人性論 (中公クラシックス)

  • 175人登録
  • 3.82評価
    • (4)
    • (7)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : ヒューム
制作 : David Hume  土岐 邦夫  小西 嘉四郎 
  • 中央公論新社 (2010年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121601193

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
エーリッヒ・フロ...
國分 功一郎
ウィトゲンシュタ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人性論 (中公クラシックス)の感想・レビュー・書評

  • こいつも読み出してから読み終えるまで時間かかりました。ヒュームって難しいんだもの、文章が。言っている内容は分かりやすいし、納得いく所も変な所も区別しやすいです。彼が因果について一所懸命考えてくれたおかげで、今の議論が整理しやすいです。

  • 魅惑的な天才。認識論のストーカー。分析的ヘンタイ野郎。

    ヒュームの丁寧な、丹念すぎる分析に読者はおのずと惹きこまれていってしまう。

    認識論は言わずもがな、第三部の道徳論も傑作だと思う。
    規範倫理学の立場からではなく、メタ倫理学的な立場から、つまり「道徳とは本来どうあるべきか」ではなく「道徳とは現にどうあるのか、どういう機能を果たしているのか」を適確に観察・分析している。だれも意識的に行うことのなかった、画期的な作業である。

    カントの微睡みを醒まし、現代思想の先鋭の多くにも多大な影響を与えたことに疑いの余地を与えない素晴らしい内容。

  • 「それは、われわれが徳と悪徳とを区別して、ある行為について、非難されるべきである、あるいは賞賛に値すると宣告するのは、観念によってなのか、それとも印象によってなのか、という問題である。」

    印象=本能、直感
    観念=学習

    と捉えるとわかりやすいと思う。私にとってこの本はとても難しくて、読みきるのが大変だった。たぶん理解はそんなにできていなだろう。ただ、第一篇七節からはそれまでよりも読みやすいと感じた。

    72ページの第二段落のところはとても面白い。同じことをすれば同じ結果が得られるというのは、そうおこりうると確からしいというのを補強するだけで、それが絶対におこることを示しているのではない。

  • 火が熱いことを知らない人が火に触れた時、「火に触れたから熱い」というふうに、原因→結果の形で考えることができるだろうか。ヒュームは、この「原因」と「結果」の観念の源泉をとことん考えた哲学者。それは「自由」を考えることにもつながっていく。

  • 懐疑論とはどのようなものか。固有名詞へのイメージなどの偏見なしに入り込める。ただ、断片的に読むと少し危ない。

  • 「人性論」の抄訳と「原始契約について」

    人間は"印象"と"観念"しか知りえないという話が一つ。唯識ってこんな感じなんでしょうか。

    道徳には、"人の本性によるもの"と"社会体制を守るためのもの"があるという話が一つ。それぞれ仁と義になるんですかね。

  • 日経ビジネスAssocieで紹介されており、タイトルが気になったので読んでみた。人生論ではなく人性論。当然人生についての哲学などが書いてある訳ではなく、テーマは原因と結果の関係について。印象と観念や蓋然性や人格の認識などを体系的な実験を用いることで「原因があるから結果がある」を推論している。残念ながら哲学者ヒュームの因果論を解く事で導かれるであろう結論を、私には読み解く力が無かった。

全8件中 1 - 8件を表示

人性論 (中公クラシックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

人性論 (中公クラシックス)の作品紹介

イギリス古典経験論の掉尾を飾る懐疑的経験論。

人性論 (中公クラシックス)のKindle版

ツイートする