パンセ (中公文庫)

  • 732人登録
  • 3.56評価
    • (28)
    • (25)
    • (68)
    • (5)
    • (2)
  • 39レビュー
著者 : パスカル
制作 : 前田 陽一  由木 康 
  • 中央公論新社 (1973年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (644ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122000605

パンセ (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キリスト教が絡んでくる社会情勢の中で書かれたものでしょうから,パスカルの真意をよく汲み取れていないかもしれませんが,自分流の解釈をつけながら,記録していきます。


    *****
     哲学をばかにすることこそ,真に哲学することである。(断章4)
    ⇒否定学の精神か。「心理学をばかにすることこそ,真に心理学することである」も成立するのか?

     人を有益にたしなめ,その人にまちがっていることを示してやるには,彼がその物事をどの方面から眺めているかに注意しなければならない。なぜなら,それは通常,その方面からは真なのであるから。そしてそれが真であることを彼に認めてやり,そのかわり,それがそこからは誤っている他の方面を見せてやるのだ。彼はそれで満足する。なぜなら彼は,自分がまちがっていたのではなく,ただすべての方面を見るのを怠っていたのだということを悟るからである。(断章9)
    ⇒物自体は見えない。ある側面からの解釈が全てではないという相対性を配慮しましょう。世界平和のためにも,科学論としても大事な視点だろう。

  • 自分の宗教体験をきっかけに護教論を書こうとしたパスカルの、その草稿メモを集めたもの。全編をとおして含蓄に満ちた、まるで散文詩のような言葉がちりばめられています。感想がとてもまとまりそうにないので、私が衝撃を受けた断章と、それについてのコメントをつらつらと書いてみます。

    断章23「言葉は、ちがった配列をすると、ちがった意味を生じ、意味は、ちがった配列をすると、異なった効果を生じる。」
    私が大学、大学院でやってきた「読み」についての研究内容を、パスカルはたったの1文で表してしまいました。おそるべし。

    断章77「私はデカルトを許せない。・・・彼は、世界を動き出させるために、神に一つ爪弾きをさせないわけにいかなかった。それからさきは、もう神に用はないのだ」
    直感と信仰とを尊び、合理主義を徹底的に批判したパスカルの、デカルトと時代と母国とを同じくしたからこそ抱いた怒りのように、感じられます。

    断章139「・・・彼らには、気ばらしと仕事とを外に求めさす、一つのひそかな本能があり、それは彼らの絶えざる惨めさの意識から生じるのである。・・・」
    人は何もしないと、自身についてただ考え苦悩せずにいられなくなるような、不幸で惨めな存在である、と指摘するパスカル。私たちはなぜ仕事を持たないといけないのか。深く考えさせられます。

    断章262「・・・よい恐れは信仰から起こる。偽りの恐れは疑いから起こる。・・・」
    読んでいると、讃美歌「Amazing Grace」の2番を思い出します。パスカルの心情が2番に近いなら、デカルトのそれは6番「神は永遠に私のもの」に近いのかもしれません。

    断章347「・・・たとい宇宙が彼を押しつぶしても、人間は彼を押しつぶすものより尊いだろう。なぜなら、彼は自分が死ぬことと、宇宙の自分に対する優勢とを知っているからである。・・・」
    「考える葦」で有名な断章の一節。考えて、人間の脆弱さを見つめることこそ、人間の尊厳の源であり、「道徳(=真偽を判断する力)の原理(=根源)」と説く。この謙虚な姿勢には感銘を受けるばかりです。

    断章373「・・・私はここに私の考えを無秩序に、しかもおそらく無計画な混乱ではないように、書き記そうと思う。・・・」
    パスカルはこのメモ書きたちの行く末を予見していたのでしょうか。少なくともこの「ブランシュヴィック版パンセ」は、この言葉通りの本になったのですから。

    断章547「・・・われわれは、それと同時に、われわれの悲惨さを知る。・・・われわれは自分の罪を知ることによってのみ、神を明らかに知ることができる。・・・」
    人間は欲深く高慢で惨めであると、パスカルは本書のなかで嫌というほど繰り返します。恐ろしくも迫力のあるこれらの指摘は、キリスト教徒ではない私をして、暗い奈落のふちに立ったような震えを起こさせました。

    断章678「・・・符号は二重の意味を持つ。・・・まして文字どおりの意味に明白な矛盾が認められるときは、なおさらのことではあるまいか。・・・」
    キリストの出現が旧約聖書の中にひそかに預言されていた、という主張の中の一節ですが、現代の記号論、暗号理論のような鋭い指摘です。

    断章895「人は良心によって悪をするときほど、十全にまた愉快にそれをすることはない。」
    こういうときほど、それを犯した人間の扱いに困るときはないし、こういうことが起こるから、倫理を規定し悪を予防することが難しいのだと思うのです。

    (2008年6月 読了)

  • 「短い言葉が、それを露頭させている深い氷山の下の世界をよくうかがわせるに足る力をもっている」(大岡)

  • 意外とよみやすいですよ^^

  • かなーり昔の本ですか、現代においても通ずるところがたくさん。
    気が向いたときにパラパラめくって目にとまった項を読むだけでもok。

  • 「人生は須らく暇潰しである」シニカルでありながら、人間愛に満ちたパスカルの言葉はどこを取っても琴線に触れる。

  • ちょっと難しいところもあるが、飛ばして読んでもOK。印象に残った点は、・繊細な精神の人は直感で、幾何学的な精神の人は原理に基づいて判断する。・人に話をするときは、その人の身になって見ることが必要。言い回しを自分自身に試してみて、その言い回しがその心にあっているかどうか見なければならない。・人は自然の中の虚無と無限の間の深淵な溝にいる。このことに気付けば、人は怖れを抱き、その自然を僭越な心で探求するのではなく、沈黙のうちにそれを眺めるだろう。 ・信仰とは、理性だけでなく、心情も必要とすることが、彼の宗教に対する考え方であるようだ。神は試そうとしているものには姿を見せず、神を求めるものだけに姿を見せる、などである。 割とありきたりな問題から、パンセの天才的な鋭い洞察まで味わえる。

  • パスカルは若くして亡くなったが、数学、物理学においていくつもの偉業をなした天才と言われる。彼は病に煩わされながらもこの本の原稿を執筆するが、彼の生きているうちには完成しなった。彼は多くのメモや原稿を残すが、それはほかの人々の手によて纏め上げられたものが「パンセ」である。この本は、パンセの残した断片的な一言メモなども含まれているので、意味がわからない部分も多かった。しかし、飛ばし読みしても問題ないのがこの本の強みである、と訳者も記しているように、分厚い割に早く読めるし、読むのが苦になりにくい。
     私が、特に印象に残った点は、・繊細な精神の人は直感で、幾何学的な精神の人は原理に基づいて判断する。
    ・人に話をするときは、その人の身になって見ることが必要。言い回しを自分自身に試してみて、その言い回しがその心にあっているかどうか見なければならない。
    ・人は自然の中の虚無と無限の間の深淵な溝にいる。このことに気付けば、人は怖れを抱き、その自然を僭越な心で探求するのではなく、沈黙のうちにそれを眺めるだろう。
     ・信仰とは、理性だけでなく、心情も必要とすることが、彼の宗教に対する考え方であるようだ。神は試そうとしているものには姿を見せず、神を求めるものだけに姿を見せる。
     などの点である。この本は拾い読みするような気持ちで重要なところを自分で見つけてじっくり読むのが言いと思う。
    ・人間の真の善とは神である。
    1、2、4、8章読。後はキリスト教をもう少し知ってから。

  • 1990年 読了

  • 最高。人間の不確かさや永遠と無限に関するパスカルの洞察には痺れる。

全39件中 1 - 10件を表示

パスカルの作品

パンセ (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする