ボルジア家―悪徳と策謀の一族 (中公文庫)

  • 51人登録
  • 3.73評価
    • (3)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 海保 真夫 
  • 中央公論社 (1987年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122014398

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
I. モンタネッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ボルジア家―悪徳と策謀の一族 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 古本で購入。

    「ボルジア家」と言えば中世イタリアに黒々と足跡を残した悪の一族―
    毒薬カンタレラによる暗殺、神をも恐れぬ暴虐、付きまとう近親相姦の噂…スキャンダラスな話題として取り上げられること、昔も今も変わらない。

    しかし本書はそういうゴシップ趣味的なものではなく、歴史上におけるボルジア家の位置付けを試みようという“真っ当な”本だ。
    「悪徳と策謀の一族」なんて刺激的な副題が付いてるが、巻末にある原題を見る限り、これはどうも中公文庫の編集者が“やらかした”のではないか。

    原書が30年前のものなので史料的な制約などがあるかもしれないが、おもしろい。翻訳もだいぶスッキリしていて読みやすいのもいい。
    まぁ人物名の覚えられなさはこちらの責任と言えようか…

    評価したいのは、ボルジア家前史とも言うべきアロンソ・デ・ボルハから書き起こしているところだ。
    スペインの土着郷士で僧侶だったアロンソが王の側近となり、ついにはローマ教皇カリストゥス3世となってローマの地に勢力を扶植していく。
    その甥にしてボルジア家の絶頂を築いたロドリーゴ・ボルジア(後の教皇アレッサンドロ6世)、そして彼の子、ボルジアを象徴する人物チェーザレに至りボルジア家興亡史はクライマックスを迎える。

    ロドリーゴとチェーザレ父子による教皇領の支配は短期間で崩壊したものの、著者はそれを
    「きわめて興味深い政治的実験であって、歴史的影響も大きかった」
    と評価する。混沌の極みにあった中世イタリアを、次の段階へと推し進めるきっかけをつくったのが、ボルジア家と言えるだろうか。

    それにしても当時のパワーバランスやそこに渦巻く謀略、日常茶飯事の裏切りに殺人など、イタリア全土をあげて「悪徳と策謀」と言っていい。
    この時代背景を知った上でボルジア家のなしたことを見てみれば、殊更に糾弾されるのは理不尽というものだ。

    惣領冬美『チェーザレ』(講談社)のつながりから読んでみたわけだが、この時代のイタリアはかなりおもしろい。
    このあたりにも手を広げて読んでみようか…

全2件中 1 - 2件を表示

ボルジア家―悪徳と策謀の一族 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする