ホモ・ルーデンス (中公文庫)

  • 521人登録
  • 3.82評価
    • (22)
    • (30)
    • (36)
    • (1)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : ホイジンガ
制作 : 高橋 英夫 
  • 中央公論新社 (1973年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122000254

ホモ・ルーデンス (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祭祀、競技、法律、戦争、貴族生活、知識、哲学、詩、音楽、舞踊、スポーツ...から「遊び」要素を抽出した本。ホイジンガの結論は 「人間は遊ぶ存在」

    遊び=闘争or表現
    遊び→表現→文化、詩、芸術、儀式
    遊び→闘争→訴訟、競争、賭け、贈与

    プロ意識を考えさせられる。スポーツなど 遊びを職業とした職業遊戯者には 遊びの精神がない。自然さ、気楽さがなくなる。「文化は 遊びのなかに、遊びとして発達する」のに、「遊びは 真面目になりすぎて」遊びの最高、最善の部分を失っている

    遊び心の本質=冒険、まだはっきりわからない勝利への期待、成り行きの不確かさ、緊張

    遊びの特徴
    *自由。命令される遊びはない
    *日常ではない
    *その場で行われ、その中で終わる
    *遊びは秩序そのもの。固有の規則がある
    *リズムとハーモニーに充されている


    「勝つことが 利益になりえない」

  • 遊びは気晴らしとは似て異なるもの。遊び自身が目的であり日常とは無関係のもの。自由な行動だし、表現や競争や優越感は大事な駆動源。独自のルールや場があるもの。

  • 想像していたよりも深く、難しい内容だった。
    (「遊び」の歴史が主題であると思っていた)

    そもそも生物として人間が持っていた「遊び」の要素が様々な文化を生み出し、「真面目」に属すると思われるものについてもその根幹には「遊び」の要素があったりする…みたいな話なのでしょうか。

    「遊び」に基づくものが自然であり、「真面目」が行き過ぎるとそれらを歪めてしまうものであるというのは今も変わらぬ心理やもしれません。

  • きだみのるは人間をまず「定義できないもの」としたうえで定義したが、こちらもいろいろ葛藤の果てに遊ぶものとして人間を指したと思われる。
    アレア(機会) アゴーン(闘争) ミミックリー(模倣) イリンクス(幻惑)、これらはすべて神のミミックリーであり、魔術の根幹である。
    ロジェ・カイヨワがたたき台として使ったわけだが、本書はまだ面白い。

  •  始めにもう本書の結論が提出されている。つまり文化の根源には遊びがありそれが創造的要因となり文化を形成していった、と。その後のページは言語や法律、競技、戦争、哲学、詩など多くの領域の具体例を援用してその主張を固めっていってるのだけれど、やはりこのスタイルの進め方は「金太郎飴」みたいになってしまい、「どの章を読んでも同じようなことを書いてる」ことになり読み手としては、退屈を強いられる。小熊英二×古市の対談において小熊(&うちのゼミの先生)はこんなことを言っている。

    「著者が自分のなかに予めある見解をそのまま出しましたという本は、好きじゃないんですね。その作品を作る過程で著者自身が変化していったり、化学反応を起こしているものが好きです。そういう化学反応がない人は、何を書いてもみんな同じになってしまう。」

    まぁ論証のスタイルについて文句を言ってもしょうがない面はある。内容に関して興味深かった点が特に一つ、ホイジンガは終章にて遊び要素が現代においては経済生活に導きいれられた、と書いている。この本が書かれたのが38年でこの上述の主張は経済のスポーツ化を指摘しているが、アップルやグーグルのオフィスの映像を思い出したとき、そこにはまさに遊びの空間が展開されていた。もしかしたらこれからの時代、閉塞を打破し時代を切り拓くのは遊びの創造的機能かもしれないのでは…と思う。

  • <閲覧スタッフより>

    --------------------------------------
    所在記号:文庫||209||ホイ
    資料番号:10228316
    --------------------------------------

  • レジャー、趣味と同列の意味として遊びを捉えていたが、違う側面が遊びにはある。作者が遊びの定義として挙げているのは、「緊張、平衡、安定、交代、対照、変化、結合、分離、解決」といったものがある。遊びは何らかのイメージを心の中に想起することから始まり、時間的空間的制約の中で行われる。これを聞いただけでは、はて?という感じだ。

    遊びという時に頭の中に対立するものとして仕事がある。サザエさん症候群といったように、多くの人は仕事はやりたくない嫌なものとしてとらえられがちだ。しかし、仕事を遊びと見方を変えることはできないだろうか。仕事自体はやり方次第でいくらでも工夫ができる。さらに、競争する要素もある。社内でも社外でも生き残りのための競争が繰り広げられる。クリエイティビティも必要だ。仕事は本来遊びの要素をふんだんに含んでいる。では、なぜ仕事は遊びにならないのだろうか。

    中田英寿さんが、自身のサッカー人生について、ずっと遊んでいただけと言っていた。この言葉は結構衝撃的で、あれほどの成果を出してきた人がさらっとこんなことを言っていた。スポーツとビジネスで内容は異なる部分はあるが、考え方、ものの見方は参考になる。仕事を遊びにしてしまえば、人生が楽しくなる。社会に出てからずっと遊んでいられるのだ。スポーツで大事な感覚は、何かができるようになる、上達するということだと思う。中田もあるプレーを想像して、それができるようになるまで反復練習するのだ。素晴らしい創造力あふれるプレーは想像力と反復練習で生まれていた。

    ビジネスマンはこういうことができるようになりたいと想像する機会が少ないのではないかと思う。ただ単純にその機会を持っていない、そういう例が身近にいないということだけである気がする。1日の中で5分間、どんなことができるようになりたいか、想像力を膨らませてみるのもいいかもしれない。それが仕事を向上させる原動力になるのではないだろうか。

  • 2014/05/15購入

  • 面白い。文化の背後に遊びが存在しているという前提で、さまざまな人間活動を読み解く。ただ19世紀以降は、「まじめ」が強くなりすぎたと、ややペシミスティックな評価をしている。1938年という刊行年の時代意識を反映しているのか。ただ次の一節は印象的。
    文化は遊びとして始めるのでもなく、遊びから始まるのでもない。遊びの中に始まるのだ。(p.165)

全29件中 1 - 10件を表示

ホイジンガの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
村上 春樹
キェルケゴール
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ホモ・ルーデンス (中公文庫)に関連するまとめ

ホモ・ルーデンス (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ホモ・ルーデンス (中公文庫)の単行本

ツイートする