日本の歴史 (21) 近代国家の出発 (中公文庫)

  • 12人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 色川大吉
  • 中央公論社 (1984年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (508ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122001305

日本の歴史 (21) 近代国家の出発 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1974年刊行。著者は東京経済大学教授。市民と権力側の対立構造・闘争。これ自体は歴史構成の一面であるが、必要不可欠な視座でもある。本書の叙述は、西南戦争後から日清戦争開始までだが、その中でも、自由民権運動、明治14年政変後の自由党弾圧、秩父事件に多くの頁を割いている。のみならず、北海道開拓における民衆の役割・苦闘にも触れており、これが特徴的。些か、共産主義的用語を多用する点や民衆闘争の感傷的ないし過大評価は散見されるが、引用も多く、昨今の通史書では触れられない事実を指摘。なお、佐々木高行日記の引用が多い。
    余り聞いたことがなかったが、本書で触れる北海道開拓による未回収・放置遺骨も、硫黄島や南方諸島等の戦時中のそれと同じ価値を持つと思いたいところ。彼らも精一杯、国難に立ち向かったのであるから…。

全1件中 1 - 1件を表示

日本の歴史 (21) 近代国家の出発 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本の歴史 (21) 近代国家の出発 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本の歴史 (21) 近代国家の出発 (中公文庫)の単行本

ツイートする