省察・情念論 (中公クラシックス)

  • 98人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : デカルト
制作 : Ren´e Descartes  井上 庄七  野田 又夫  森 啓 
  • 中央公論新社 (2002年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121600332

省察・情念論 (中公クラシックス)の感想・レビュー・書評

  • 数年前に 『インサイド・ヘッド』 という映画がヒットしましたが、それを哲学者が書くとこうなる、というような内容でしょうか。

    「怒り」「悲しみ」「喜び」など、私たちの身近な「感情」(情念)は、なぜ起こるのか?

    それを、17世紀当時の最新の医学の知見(←現代においては、完全な誤りです)を踏まえながら、現代にまでその名を轟かす知の巨人・デカルト先生が一生懸命分析しました。

    哲学書(哲学者が書いた本)というと、長くて難解でつまんない><!というイメージがあるかもしれませんが(それ以前にまったくイメージがわかないかもしれませんが)

    「教養として、哲学書をちょっと読んでみたい!」 という人がもしいたら、
    私は同じデカルトのもっと有名な本である『方法序説』や『省察』よりも、
    哲学の入門書としてよく取り上げられるプラトンの『ソクラテスの弁明』や『メノン』よりも、
    この本をおすすめします。

    「物事を徹底的に考える(=哲学)」って、なんてばかで滑稽で、でも楽しそうなんだろう。 
    ということがじわじわ伝わってきて、微笑ましく読める一冊です。

    中公文庫版は、有名な『省察』ともセットで読めておトクです。
    訳者の野田又夫先生はデカルト研究の権威でもあるので、信頼できる訳で、注釈も充実しています。

    一般人にとっての読みやすさという観点では、
    岩波文庫の谷川多佳子さん訳に軍配が上がります。

  •  知人がデカルトに手を出したということで、私自身ももう一度読みなおしてみた。
     省察は近世哲学の集大成とも言うべき、「哲学史の金字塔」である一方、「デカルトを知るための一冊」としてはやや内容不足に感じる。デカルトによる「私」の哲学は、その証明方法や思考方法の徹底さに魅力があるはずなので、本書のあとは是非「哲学原理」を一読することを薦めたい。

  • 卒論がデカルトなので読んでいます。
    省察はデカルトの哲学の集大成。
    いきなり読むのは大変なので
    最初は『方法序説』がいいです。

    情念論は心身二元論を踏まえた道徳論。
    人の心理に興味がある人にもおすすめ。

全4件中 1 - 4件を表示

省察・情念論 (中公クラシックス)の作品紹介

形而上学から出発して道徳問題の解明に向かう哲学的探究。

省察・情念論 (中公クラシックス)はこんな本です

省察・情念論 (中公クラシックス)のKindle版

ツイートする