届けられそうだ。

  • 新聞の人生相談レベル。巻中には著者自身の正当性を必要以上に主張している(何となく承認欲求にも感じた)記述もあったりして益々げんなり。

    嫌われる勇気が面白かっただけに余計にガッカリ…

  • 相談内容からアドラー心理学をもちいた回答をする、という非常によみやすく実践的。
    アドラーといいつつそこまで堅くないし、普通にお悩み相談みたいな。具体的に突っ込んだわけではないので詳しくアドラー知りたい人はほかをあたったほうがいい。
    「愛する技術があれば誰でも結婚できる」には目がうろこ。

  • 嫌われる勇気、幸せになる勇気の実践編。読後感がなんとも言えず幸せなので一読の価値あり。

  • 具体的な質問に対しての回答の形式でまとめられている。
    これまでの著書のように「え、そうなるの!?」という面白みはないが、なるほどなあという暖かみがある。

    いくつか、深く染みてくる回答もあり、読んでよかったと思う。

  • 4月
    請求記号:C-557 図書ID:20005140

  • 146.1||Ki58

  • QA形式でアドラー心理学を分かりやすく説明した本。

  • アドラー哲学の第一人者である岸見一郎による人生相談。自分、友人、人間関係、勉強、就活、職場、恋愛、結婚、育児、家族、老化について全部で88の悩みに応えている。

全21件中 1 - 10件を表示

岸見一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)はこんな本です

人生を変える勇気 - 踏み出せない時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする