男と女の子 (中公文庫 A 29)

  • 22人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 吉行淳之介
  • 中央公論新社 (1974年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122000988

男と女の子 (中公文庫 A 29)の感想・レビュー・書評

  • 「男と女の子、決闘、水の畔り」収録

  • 表題作で、一番気になったのは、少女がTVCMで歌うようになったのを岐部と赤堀がブラウン管を通して批評する場面です。あれはTVに出てる少女だけでなく世の女の子すべてに対する批評のように聞こえ、読むのがつらかったです(当てはまることがあるから…)。でも、その時の岐部の「もしも、ハイドだとしても、ハイドの分は僕が引き受ける」という言葉には、ちょっと悩まされてしまいました。吉行淳之介は初めて読んだんですけど(国文学を学んでいるにもかかわらず…)、割と馬が合いそうです。大学時代お世話になりたいなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

男と女の子 (中公文庫 A 29)はこんな本です

男と女の子 (中公文庫 A 29)の文庫

ツイートする