日本との出会い (中公文庫)

  • 41人登録
  • 3.85評価
    • (2)
    • (8)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 篠田 一士 
  • 中央公論新社 (1975年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122002241

日本との出会い (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 1975年6月初版発行、2002年11月15刷発行 今となってはとても信じられないが、平和の擁護者としてかくも有名になったラッセル卿が、当時はソ連に即刻原子爆弾を落とした方がいいという意見に賛成だった 

  • 大戦前後の欧米における日本語学習事情や、キーン氏来日後知己を得た文豪との関係などが興味深かった。知的な教養人だけど、日本(文学や文化など)への思いは熱く、時にはやや感傷的だったりする。

  • ドナルド・キーンが師の角田柳作について書いた「ニューヨークの一人の日本人」がいい。驚くべきはキーン氏の勉強家ぶりで、その彼が「先生は私の知っている人で、一番の勉強家であるに違いない」と言うのだから二度驚く。博識の角田は大学の歴史にも詳しかったらしい。

全4件中 1 - 4件を表示

日本との出会い (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本との出会い (中公文庫)はこんな本です

日本との出会い (中公文庫)の単行本

ツイートする