新選組物語―新選組三部作 (中公文庫)

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 子母澤寛
  • 中央公論新社 (1977年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122004405

新選組物語―新選組三部作 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 創作もあるみたいだが、後に続く作品から考えると紺作こそが新撰組の原点!
    土方が普通に嫌な奴にしか見えませんし、吉村貫一郎なども立派さの欠片も見えませんがそれが良し!

  • 新選組と言えば子母澤寛、遂に読みました(と言っても三部作とは露知らず、恥ずかしながら)。
    この作家の仕事は今に続く新選組物語の確かな礎の一つ、その意味で今読めば当たり前のことが書かれている。
    それにしても新選組が少々異彩を放っているとすれば、生き残った普通の人の語りが残っていることによるか。やはりこの作家の仕事には感謝が必要かと思われ。

  • 沖田総司の、芹沢鴨の、山南敬介の、吉村寛一郎の、ほか隊士たちの最期が綴られて始まる。隊のイケ面五人衆の話も興味深く、彼らもまた各々に哀しい最期を迎える。そして、やはり近藤勇が逝く描写は出色に栄える。それにしても、今生の別ればかりがこうも連なるとせつない。幾多の新選組小説の引用史料となった三部作を読み終え、また新たな思いで幕末維新作品に触れていきたい。(表紙は違います)

全3件中 1 - 3件を表示

新選組物語―新選組三部作 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする