現代人は愛しうるか―黙示録論 (中公文庫 ロ 3-1)

  • 28人登録
  • 3.22評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : D.H.ロレンス
制作 : 福田 恆存 
  • 中央公論新社 (1982年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122009356

現代人は愛しうるか―黙示録論 (中公文庫 ロ 3-1)の感想・レビュー・書評

  • 名著。名著なのだが、聖書のことを知らないと半分も(いや5分の1も)理解できない。つまり、ほとんど理解できなかったと云える。

    それでも最終章の批評はずば抜けたものだ。

    〈クリスト教徒はついに愛しえない。愛はクリスト者的なるもの、民主主義者、近代的なものを、要するに個人を殺してしまう。個人は愛することができない。個人がひとたび愛するならば、もはや彼は純粋な個人ではなくなってしまう。そこで彼はふたたび自己をとりもどし、かくして愛することをやめねばならないのだ〉

  • なぜ、D.H.ロレンスがこのような本を書いたのか、しかも死の床で。

全2件中 1 - 2件を表示

現代人は愛しうるか―黙示録論 (中公文庫 ロ 3-1)はこんな本です

ツイートする