折りたく柴の記 (中公クラシックス)

  • 27人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 新井白石
制作 : 桑原 武夫 
  • 中央公論新社 (2004年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121600677

折りたく柴の記 (中公クラシックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    強烈な武人の精神をもち続けた傑出した文人政治家の自叙伝。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 内容(「BOOK」データベースより)<br>
    強烈な武人の精神をもち続けた傑出した文人政治家の自叙伝。<br>
    <br>
    著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)<br>
    新井/白石<br>
    1657〜1725。江戸中期の儒学者、詩人、政治家。江戸に生まれる。青年時代まで独学ですごしたが、1686年、木下順庵に入門。やがて順庵の推挙により、甲府藩主徳川綱豊の侍講となる。1709年、綱豊改め家宣が第六代将軍となってからは、幕府政治に深く関与することになる。七代家継の時代までの善政は「正徳の治」と呼ばれる。次の吉宗の代には政治上の地位を失い、晩年は不遇の中に著述にはげんだ<br>
    <br>
    桑原/武夫<br>
    1904年(明治37年)福井県生まれ。京都大学文学部仏文科卒。京大人文科学研究所における共同研究の中心となって活躍。京都大学名誉教授。文化勲章受章。著訳書多数。1988年(昭和63年)逝去

全2件中 1 - 2件を表示

新井白石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
J・モーティマー...
安部 公房
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

折りたく柴の記 (中公クラシックス)はこんな本です

折りたく柴の記 (中公クラシックス)の文庫

ツイートする