ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 赤坂厚
  • 中央公論新社 (2017年4月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505811

ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • ゴルフ人口の減少が止まらない。少子高齢化やライフスタイルの変化により、日本において、この20年でゴルファー数は40%以上減少(総務省「生活基本調査」より)。92年に約2兆円あったゴルフ場やゴルフ用品などの市場規模も13年には9000億円と半減した。オリンピック会場問題、ナイキなどのメーカー撤退、男子プロゴルフ試合数やギャラリー数減少、外資によるゴルフ場買収が報じられるなど、見通しも暗い。そこで「このままでは日本のゴルフが消えかねない」と警鐘を鳴らすスポーツライター赤坂氏が「東洋経済オンライン」での連載をもとに、現状のレポートと提言をまとめて緊急出版。日本にゴルフ場ができて1世紀。ゴルフがオリンピックの正式種目となった今が、復権のラストチャンスだ!!

全1件中 1 - 1件を表示

ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)の作品紹介

少子高齢化やライフスタイルの変化により、市場規模の縮小がますます進むゴルフ。人気メーカー撤退やギャラリー数減といった暗い報道も続く今、「このままでは日本からゴルフが消えかねない」と警鐘を鳴らすスポーツライターがレポートと提言をまとめて緊急出版。五輪こそゴルフ復権のラストチャンスだ!

ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)はこんな本です

ゴルフが消える日 - 至高のスポーツは「贅沢」「接待」から脱却できるか (中公新書ラクレ)のKindle版

ツイートする