中世の秋〈2〉 (中公クラシックス)

  • 60人登録
  • 3.82評価
    • (5)
    • (4)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : ホイジンガ
制作 : Johan Huizinga  堀越 孝一 
  • 中央公論新社 (2001年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (450ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121600066

中世の秋〈2〉 (中公クラシックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    ブラジル奥地で文明に圧殺される寸前の人々に共感し、野生の知の復権を企てた一知性の同時代証言。
    中世人の生の息吹きをあざやかに描きだす高度に視覚的な筆致。

    [ 目次 ]
    13 信仰生活のさまざま
    14 信仰の感受性と想像力
    15 盛りを過ぎた象徴主義
    16 神秘主義における想像力の敗退と実念論
    17 日常生活における思考の形態
    18 生活のなかの芸術
    19 美の感覚
    20 絵と言葉
    21 言葉と絵
    22 新しい形式の到来

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 歴史の楽しさは、出会いの楽しさです。自分が知らない見たことのない世界に誘われ、すでに失った価値観を追体験する… 今、私が歌舞伎を通じて江戸を眺めるのも、原点はここにあるのかも知れません。

全3件中 1 - 3件を表示

ホイジンガの作品

中世の秋〈2〉 (中公クラシックス)を本棚に登録しているひと

中世の秋〈2〉 (中公クラシックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

中世の秋〈2〉 (中公クラシックス)はこんな本です

ツイートする