三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)

  • 137人登録
  • 3.40評価
    • (6)
    • (7)
    • (25)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 渋澤龍彦
  • 中央公論社 (1986年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122013773

三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 三島由紀夫をめぐる断章/三島由紀夫覚書/三島由紀夫の手紙/琥珀の虫/三島由紀夫とデカダンス/三島由紀夫氏を悼む/絶対を垣間見んとして…/『天人五衰』書評/輪廻と転生のロマン/『音楽』解説/セバスティアン・コンプレックスについて/サド侯爵の真の顔/『サド侯爵夫人』の思い出/女だけの女の芝居/サドと三島文学/フランス版『サド侯爵夫人』について/惑星の運行のように/『美の襲撃』書評/サロメの時代/ユルスナール『三島あるいは空虚のヴィジョン』あとがき/対談:鏡花の魅力(三島&澁澤)/対談:タルホの世界(三島&澁澤)/対談:三島由紀夫(澁澤&出口)

  • この二人めっちゃ好きです。
    本を通して二人の会話など見れたのは非常に新鮮でよかった。
    改めて三島由紀夫を尊敬している人は当時では非常に多かったのだろうと思う。
    二人の会話で泉鏡花の本を非常に読んでみたくなった。

  • 8/15 読了。
    ミシマ先輩とシブサワくん。「たまにはかういふ甘えもゆるして下さい」って。この二人の距離感が好き。

  • 澁澤の筆を通して描かれる三島の姿が、とても新鮮だった。サービス精神に富んだ人物だというのは意外だ。
    また、三島の作品評や、「天人五衰」についての創作ノート、また生前の三島との対談等が収められているのも嬉しい。
    「作家論」ではなく、本人を知っている人間が綴るエピソードは面白い。勿論、澁澤龍彦の文章の巧みさによる部分も大きいのだろうが。

  • 三島由紀夫と生前個人的に友好があり、文学においても互いを尊敬しあう仲である筆者が語る三島由紀夫と三島文学。

    生前のエピソードとか、もう、たまらんです

    三島由紀夫が盾の会を設立したり、自衛隊に入隊したときに、筆者は
    「いつの間にか貴兄もずいぶん遠いところへ行ってしまわれたような気がします」
    と手紙を送ったそうです。
    それに対する三島氏の返事は以下の通りなのですが

    「いろいろ近作にお目とほしいただいてゐて恐縮ですが、その感想によりますと、澁澤熟から破門された感あり、寂寥なきをえません。小生がこのごろ一心に『鋼鉄のやさしさ』とでもいふべきtendernessを追及してゐるのがわかつていただけないかなあ?」

     なんか、三島氏の文学に似ず、ものすごく感傷的で人間くさい文章だなあってほろりとしちゃいました。

  • ん〜〜〜!実に残念!!表装…カバー写真がないですね…。<br>これは非情に貴重?は【デ・ラランデ邸】の在りし日の姿なのに…。この洋館は旧三島食品(のちのカルピス)の建物で、三島の【鏡子の家】のモデルになった歴史的建造物。<br>しかし…私のお気に入りの書物…表装画像がないものが本当に…多いなあ。

  • 三島氏と澁澤氏の取り合わせが凄い。

全9件中 1 - 9件を表示

三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

三島由紀夫おぼえがき (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする