遅れた時計 (中公文庫)

  • 35人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 吉村昭
  • 中央公論社 (1990年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122016767

遅れた時計 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最初に収録されている「水の音」という作品
    仲間と主人公が深夜に漏水探知の仕事をしている場面がかっこいい
    自分はアホなので、少しでも専門的な描写が出てくると必要以上に身構えてしまうところがあるのだが、本編に描かれる主人公の仕事ぶりには、まるで「ゴーストバスターズ」や「必殺仕事人」を見ているような鮮やかさがあり、その専門性がすごく尊いものに感じられた
    それはやはり綿密な取材と確かな筆致に支えられてこそだとおもうので(もちろん読んでる最中は取材の跡など微塵も感じられない)、吉村昭さんってすごいなと改めて思った

  • 色々な人生。
    普段何気なく通り過ぎる人たちが背負う何かを、知ることはないけれど、こうした本を読むことで、私の知らない領域を想像することができるようになる。実体験には追い付かないけれど、想像力には限界がある以上、知ることは悪いことではないはずだ。

全3件中 1 - 3件を表示

遅れた時計 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

遅れた時計 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする