嵐の中の北欧―抵抗か中立か服従か (中公文庫)

  • 18人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 武田竜夫
  • 中央公論社 (1985年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122012127

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

嵐の中の北欧―抵抗か中立か服従か (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 第二次大戦中、中立を切望しながらも、列強の思惑に翻弄される北欧の小国の苦闘とても良かった!お薦めです

  • 第二次大戦でノルウェーが学んだ教訓は、大国は小国の中立など少しも尊敬しなかったということ。まして、そこに戦略的地位と、交戦国に死活の利益をもつ経済活動が関係して来る場合はなおさら。

    俗に言うフィンランド化は、国民の英雄的な抗戦があってはじめて勝ち得られた。力無くては何も得られないのが国際政治の現実。

    スウェーデンがドイツの要求に抵抗出来るようになったのは、3年間の死に物狂いの軍備拡張の結果である。戦後もその軍事力を縮小せず、かえって全土を要塞化する重装備の針ねずみ国家を作り上げた。

    デンマークは、たった4時間でドイツに占領された。デンマークは1920年代から血縁の隣国よりも国際連盟にすべての希望と期待をかけ、その過大な期待のため自国の防衛態勢には殆ど無関心のままであった。

    中立維持がいかに難しいか。

  • すごく古い本だけど、北欧の歴史は知らないことが多いので、とても興味深く読んだ。

全3件中 1 - 3件を表示

嵐の中の北欧―抵抗か中立か服従か (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

嵐の中の北欧―抵抗か中立か服従か (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

嵐の中の北欧―抵抗か中立か服従か (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする