無意識の構造 (中公新書)

  • 37人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 河合隼雄
  • 中央公論新社 (2017年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121804815

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

無意識の構造 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 私たちは何かの行為をしたあとで「われ知らずにしてしまった」ということがある。無意識の世界とは何なのか。ユング派の心理療法家として知られる著者は、種々の症例や夢の具体例を取り上げながらこの不思議な心の深層を解明する。また、無意識のなかで、男性・女性によって異性像がどうイメージされ、生活行動にどう現れるのか、心のエネルギーの退行がマザー・コンプレックスに根ざす例なども含めて鋭くメスを入れる。

  • この名著が上梓されたのは1977年。今から40年前である。人の半生分の長さほど昔に書かれたという事実は、評価する上では考慮すべきでしょう。評価などと生意気な、とお叱りを受けるのは当然、自分でもおこがましいと思っています。
    こんな前置きを書いておきながらですが、いやはや素晴らしい。特に後半。
    ユングという人の研究が進み、ある程度の普遍性を得ている現代では特に驚きがあるわけではないでしょうが、ここには生きる指標がありました。
    人生を、とくにその後半をいかに生きるか、答えだと思っていたことに確信が持てました。

全2件中 1 - 2件を表示

無意識の構造 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無意識の構造 (中公新書)の作品紹介

私たちは何かの行為をしたあとで「われ知らずにしてしまった」ということがある。無意識の世界とは何なのか。ユング派の心理療法家として知られる著者は、種々の症例や夢の具体例を取り上げながらこの不思議な心の深層を解明する。また、無意識のなかで、男性・女性によって異性像がどうイメージされ、生活行動にどう現れるのか、心のエネルギーの退行がマザー・コンプレックスに根ざす例なども含めて鋭くメスを入れる。

無意識の構造 (中公新書)はこんな本です

ツイートする