自殺論 (中公文庫)

  • 824人登録
  • 3.42評価
    • (32)
    • (38)
    • (128)
    • (7)
    • (4)
  • 61レビュー
制作 : 宮島 喬 
  • 中央公論社 (1985年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (568ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122012561

自殺論 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 社会学の古典的名著だそうで

    そう言われる所以はわからなくもないけど、あくまで社会学の第一歩という意味で。他人の理論をばさばさ切り捨てるところまではいいけど、自分の主張は中途半端な例示に留まっている印象。

    当然だけど内容が古い。良くも悪くも昔の人だなあという感じ

  • マッチョな本です。自殺する気がなくなります。そういう意味でいい本ですし、著者の「若い」信念が相当強いのを感じます。もっと年老いてから書かれた本を次は読んでみたい!

  • 自殺をはじめて学問的に扱った人。

  • 世界の名著にはいってる

  • とても難しかったのでもう一度読み直します

  • 今月の1冊目。今年の8冊目。

    大分前に買った本をやっとこのGWで読み終わった。自殺のカテゴライズを統計資料を用いて力強く論証したもの。しかし、長い。そしてところどころ分からない箇所もありました。正直もう1度読む気力はないですね。まあ、大体の内容が分かっただけでもいいと思いました。社会学の古典。

  • 19世紀末に著された論考なので、現代の“自殺論”を踏まえて読むと、誤りや古い考えが散見される。前時代の古い学説という前提で読むべし。

    とはいえ自殺を個人の病理でなく、社会の構造の面から捉えようと試みた研究は当時は画期的、新鮮だったはず。社会学の面白さを味わえる。
    全体的に冗長な記述が続いて退屈である。だが“自殺の文明史”として読める部分もあり、そこだけは少々興味深く読めた。古代から中世にかけて自殺者や遺族に罰則が課せられていた史実や、近代欧州の自殺の傾向、例えば軍隊で自殺が多かったこと(そしてその理由の考察)等が記述されていて興味深い。

  • オフィス樋口Booksの記事と重複しています。記事のアドレスは次の通りです。
    http://books-officehiguchi.com/archives/4222959.html

    「自爆テロとの接点があると考えられたので、この本を読むことにした。自爆テロとの接点として、自爆テロを英語で"suicide terrorism"か"suicide attack"と表記することがあり、"suicide"の部分があげられる。今回読んだのも"suicide"の部分に注目した。今回読んだ限り、デュルケームの自殺論と自爆テロとの接点を見つけることができなかったが、今後論文やレポートなどで引用されている箇所があれば再度読み直したい。 」

  •  自殺が社会的環境によって促されるものであるとし、その社会的要因を分析した1冊。サブタイトルに「社会学研究」とある通り、社会学的分析を徹底的に追及した古典でした。

     宗教、家族、政治などの社会的統合の強さに反比例して自殺は増減する、社会が無統制になった「アノミー」の状態が自殺の一因となる、など現代の日本においても十分に通用しうる結論が導き出されています。

     日本に目を向ければ、他国より高い自殺率や、若年層の死因1位が自殺であるという事実、それにあまりにも高い中高年男性の自殺など、社会が抱える問題はたくさんあります。

     社会的統合を強める、すなわち昔のような強い地縁によって結びついたムラ社会の復活ということもあるのでしょうか。功罪ありそうです。

  • 社会の構造が自殺を生んでいることを、多くの資料をもとに解説した、興味深い作品。

全61件中 1 - 10件を表示

デュルケームの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
キェルケゴール
宮部 みゆき
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

自殺論 (中公文庫)に関連する談話室の質問

自殺論 (中公文庫)に関連するまとめ

ツイートする