ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)

  • 648人登録
  • 4.43評価
    • (103)
    • (68)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 90レビュー
著者 : 服部正也
  • 中央公論新社 (2009年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121902900

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
スティーヴン・D...
ヘルマン ヘッセ
ヴィクトール・E...
デール カーネギ...
三島 由紀夫
ポール・コリアー
村上 春樹
ジェイムズ・P・...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 1965年。IMFからの要請で中央銀行総裁としてルワンダに派遣された日銀マン・服部正也の経済改革奮闘記。こんな日本人がいるとは知らなかった。

    アフリカの中央に位置する小国ルワンダは、コーヒーが主要な輸出品だが財政と国際収支の赤字が累積し、国内では外資系企業と外国人が大手を振るベルギーの旧植民地だ。ここで服部は次々と改革していく。通貨改革と平価切下げと輸入の部分自由化。歳入と歳出のバランスを大蔵大臣と協議し、国債を発行する。国債引き受けを外国銀行に頼み込む。外国人に軽く、ルワンダ人に重い税制の歪みを正し、中小企業を育成するため開発銀行を作る。もうとにかく動き回る。とても中央銀行総裁に思えないほど。おまけに鉄道もタクシーも発達していない国だから、せめてバス交通を充実させようと日産ディーゼルと交渉してバスを輸入しバス公社を作ったりと、そんなことまで?と驚く。

    総裁の奮闘とルワンダ人たちの努力でルワンダ経済は上向きとなる。服部は6年に渡って総裁を務め、ルワンダの経済発展に貢献した。こうした改革の裏には服部のルワンダ人に対する公平な目と観察力があったと思う。ルワンダ政府の外国人顧問団や技術支援員たちは「ルワンダ人に経済発展は無理だ、彼らは怠け者だからだ」。と口をそろえていう。果たしてそうか?と、服部はルワンダ人商人や国民に話を聞き、彼らの生活のなかに入っていき、真摯に向き合い、国民性を掴み取ろうと観察する。そこで得た知見(決してルワンダ人は怠け者ではないし、能力がないわけではない)に基いて様々な経済改革と政策を立案していく。この本を読んで感動するのが、服部のこの観察力と話を訊く真摯な姿勢である。かっこいいな、いいな、と思った。突然、アフリカの小国の中央銀行総裁になるドラマ性もさることながら、服部の奮闘の数々は一遍の小説より奇で面白く感動する。

  • 1965年、アフリカはルワンダの中央銀行総裁に着任した服部さんの回顧録。服部さんの剛胆なハートと大局を掴む頭脳にしびれ、金融のおもしろさを実感した。バンカーの仕事のよろこびってこういうことなんだな、と。

    服部さんが、私心無く先入観にとらわれず、原則に従って仕事に邁進して着実に成果を上げていくさまが痛快。中学高校でこの本を読んで、頑張って勉強して大きな仕事をする人が増えたらいい。この本には、なんのために勉強するのかの答えのひとつがあるように思う。

  • 重要な改革の重要な内容は耳を抜けていってしまったんですが、通勤時間を利用してなんとか読了。特に印象的なのは、服部正也さんの人を見る目、その判断力。他人が悪評をたてる人物であっても、服部さんはその仕事ぶりから相手の価値観・その立場を考える。悪評からもその発信者の立場からその理由を読み解き、決して惑わされない。生意気と評判だが確実に仕事をこなす有能なクンラツ氏、経済に疎くてもルワンダの山々の民を心から思うカイバンダ大統領、コテンパンに服部さんにやられてしまう商業銀行のデヴィルシャン氏(あまりのピエロぶりに可哀想なほど)・商魂たくましいインド商人。その他もまるで物語のように人々は多彩。確かな力と目、熱い心が胸に迫る傑作でした。

  • マジメな総裁日記なんだけどもRPG感があって人気、というTwitterのお勧めで読んでみました。ロマンあふれつつ、戦前戦後の日銀マン(著者は戦後の人ですよ)の実力と矜持をぐっと感じることが出来る良書。現在ミャンマービジネスに熱心な先輩社員が良くお話しされているようなことがこの時代のルワンダにも共通することがたくさん記されていてそういうとこでも興味深い!

  • #fb やっぱり何にしても、ファイナンスの裏付けなんですよ。でも、人はそこがあやふやなままに、贅沢を求めるものなのです。そして、殺し合いに疲れ切っていないうちは、なんだか血なまぐさくなる....というね。

  • 1965年から6年にわたって、IMFからの派遣でルワンダ中央銀行総裁として任務した日本人の記録。
    明治期のお雇い外国人に似ているが、長年の植民地支配でぐだぐだになっている分、条件が悪い。
    ベルギーから独立したばかりの途上国で、中央銀行の立ち上げから、旧宗主国系の外国人政治顧問や商業銀行との戦い、中央銀行も所掌を超えて経済再建計画の立案など、いくらでもやることがある。本人の記録なので割り引かなければならないにしても、英雄的な働きである。実際、ルワンダは70年代にはかなりの経済成長を遂げたらしい。

    その後、90年代のルワンダ動乱についての論考も収録されている。せっかくの経済成長を灰燼に帰すような打撃である。ただ、80年代には所得格差の拡大や長期政権の腐敗が進んでいたというから、健全な持続は難しいようである。一抹のむなしさあり。

  • ルワンダ再建のセキララ本。ルワンダ人が読めないことをいいことに、言いたいことを何でも書いていて面白い。しかし一人でここまで経済再建できたというのはこの人は本当に有能なのだろう。平価切り下げによる影響、輸入物価の制定、、金融の複雑そうなあれこれを、単純明快に解釈、実行して、成功を収めている。自分の目でルワンダ実情を確かめる姿勢、人々を納得させる手腕も素晴らしい。自分の政策に自信を持って一人で進める度胸もこの人でないとできなかったことであろう。この後ルワンダは内乱が激しく大統領も爆死、経済も再び混乱に陥ったとのことだが、残念なことである。

  • 派閥に対して、反抗や協調をすることなく、末端職員との直接対話、人事制度から 組織を作り直したことが 成功要因と思った


    「戦に勝つのは兵の強さ、戦に負けるのは将の弱さ」


    「途上国な発展を阻む最大の障害は 人であるが、その発展の最大の要素も 人である」

  • 1965-71年までタイトル通りそれ以上の仕事をした人の日記。
    内容の色あせなさにびっくりした。
    そしてすごく面白かった。
    自分のそれまでの経験に裏付けられた知識に自負がある人、先を見通せる人、現地での常識を疑ってみる人、そして仕事の能力のある人が組み合わさるとこんなことになるのかと。
    人も育てられているし。

    途中途中で挟まれるちょっと難しい数字とかは飛ばしたけど、経済の仕組みの話が最初は苦戦するけど最終的にはちゃんと読めるようになるほど面白かった。

    こういう人が裏方に存在するとその国は発展するんだろうなって見本のような人。
    うん、でもカイバンダ大統領の信頼と丸投げっぷりは紙一重だと思った。人を見る目はあったけどね。

  • 『私は戦に勝つのは兵の強さであり、戦に負けるのは将の弱さであると固く信じている。私はこの考えをルワンダにあてはめた。どんなに役人が非効率でも、どんなに外人顧問が無能でも、国民に働きさえあれば必ず発展できると信じ、その前提でルワンダ人農民おルワンダ人商人の自発的努力を動員するとを中心に経済再建計画をたてて、これを実行したのである。』
    著者である服部氏が最後にまとめられている文章は、45年後の日本社会に痛切に響くメッセージのような気がしてならない。

  • 俺のルワンダがこんなに経済発展著しいわけがない。


    某書評で「ラノベみたい」と評され人気が出た本書ですが、その実は超骨太の経済エッセイ。
    独立直後のルワンダで、出来立てホヤホヤのルワンダ中央銀行の2代目総裁として派遣された著者の視線により、ルワンダが一独立国家として経済的に自立すべく、国家経済・財政が整っていく様子をつづった回顧録。
    近代経済のケーススタディとしてとてもおもしろい一冊です。

    作者は独立後のルワンダ中央銀行の2代目(前任者はなにもせずにすぐ離任したので実質初代)総裁である服部正也氏。
    1965年から6年間、ルワンダに赴任し、中央銀行の組織ばかりか、ルワンダ全体の経済計画の作成に寄与されました。

    新書サイズながら、話は非常に多岐にわたっています。
    大きな話の一つは国家経済の話。
    そもそも経済とはなんなのか、独立したばかりの発展途上国で、国がどのように成長して、そして経済が回っていくのか。
    当初、コーヒー(と鉱山)くらいしか産業がないルワンダがいかに生産をし、貿易黒字となり、内側に財を蓄えていったか、が良質なケーススタディとして非常によくわかります。

    もう一つは、組織マネジメントの話。
    出来立てホヤホヤでほぼ組織の体をなしていないルワンダ中央銀行。
    ただ一人日本からやってきた服部が、異国でスタッフを導き、小国とはいえ中央銀行として機能せしめたのか。そして、銀行だけでなく、商人をはじめルワンダの経済界を育てるに至ったのか。

    この、組織をマネジメントするために人に向き合った、という点がこの本のキーポイント。
    次の言葉で示されているように、服部がいかに人を活かしたか、そしてそれが経済発展に結びついたか、よくわかる一冊になっています。

    「私は戦に勝つのは兵の強さであり、戦に負けるのは将の弱さであると固く信じている。
    (中略)
    途上国の発展を阻む最大の障害は人の問題であるが、その発展の最大の要素もまた人なのである。」
    (第8章「ルワンダを去る」より)


    冒頭「ラノベみたい」といった評を紹介しましたが、実際、読み物としても楽しいです。
    まるで夏目漱石「坊ちゃん」(あれも東京人が愛媛の田舎に赴任する話)のような語り口で読者を引き込みます。

    異世界もの(?)が好きな人も、銀行マンもそうじゃない人も、楽しんで読めること間違いなしの一冊です。

  • ルワンダ。
    話題には上りつつ、手を出していなかったが、平置きから手に取る。

  • 技術と方針は独立である。この本では、高い技術と方針の適切な設定の両方がいかに物事を為すのに重要かが説かれている。そして肩書きや経歴がその人の能力や言動の信頼性を担保しないことを表している。

  • ぃやー!
    事実は小説よりも奇なり とは、よく言ったものですね!
    って感じ!!
    ぃやー、ノンフィクションなのに。血肉脇踊りました。
    1国を一人で(もちろん、協力者はいろいろいるので、ほんとうに一人、と言うのは語弊があるけれども)がっつり再建する、そんなドラマにあふれた1冊。
    すげーっす。
    この時代、手紙ですべてやり取りする時代ですよ?
    そこでいきなり、ルワンダに単身渡り、一国の再建のために自身の人生をささげた彼の意気がすごい。
    この時代の、ルワンダの何もなさも、すごい。

    専門家の真髄を見た、って感じ。
    彼ほど、良く知っていれば、本当に役にも立つよね。尊敬もされるよね。

    当時の人は、政府のオーナーシップとか特段気にすることなく、もはやこの服部氏自体が中央銀行総裁だったことは、さすがに時代背景なんだろうけど、でも、すごいなぁ。。

    すごい、小説読んでる気分になりました。
    城戸さんとか思い出しつつ。笑 男子の本懐?笑

    ちなみに、精神論は、今も全く変わっていないと思うし、今も昔も当てはまること、いっぱいあったと思う。

  • 元日銀マンが一国の経済を復興するための奮闘の記録。
    未成熟な国家の現場を巡り、課題抽出/施策立案・実行を進め、経済状況を改善させていく様子は痛快。
    日本にもこういうエリートがいたことは素直にうれしい話である。

  • 30160501 なんだか途中で読むのを止めてしまった。ルワンダに赴任してくる人は自己の私服を肥やすためにルワンダ国民にとってよろしくないことをやる。

  • これは非常に面白い。日銀マンが単身アフリカに飛び、ルワンダの中央銀行の総裁となって、まさに獅子奮迅の働きで経済改革を遂行する6年間を描くもの。まさに「1人の人間が歴史を変える、創り出す」ことがあるということを実感させます。

  • 五十年前のルワンダで奮闘された服部氏の気概と実践力に脱帽。Developing Countryでのプロジェクトに従事する日本人のロールモデルとなる話だった。

  • もうひとかけらも数学的センスのない私がこれを最後まで読んだということが奇跡。やっぱりゼロから何かを作り上げていく過程というのはパワーがあって人を引き付ける。その勢いに押されて予算とか頭の痛くなるような数字もすっ飛ばしながら読んでしまった。日本人てなんて真面目なんだろう。そして自分もなぁ。

  • 経済制度が整っていないルワンダの中央銀行に派遣され、そこからルワンダの実情に合った政策で発展に導くまでとルワンダの内戦を受けたことが書かれている。
    けっこう理解するのが容易だと思う。ちょっと経済学が分かれば読める。
    しっかし、まあ本当に驚く。
    大統領からの依頼でゼロから政策を作りあげないといけないのだから。
    何の情報もない中で、ルワンダの発展に尽力していた日本人がいたことに驚き。
    ルワンダ内戦の後は、報道があまりにも偏っていてそれゆえに公平な判断ができなくなってしまうことがわかる。

  • 1965年から1971年にかけて、筆者はアフリカの独立したての小国ルワンダの中央銀行総裁として赴任して、中央銀行の立ち上げばかりか、ルワンダの経済的自立と発展のための基礎を築いた。銀行家としての高い能力、職務に対する責任感、ルワンダ国民が自走して発展できることを目標においた経済政策の実行、など筆者の素晴らしい業績がよくわかる。リーダーとはこう有るべき、というビジネス書としても読める。

  • またやってしまった。なんで読もうと思ったか?忘れた頃にやってくる図書館予約図書!昨今の他のレビューを見ると、どうやらネットで話題になっていたような。それを雑誌か新聞で見たのかな。

    話は、1965年に中央銀行の総裁としてルワンダに赴いた著者の自伝。組織の立て直しからはじめ、為替から輸出入政策、産業振興のため事業創成、果てはディーゼルトラックの輸入までも行ってしまうバイタリティ溢れる6年間の記録だ。

    土煙を上げて首府の空港に降り立つシーンから、さぼりまくる使用人、行員への対応等、ロシア極東の僻地の工場立ち上げに短期間ながら携わった身として、大いに理解できる場面も多く笑いながら読み進められた。

    多くの苦労も抱えながらも、生真面目と創意工夫、和の精神、日本人の素晴らしい国民性を存分に活かし、それらの困難を次々に克服していく様を楽しむかのようにこなしていく、なかなかの快書である。

    本書は94年にルワンダ大虐殺という内乱後の著者による補講ありの増補版で読むのが良いね。
    アフリカの地政学上の立場は著者の赴任前から大国に委ねられたものであるが、著者が国の経済基盤を整え発展させたルワンダでも、その内乱の頃もまだ大国の利害対立の犠牲になっていることを改めて著者は指摘する。

    内乱のための武器・弾薬は、隣国のウガンダから持ち込まれるが、ウガンダに製造能力はない、さらには自力で調達能力すらない。とすると、それらはどこか他の国から”供与”されてるしかない。当然、他の国というのは西側の大国だ。「そこにこそ大国の影が見えるのではないだろうか。」と著者は記す。

    ルワンダのアフリカの実情を知るだけに理想だけでは解決しないことは知る著者は、
    「冷戦が終わったから軍縮だというのはおめでた過ぎるのではないだろうか。平和、平和と叫ぶよりは、戦争は必ず起こるものとして、その被害を局限するための自衛策をとり、また、小国の争いでは犠牲を限定するため、武器輸出禁止を大国間で合意するべきであろう。」
    戦争も必然と割り切った上で提言を行っている。現地を知る人だからこそ言えることだ。ルワンダを離れても常に現地の情報ソースと連絡を取り続けていてこそ書ける思いが溢れていて胸を打つ。

    昨今の西側バイアスのかかった情報だらけの日本人に当時でさえ、こう言ってのける強みは、独自の情報源と判断基準を持っていたのだろうなと思う。

    「また、日本のメディアの報道にしても、ルワンダは遠い国であるので外国メディアに情報を頼ることはやむをえないが、事実の分析まで『ニューヨーク・タイムズ』などの鵜呑みが多く、自主的で冷静かつ客観的な判断が欠けているように思う。」

    今、読んでも多くの警告、警鐘を読み取れる1冊だった。

  • もう一度しっかりと読む本。

  • ネットで話題になっていたのがきっかけで読んでみたが、堅そうなタイトルとは裏腹にかなりスラスラ読むことができた。
    日本銀行に勤めていた服部氏が、IMFからの依頼でルワンダの中央銀行の総裁となり、金融改革のみならず、ルワンダの財政・産業にまでメスを入れて国を再建するというお話。まるでフィクションの様な話であるが、実際にあった話であるのは驚きである。
    記述の節々から、服部氏の敏腕ぷりが見られ、一人の銀行マンがここまでの知見・判断力・実行力を持っていることに驚きつつあっという間に読むことができた。その敏腕さもさることながら、特高警察や軍隊にも顔が利いており、まるで元々ルワンダの有力者であったかのような立場を築いている点はもはや笑いが出てしまった。

全90件中 1 - 25件を表示

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)に関連する談話室の質問

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)に関連するまとめ

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)の作品紹介

一九六五年、経済的に繁栄する日本からアフリカ中央の一小国ルワンダの中央銀行総裁として着任した著者を待つものは、財政と国際収支の恒常的赤字であった-。本書は物理的条件の不利に屈せず、様々の驚きや発見の連続のなかで、あくまで民情に即した経済改革を遂行した日本人総裁の記録である。今回、九四年のルワンダ動乱をめぐる一文を増補し、著者の業績をその後のアフリカ経済の推移のなかに位置づける。

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)のKindle版

ルワンダ中央銀行総裁日記 (中公新書)の新書

ツイートする