ものぐさ精神分析 (中公文庫 M 181)

  • 64人登録
  • 3.45評価
    • (2)
    • (5)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岸田秀
  • 中央公論新社 (1982年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (339ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122009363

ものぐさ精神分析 (中公文庫 M 181)の感想・レビュー・書評

  • 心理学の下地が全くなかったので、ところどころ理解が難しい部分もあったが、概ね興味深く読んだ。その独特の考察には唸らせられるものがある。時間をおいてまた読みたい。

  • フロイト原理主義といえばジャック・ラカンだけれど、とても読めたしろものじゃない。その点本邦には明解痛快な先生がいるから愉快である。
    人間は自然を支配するために文化をつくったが、こんどはその文化の規制におしつぶされて神経症になるというのがフロイトだが、岸田理論は個人のもつ私的幻想のうち他者と共有できない部分がエスのなかに蠢き発症するという。
    これに基づいて、歴史、人間、社会のすべてが説明される。あまりにわかりやすくて怖いほどである。
    岸田は臨床家ではない。逆に患者である。思索家であり著述家である。それを踏まえて気をつけて読まないとおぼれてしまうかもしれない。

全4件中 1 - 4件を表示

ものぐさ精神分析 (中公文庫 M 181)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ものぐさ精神分析 (中公文庫 M 181)はこんな本です

ものぐさ精神分析 (中公文庫 M 181)のオンデマンド (ペーパーバック)

ものぐさ精神分析 (中公文庫 M 181)の単行本

ものぐさ精神分析 (中公文庫 M 181)のKindle版

ツイートする