オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ)

  • 54人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (2)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 苅谷剛彦
  • 中央公論新社 (2017年7月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505873

オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ)の感想・レビュー・書評

  • 本書は既出の原稿をとりまとめたものだった。無理に各章のつながりを求めなくてもよい気がする。表題ありきの書籍編集側の商業的アイディアだろうか。とはいえ、読み手側で重要な知見と考えられるエッセンスは十分に抽出可能である。いかにいくつか引用した。それらは著者にしか指摘できない点が多い。また、SGUという和製英語の奇妙さを指摘した解説はやや赤面ものだった。ただより重要なのは、大学のランキング評価の結果から、大学の社活動の国際的な「遅れ」を導出し、一般の産業と同様に「追いつき型近代化」(p.202)を主たる問題解決の方法にしてしまっているという指摘である。

  • アメリカやイギリスの大学ランキングには日本の大学がほとんど入っていないので、頑張らない世界から取り残される、という話から始まるが、最後は、ランキングに振り回されずきちんと将来を見据えて改革していって欲しい、という話で終わる。
    グローバル化や多様性は必要なのか?4年生が行わなければならない就職活動、横並びの就職、そして企業の側の意識など、様々な視点から、日本の大学のあり方に警鐘を鳴らしている。

  • スーパーグローバル大学を切り口にした大学改革政策の批判と、イギリスにおける高等教育政策の対比が描かれる。最終的にはグローバル化ではなく、内部の参照点を重視した地道な大学の改善政策が望ましいとの指摘。 それこそ、中教審の将来構想部会とか苅谷先生にメンバーとして参画してもらいたいところ。

  •  日本の大学のグローバル化が叫ばれ、英語による授業などが叫ばれているが、オックスフォードや欧米の主要大学は、そもそも外国人の優秀な学生が多く集まり、今ではそれが院ではなく、学部に及んできているという。オックスブリッジ、米国の主要大学が国家の成立前から存在し、国家人材を育ててきたという歴史の前に、明治から国策で大学を作ってきた日本との歴史の違いを感じる。英国の大学でなんと1.4兆円の外貨を毎年稼いでいる。それが、EU離脱によりどのように展開していくのか、英国の衝撃の大きさが分かる。本当の意味でのグローバル化は、外国から優秀者を集めるべく、世界の有名大学と競い合うことなのだけど!を痛感する。世界大学ランキングは欧米(特に英国)の外貨稼ぎのマーケティング戦略によるところが大きく、それに振り回される日本の愚。それが、「日本の欠如理論」によるものとの指摘は極めて説得性があった。

  • 本の内容に統一感がないと感じていたが、末尾を読んで納得した。書き下ろしではなく、これまでの寄稿を再編集したものである。最終章の欠如理論のみ参考になった。

  • 苅谷先生らしく、データを駆使して、この国の高等教育改革の「中身の薄さ」について警鐘を鳴らしている。アクティブラーニングはよいけれど、受講すべき授業が多すぎるとのご指摘はそのとおりです。

全7件中 1 - 7件を表示

苅谷剛彦の作品一覧

苅谷剛彦の作品ランキング・新刊情報

オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ)を本棚に「積読」で登録しているひと

オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ)の作品紹介

ワールドクラスの大学は「ヒト・モノ・カネ」をグローバルに調達する競争と評価を繰り広げている。水をあけられた日本は、国をあげて世界大学ランキングの上位をめざし始めた。だが、イギリスの内部事情を知る著者によれば、ランキングの目的は英米が外貨を獲得するためであり、日本はまんまとその「罠」にはまっているのだという-日本の大学改革は正しいのか?真にめざすべき道は何か?彼我の違いを探り、我らの強みを分析する。

オックスフォードからの警鐘 - グローバル化時代の大学論 (中公新書ラクレ)はこんな本です

ツイートする