地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)

  • 64人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 曽村保信
  • 中央公論新社 (2017年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121807212

地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 東2法経図・開架 B1/5/721b/K

  • 現在のアメリカでは地政学が市民権を得ている。
    ソ連の宇宙技術発達の精神的な基盤は第一にその領土の広大さから来るところの無h言の空間へのあこがれという、歴史的・国民的な性格に求められる。

全2件中 1 - 2件を表示

曽村保信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
J・モーティマー...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)の作品紹介

地政学とは地球全体を常に一つの単位と見て、その動向をリアル・タイムでつかみ、そこから現在の政策に必要な判断の材料を引き出そうとする学問である。誤解されがちだが、観念論でも宿命論でもない。本書は現代の地政学の開祖マッキンダー、ドイツ地政学を代表するハウスホーファー、そしてマハンらによるアメリカ地政学を取り上げ、その歴史と考え方を紹介する。地図と地球儀を傍らに、激動の国際関係を読み解こう。

地政学入門 改版 - 外交戦略の政治学 (中公新書)はこんな本です

ツイートする