西アジア遊記 (中公文庫)

  • 25人登録
  • 3.57評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 宮崎市定
  • 中央公論社 (1986年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122012974

西アジア遊記 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1986年刊行(第一部底本1944年刊行。二部は同じか?)。
    著者は京都大学名誉教授。


     いわゆる中東・北アフリカ諸国の多くが未だ欧州諸国の植民地・委任統治下にあった1930年代。
     若き東洋史家であった著者は、西洋史(ヨーロッパ史)と東洋史(中国、東アジア史)の狭間にあった中東・西アジア諸国を廻った。そこで見出したのが、中東・西アジア諸国は、西洋と東洋との結節点として、世界史的意義を有していること。
     この旅を紀行文風にまとめたのが第一部である。
     また、第二部は簡明な中東史である。

     本書の刊行時とは異なり、著者が歴訪した1930年代と言えば、イスラエルは建国する前。また、エジプトは実質的には未独立であり、さらに委任統治下の国も多く、英仏の支配が色濃く残る。そんな時代である。

     一方の日本に眼を向けてみよう。1930年代の日本は、いわゆる15年戦争期にあたっており、欧州(特に英仏)への冷やかな目線が感じられるあたりは、本書の時代相であろう。
     そのためだろうか、流浪のユダヤ民族への共感、強かに生きるアラブへの感嘆(がめつさに辟易しているところもあるが)も随所に感じ取れそうである。

     そして、時代から取り残された、かつての交易中心地であるシリア。
     ここに視点を合わせるあたりが唯の紀行文ではない歴史家としての目を感じさせる所以だ。

     とはいうものの、第二部は、今読むと、さほど突飛でも、特殊でもない西アジア史の素描でしかないとは思う。やはり第一部が肝であろうか。

  • <a href="http://www.bk1.co.jp/product/00403832"><B>西アジア遊記</B></a><br>(中公文庫)<br> 1986.2<br><br><br>ご多分にもれず品切・絶版。<br>中国史研究者として有名な宮崎先生が、昭和12年(1937年)<br>トルコ〜シリア〜レバノン〜イラク〜パレスチナ〜エジプトを旅した記録。<br><br>第二部は「西アジア史の展望」と銘打って<br>より高い視点から西アジアの歴史を通史的に述べています。<br><br>古いものなので、文章も読みにくいかも…{04.11.30}

全2件中 1 - 2件を表示

宮崎市定の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする