アーロン収容所 (中公文庫)

  • 340人登録
  • 3.77評価
    • (30)
    • (29)
    • (51)
    • (1)
    • (1)
  • 42レビュー
著者 : 会田雄次
  • 中央公論社 (1973年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122000469

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
東野 圭吾
村上 春樹
ロバート キヨサ...
東野 圭吾
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

アーロン収容所 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  •  本書は、終戦直後から昭和22年5月までの1年9ヶ月間ビルマにおける英軍捕虜として強制労働に服せられた会田雄次氏の回顧録である。西欧ヨーロッパ、英国がヒューマニズムの源流国であるというのは嘘ではないだろう。しかし、人種偏見がいまなおヨーロッパ社会の底流に確実に存在しているということがわかる貴重な体験記だ。

    本書を読むことでできる疑似体験というのは、実際の捕虜生活の苦しさの数千分の一、あるいは数万分の一かもしれない。それでもなおその過酷さと生き残っていくために要領のよさが求められるという現実は、たいへん生々しいものとして伝わってきた。捕虜生活という非日常では盗みに長けているとか、嘘をついても毅然、平然としていられる大胆さが強力な武器になるというのは皮肉なことだった。こうしてみると、非日常的な世界と日常的な世界で求められる能力というのは、非常に大きな隔たりがあるように思う。つまり能力の発揮、その潜在的な力の発露というのはやはり、時代環境によってことなるので、ほとんど運とか偶然性に左右されるものなのではないかと考えずにはいられなかった。

  • 「夜と霧」「イワンデニーソブィチの1日」など他の収容所ノンフィクションとの違いは、生々しくて 自分が囚人になったように感じること、生命の危機を感じないこと


    最後まで 希望を感じない本だった。西洋人観は なるほど と思う反面 なぜ 捕鯨に 反対するのか 不思議に思った

    日本人、イギリス人、インド人など 国で人を分けるのが、戦争なのだろうと感じた。坂本龍馬のように 国を超えた世界観を持つにはどうすればいいのだろうか

  • 第二次大戦後の捕虜収容所の話。この前読んだ虜人日記も面白かったが、本作も面白かった。この二作は著者の立場は違うが(本作は学徒の一兵卒、後者は軍属のエンジニア)どちらも逞しさを感じられて頼もしい日本人像に憧れるところがある。また、収容する側の違いも(本作は英国、後者はアメリカ)興味深い。日常から軍隊、前線、敗走、捕虜と変化目まぐるしい中にしか見えてこない人間の本質のようなものがそこにはあるのかも知れない。生きるってどういうことなのかを考えさせらる。

  • イタリア・ルネサンス研究を専門とし、日本人論、日本文化論でも多くの著作を残した会田雄次氏が、自らが太平洋戦争直後にビルマ(現ミャンマー)で英軍捕虜として過ごした約2年間の体験を綴ったものである。
    収容所(ラーゲリ)における想像を絶する経験を描いた作品には、フランクルの『夜と霧』、石原吉郎の『望郷と海』、ソルジェニーツィンの『イワン・デニーソヴィチの一日』など少なからぬ著名な作品があり、そこで主に描かれたものは極限状態に置かれた人間の姿である。
    しかし、著者が本書に描いたものはそれらとは異なり、「この経験は異常なものであった。・・・捕虜というものを私たちは多分こんなものだろうと想像することはできる。小説や映画やいろいろの文書によっても、また、日本軍に捕えられたかつての敵国の捕虜を実際に見ることによっても、いろいろ考えることができる。・・・ところが実際に経験したその捕虜生活は、およそ想像とかけちがったものだったのである。・・・私たちだけが知られざる英軍の、イギリス人の正体を垣間見た気がしてならなかったからである。いや、たしかに、見届けたはずだ。それは恐ろしい怪物であった」と語るもので、“収容された日本人”側の姿ではなく、“収容した英国人”側の異常な姿である。
    それは、裸で自分の下着を持ってきて、洗濯をしている日本兵に、「これも洗え」と放り投げる英軍女性兵士であり、うつ伏せで死んでいるビルマ人の顔を靴の先で蹴り上げ、「finish(deadではない)」と気の無さそうにつぶやく英軍軍曹の姿である。
    著者はそこに、英国人の言葉ではごまかせない人種差別・偏見を見てとる。即ち、英軍女性兵士からすれば、植民地人や有色人は「人間」ではなく「家畜」にひとしいものだから、それに対し人間に対するような感覚を持つ必要はないのであり、英軍軍曹からすれば、ビルマ人の死は、一匹のネズミの死と同じであり人間の死ではないのである。
    そして著者は、その経験は、ヨーロッパ(人)というものの特殊な姿を浮かび上がらせ、ヨーロッパ(人)に対する見方を根本的に変えるべきであることを示唆してくれたのだと語る。
    私は外国人とともに仕事をする機会が少なくなく、この類のテーマに安直に結論を出すことを好ましいとは考えないが、最も多様な人種を受け入れてきた米国においてさえ今なお頻繁に表面化する人種差別の実態を見るにつけ、現実の難しさを感じると共に、自らのプリンシプルを確立するためには、本書に描かれたような様々な事実(過去であれ現在であれ)を知った上で、それらを消化する必要があると思うのである。
    (2012年4月了)

  • ビルマでの2年間の捕虜生活体験談。同じ抑留でもソ連とは全く逆の、イングリの狡猾さが良くわかった。グルカ兵やインド兵や濠州兵や地元ビルマ人の観察もおもしろい。しかしなんと言っても、著者も含めた日本兵の様子が新鮮。現代日本のサラリーマン社会とあまり変わらないかも。 
    戦時に活躍する人と平和時に頭角を現す人は異なるという話(昼行燈大石内蔵助)や、抑留中の士官の権威の保ち方なども具体的に書かれていておもしろかった。

  • 筆者の戦後二年間のイギリス軍捕虜生活(在ビルマ)。
    不愉快で屈辱的な扱い(「私たちが英軍兵舎の掃除にノックの必要なぢといわれたときはどういうことかわからず、日本兵はそこまで信頼されているのかとうぬぼれた。ところがそうではないのだ」「ノックされると…(中略)…身支度をしてから答えねばならない。捕虜にそんなことをする必要はないからだ」)を受けながらも、「日本人は、ただ権力者への迎合と物真似と衆愚的行動と器用さだけで生きてゆく運命を持っているのだろうか。」など考えを巡らすなど、筆者の冷静な考察がまとまっている。多人種(英国人、インド人など)との民族性や感覚の違いや、そこから生じる妙なトラブルなど、リアルに描写されている。

  • ずいぶん前から読もう、読もうと思いつつ、難しそうな印象でなかなか手に取れないでいた本です。
    ところが読み出したら、夢中になって読み進めました。

    日本人論続出の導火線となったとありますが、アーロン収容所での経験や、ビルマでの戦時の状況などを説明しつつも、日本人というものを考察し、イギリス人、インド人、ビルマ人の性質についても指摘しています。
    また、本書を執筆した当時の日本に登場していたセンチメンタル・ヒューマニストや進歩主義者についても鋭い指摘をしている箇所があます。
    本書は著者の体験談ですが、それだけにとどまらず、人の性質をよくよく観察し、冷静な目で分析しているのだなと感じました。

  • 日本人論の走りだということだけど、ほんとに面白かった。

    人間や社会や人種、その他もろもろに関する考察は素晴らしい。

    「人間の才能にはいろいろな型があるだろう。その才能を発揮させる条件はまた種々あるのだろう。ところが、現在のわれわれの社会が、発掘し、発揮させる才能は、ごく限られたものにすぎないのではないだろうか。多くの人は、才能があっても、それを発揮できる機会を持ち得ず、才能を埋もれさせたまま死んでゆくのであろう。人間の価値など、その人がその時代に適応的だったかどうかだけにすぎないのではないか。」

  • 第二次世界大戦で軍隊に徴収されてビルマへやってきた著者の会田氏は、ポツダム宣言受諾後、1年9か月にわたってイギリス軍の捕虜収容所で強制労働に従事することになります。本書はその時の体験の記録です。

    強制労働の厳しさと飢えに苦しめられはしたものの、イギリス兵から想像を絶するようなひどいことをされたわけでもなく、リンチ的な仕返しを受けたわけでもないと、会田氏は述べます。それにも関わらず、氏は「英軍さらには英国というものに対する燃えるような激しい反感と憎悪を抱いて帰ってきた」と告白します。民主主義とヒューマニズムの発祥の地とされてきたイギリスですが、そのヒューマニズムの対象にアジア人は含まれないということを、氏はいやというほど思い知らされることになったのです。イギリスの軍人は、まるで家畜に対するかのように、ごく当たり前のように日本人捕虜を使役し、女性たちは一片の恥じらいも見せることもありません。

    そのほかにも、缶詰を巧みに盗み出してイギリス人をあきれさせたことや、インド兵や現地のビルマ人たちとの交流についても触れられていて、たいへんおもしろく読めました。

  • ゴーマニズム宣言戦争論の参考文献であることから、購入。漫画内でかなり強調されていた、白人の捕虜への態度が、サラッと書かれていたギャップが印象に残った。読み手によって、印象が異なる好例ともいえるのではなかろうか(小林よしのり氏にとっては、かなり衝撃的だったのだろう)。私自身も衝撃的ではあったが、さもありなんという捉え。しかし、一個人とはいえ、当時の実体験は貴重な資料である。

  • アーロン収容所での筆者の体験記であった。
    私はこの本から2つ大きなことを学んだ。
    1つ目は日本人のこれからの在り方である。
    戦時中の誇り高き日本人たちのようにプライドを持ち、忌み嫌うイギリス人のような正義感溢れる人になることである。
    2つ目は人の尊厳である。
    今芽を出していない人も、時代が変われば英雄かもしれない。
    そして時代はいつ変わるかわからない。
    故に、そういう人々を蔑んではいけない。
    そういう人々と支え合いながら生きて行く必要がある。
    そして、お互いに、
    我々各々が活躍できるように生きていかなければならない
    と感じた。

  • 非常に客観的で読みやすいが、英国軍人に関する記述はさほど多くなく、サブタイトルからはやや外れているかも。

  • ヨーロッパ社会の底流にある人種主義的偏見がよく理解できる1冊。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    書斎の本棚から百冊(佐藤優選)42
    会田雄次氏が太平洋戦争中、ビルまで英軍のアーロン収容所に捕虜として収容された時の体験記。

  • 敗戦の結果、捕虜となった著者の体験記ではあるものの、
    それ自体が優れた文化・文明記になっていると思いました。

    この本から我々は戦争を理解し、捕虜となった身の心境を理解することは、
    真の意味では難しいでしょう。

    今の日本での生活は豊かになりすぎたことと、
    戦争とは無縁の生活を送ることができているからです。

    戦争を体験せよとは言わないまでも、
    その記録の一つとして読むことで、

    それを追体験することはできるし、
    その価値や意味もあると思います。


    また戦後というタイミング、捕虜という立場、
    外国という環境などの極限状態の下、

    イギリス、インド、ビルマ、日本という登場する
    各国の文化を表すかのような振る舞いを仮想体験することは、

    知識として取り入れることができ、非常に有用だったと感じました。

  • 面白かった!

    イギリス人に対する批評はもとより、マンマネジメントに通じることも、体験談を通して論じてあり、分かりやすい。

    明るいトーンなのもよい。

    大義名分や理想像を掲げられたとき、どう組織人として振る舞うか、どう見識を発揮するか、その勇気はあるか。

  • とある本のなかで、筆者が「イギリス人には憎悪感しか持てない」
    と書いてあったのがきっかけで購入。
    西洋史学者でイギリス嫌いとは珍しいと思ったが、
    こんな経験があるなら納得。

  • 筆者が過ごした、終戦直後から昭和22年5月までの1年9か月までのビルマにおける英軍捕虜生活について書いてあります。初めて読み終わりましたが、どう言い表わせばいいのか…何とも言えません。それぐらいの衝撃です。

  • 個人的には大ホ-ムラン!

    第二次世界大戦後のビルマの捕虜収容所での生活を綴ったエッセイ。収容所内の生活が事細かに生き生きと描かれている一方で、イギリス・インド・ビルマ・日本の文化衝突論にもなっています。好奇心を刺激して視野も広げてくれる作品。

    国際関係学を専攻していた学生時代に読んでおくべきでした。。

  • 捕虜として異文化の中で過ごした手記
    戦時と戦後、アジア人とイギリス人、上士と下士、様々な対比が面白い

  • (過去のまとめから) 既知・断片 欧米等の下士官の識字率 対等以下の関係への恥じらいのなさ(松陰にもあり) 残酷の定義 家畜飼育体験の有無という視点 識字率=教養 ではない 何をよみ、何を教えられたか


    http://chatarow.seesaa.net/article/123746561.html

  • 2011.11.5読了。

    ナマでありながら客観性を失わず、自分自身の心理や状況にもきちんと向き合っている。読めてよかった。

全42件中 1 - 25件を表示

アーロン収容所 (中公文庫)に関連する談話室の質問

アーロン収容所 (中公文庫)に関連するまとめ

アーロン収容所 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする