岩倉具視 (中公新書―維新前夜の群像)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大久保利謙
  • 中央公論社 (1990年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121903358

岩倉具視 (中公新書―維新前夜の群像)の感想・レビュー・書評

  • 仕事の資料として拾い読み

  • 1990年刊行。著者は元名古屋大学、立教大学教授で、国立国会図書館客員調査員。

     幕末維新では外せない人物の評伝であるが、新書としては労作の部類に属するのだろう。
     ただ、幕末はかなり充実している一方、明治維新後が不足しており(死去は明治16年で、西郷や大久保よりも後まで存命)、他の書の補充を要するかもしれない。
     特に、岩倉の大久保、西郷、伊藤評や彼らとの関係はもう少し知りたいところではある。

全2件中 1 - 2件を表示

岩倉具視 (中公新書―維新前夜の群像)を本棚に登録しているひと

岩倉具視 (中公新書―維新前夜の群像)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

岩倉具視 (中公新書―維新前夜の群像)を本棚に「積読」で登録しているひと

岩倉具視 (中公新書―維新前夜の群像)はこんな本です

ツイートする