世界の歴史 (4) 唐とインド (中公文庫)

  • 28人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 塚本 善隆 
  • 中央公論新社 (1974年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122001695

世界の歴史 (4) 唐とインド (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1~3巻に比べると圧倒的に読みにくい&つまらない。著者は魏晋南北朝時代を理解するには仏教の知識が不可欠だというが、こんな立派な寺が建ったとかどうでもいい話が多すぎて読み進めるのが辛かった。

  • (1993.04.03読了)(1993.03.02購入)
    *解説目録より*
    隋唐の成立は、東アジアに世界的国家が出現したことを意味する。この間七百年の歴史を、仏教文化・ヨーロッパ文化との交流の中に明らかにする。

    ☆世界の歴史・中央公論社(既読)
    「世界の歴史(1) 古代文明の発見」貝塚茂樹著、中公文庫、1974.11.10
    「世界の歴史(2) ギリシアとローマ」村川堅太郎著、中公文庫、1974.11.10

全2件中 1 - 2件を表示

世界の歴史 (4) 唐とインド (中公文庫)はこんな本です

世界の歴史 (4) 唐とインド (中公文庫)の単行本

世界の歴史 (4) 唐とインド (中公文庫)の単行本

ツイートする