ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)

  • 39人登録
  • 3.62評価
    • (3)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 西野 薫 
  • 中央公論社 (1989年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122016484

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
三浦 しをん
J・モーティマー...
ロバート キヨサ...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今までとは自分の中で何かが変わった、など徹底的に「父親になった自分」を客観的に描写していて面白い。さすがグリーン。

  • 子供が生まれてから毎日記された父親日記。将来書いてみたいかも。

  • ●新米パパの1年ダイアリー

    本書、ボブさんの娘・アマンダちゃんは我が息子と
    ほぼほぼ同じ季節に生まれているってことで、親近感持って、
    セミリアルタイムで読み進めた。

    娘との第三種接近遭遇から、おそるおそるコミュニケート。
    そしてだんだん親密になっていく様が微笑ましい。
    (まあ、ボブさんファミリーのその後を思えば、微笑ましうて、やがて哀しき……という結論になるわけだが)

    親子が寝るのは別室(うちは川の字)というアメリカ流育児(スポック博士流?)スタイルには、やはり異文化を感じさせられる。
    全編にわたって、アマンダをお風呂に入れる描写は(たぶん)見あたらないのも興味深い。日本の育児ものでは重要なポジションを占めるからなあ、風呂入れって。

  • 泣く子も黙る名エッセイストのフレッシュマンとしての父親日記。
    しかしもちろん彼の赤ん坊は黙ってはいない!
    娘アマンダ・スー・グリーンが生まれたその日から、
    彼の生活は一変,太陽となったちいさなちいさなアマンダを中心に
    めぐりはじめる。 赤ん坊アマンダは決して忘れられることのない
    美しさと脅威に満ちている。
    未知なる世界への冒険日記である、ともいえる。

全5件中 1 - 5件を表示

ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)に関連する談話室の質問

ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)の作品紹介

泣きじゃくる赤ん坊にオロオロし、初めての笑いに感動する僕-結婚11年目にして初めて子供を持った名コラムニストが、日々の驚きや発見を通して、社会や家族への目が開かれていく様子を綴った、1年間の感動の記録。

ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)はこんな本です

ボブ・グリーンの父親日記 (中公文庫)の単行本

ツイートする