夏の朝の成層圏 (中公文庫)

  • 484人登録
  • 3.85評価
    • (53)
    • (75)
    • (80)
    • (1)
    • (1)
  • 46レビュー
著者 : 池澤夏樹
  • 中央公論社 (1990年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122017122

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

夏の朝の成層圏 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 大好きな大好きな池澤夏樹の処女作。南の島、自然と文明、個と全体、理系的な要素と紛れも無い文学性に溢れた文章、彼の作品を彩るエッセンスが剥き出しにぎゅっと詰まってる。その後の小説においてこれらの要素は洗練され、発展していくわけですが、ああここが原点だったんだなあ、って思ってしまって感慨深い。一文一文が染み渡るように、大事に読みました。わたしにとってたいせつな問題を捉えているのも、その問題に対するアプローチ方法も、物語に落とし込むスキルとそれを彩る文章の芸術性も、ぜんぶもっているのはけっきょくのところ、純文学なのかなあ、わかんないけど、池澤夏樹の文学がわたしは本当に好きです。個人として生きていくことを突き詰めて、突き詰めてしまうと、全体性に繋がっていく、そういうのを超えてどこへ行くのかなあっていうのをわたしはけっこう池澤夏樹に求めている気がする。うつくしい文章、澄み渡る空気、感覚的なものも含めて、ああすきだなあ、

  • すごいすごい、素晴らしい。

    無人島に漂着して、生命を維持することが目的の生活を送る。
    その愉悦と現実に戻らないことへの背徳感。

    想像力で人はここまでのものが書けるんだなあ。
    本当にこの作家さんは素晴らしい。
    世界と人間を手のひらにのせて、見せてくれる。

  • 南の島に漂着した男の不思議な物語。刺激的な描写や、唸るような台詞があるわけではないけれど、全体として捉えた時に、淡く滲むように世界が広がる。

    【いちぶん】
    一時期ぼくの中にあった変身の願望、自然のすぐ近くで単純明快な生活者になるという願望は成就せず、ぼくは何歩も後退して、こんな形で島を出ていく。だが、それもいいだろう。長い目で見るならばぼくは、いつになろうとも、どこで何をしていようとも、この島の刻印を残しているだろうから。

  • ・そうすると、運命の細い隙間を抜けるようにしてここへ来た以上、連れてこられた以上、僕の救出計画にこの島が指定してあったわけだから、この場所にはなにかとても重大な意味があるように思われてくる。漂着という大きな運命の重さに釣り合うだけdのものを僕はここでみつけなくてはいけないように思う。
     考えてみるとぼくは昔から『あそこ』的な人間だった。つまり、今『ここ』で自分がやっていることはすべて仮のものであって、いずれ自分は『ここ』ではないところへ行って、そこで本当の生活をはじめるだろう、心の底ではいつもそう思っていた。彼岸を仮定することによって此岸の生活を真剣に見ることを回避してきた。つまり・・・・・


    ・「時々ぼくは宇宙を裏返して考える」と彼は続けた。「つまりぼくのお腹の真中、それこそ内臓の中心を宇宙の中心として、全体をひっくりかえすんだ。そうすると、この世界はぼくの皮膚によってくるまれた球状の空間で、皮膚は無論内側が表になる。きみもこの島も太平洋も地球も太陽系も、最遠点まで含めた宇宙全体がこの球状の空間に入っている。遠い宇宙の果はこの球の中心になる。きみは、ミランダ、ぼくに一番近いから、この球の内側に寝そべっているんだ。だからきみの肌はぼくに触れている。そしてこの皮膚の外側は無限遠点までずっとぼくの内臓によって埋めつくされている。ぼくの内臓がきみたち全部を虚無から護り、宇宙の秩序を維持している。すべてのものはしかるべき位置にある。だから、きみはこのまま安心して眠っていいんだよ」

  • 十年振りくらいに読んだ。はじめて読んだのは1987年。刷り込まれている。

  • 無人島漂流。

    日々生きる為だけに活動する、生のシンプルさに惹かれた。生きることに必要なものはほんの僅かである。

    なのになぜ都市へ人は群がるのだろうか。

  • 文体も情景もすごく爽やか。スティルライフよりも爽やか。ライトなんだけれど南国気分に没入できる。リラックスしたいときのBGM的に是非。

  • ここではないどこかへたどり着いた彼。
    つむぐ物語は無人島でなんとか生をつなごうとするところから、いずれ戻らなければならないところへたどりつくまでの休暇。

    あとがきの池澤夏樹は「境界を描く作家」というのが心に残りました。

  • あらすじは、「彼」が遭難して、無人島で暮らす。以上。その生活を見事な文章で綴りあげています。情景描写と心境語りのバランスが非常に良くて、するする入ってきて、共感を生みます。
    そして何より、詩的です。この作品を読んだことによって、ピタゴラスイッチ的に伊坂幸太郎の「重力ピエロ」の評価が下がりました。「重力ピエロ」は筋書きは面白くないけど、時々びっくりするほど詩的なことを言い出す、それが唯一良いところだと思ってました。しかし、「夏の朝の成層圏」を隣に置いたら陳腐に見えます。「重力ピエロ」は、台詞に詩を仕込んでくるので非常に違和感があったのですが、こちらの作品がそこのバランスがとてもいい(無人島なのでそもそも台詞がない)。
    非常に感動しました。美しい小説です。買います。

  • この人の作品はこれで3冊目。
    こちらは、池澤夏樹の最初の長編小説です。

    文学に対する誠実さとストイックさを感じます

    次の展開を楽しみにして読み進めるのではなく、
    一文々々を感じながら読む本です。
    読み手に集中力が要求されるので、少々疲れます。

    でも、この人の作品は、
    自分を不思議な世界に引き込んでくれるので、
    読んでる間は幸せな感じがします。

    最後の方は少し展開があるので、一気に読んでしまいました。

    時間かかったけど、読んでよかった。
    おすすめです。

  • 夏なので。さわやかな島の感はあった。

  • 「ここではないどこか」の話。
    「ここ」にいて、コーヒーを飲みながら心だけは「ここではないどこか」へ。

    (ネタバレかな?以下、物語の終盤に出てくる言葉を引用します。)



    最初は自然礼賛、文明批判の単純な話かな、そうだったらがっかりだな、と思って読んでいたけど、そうではなかった。
    主人公である「彼」自身が「センチメンタル」というように、
    また対話相手のマイロンが「高貴なる野蛮人。つまらぬ罠さ。」というように、
    ロマンチシズムを自覚しながらも、言葉にできない何かを捉えようとする「彼」。
    そして物語を綴り終わったと同時に「長い休暇は終わった」。
    無人島への漂流を書きながら、どこまでも透明感のある観念的で美しい世界を感じます。

    独身時代に購入して、10年近く積んであった本なんだけれど、買った当時に読んでおけばよかったな。
    今家庭を持ち、「ここ」で地に足をつけた生活を何より守りたいと思っている私には「ここではないどこか」の遠く美しい話で終わってしまった。

    それとも家庭は関係ないんだろうか。バブルも遠くなり、堅実を求める世の中の空気なんだろうか。

    でも、読んでいる間「彼」のように実際に無人島に行かなくても心だけは「長い休暇」に出ることが出来ました。

  • 初めて池澤夏樹を読んだのはこれだったな。大学生の頃だったはずだから,もう20年以上昔の話…。

  • 素晴らしい。哲学的であり、詩のようにも美しい小説。特にヤシが島で暮らし続けてマイロンと対話しながら深い自問自答を繰り返し、最後には「書く」ことに辿り着く過程は感銘を受けた。海外にいるときに読んだので色々と自らの体験に重ね合わせられることも多かった。

  • 読み終わってちょっと時間が経った今となっては、これは恋の物語だったんだじゃないかと思う。

  • 池澤夏樹さんのデビュー作。
    無人島に漂流した主人公と自然との関わりを描いたもの。
    最初は苦労しながらも何とか生き抜いていた。
    そんな矢先、他の人が訪れたことで元の世界に戻れる機会を得る。
    しかし、彼は帰還することなくあえて自給自足を続けた。それは何故か。

    そうさせる力や欲求というのは簡単に説明することのできないものだ。しかし、最後には主人公はその生活で学んだことを表現しようと決意する。それは可能なのかどうか。
    池澤さんは感覚と思考、この二つを両立させようと試みているように感じる。また、目に見えないもの、形を成さないものに対しても敬意を払っている。その大切さを感じているからだと思う。

  • 独特な空気感と理屈が南の島という舞台に融合していて気持ち良く読めた気がした。
    どっちが本当の世界なのか、どこからが日常なのか、境界線がないようであるものの、それも曖昧。
    そんな感じが心地良い。

  • 池澤夏樹のなかでも最もすきな本。
    皮膚に迫ってくるようなリアルな自然。夢中であっと言う間に読み終えました。

  • 抑制されたリズムの中に一言一言が重みを持っています。空気の薄いところで自分の現実に出会ったらこんなように際立って感じるのかな。無人島漂着した主人公、と設定やストーリーは物語世界のものですが、表現された肌感覚や主人公の思考には諸手を上げて共感。それが美しい言葉で。うーん、折々で読み返したい本になりました。

  • 「ぼく」が自分自身の、無人島に漂着しサバイバルした体験を「彼」の話として語る。

    海に落ちた彼がどうなってしまうのか、漂着した島でどう生きていくのか、ハラハラドキドキしながら読み進めました。
    その島に別荘を持つ人物との出会いから少しずつハラハラ感が減って行き、そのまま終息していく感じでした。

    主人公がサバイバルして生き残った、というだけの話ではなく、島の精霊たちの存在感や、ミランダの内臓の話などが含まれることで、ぐっと広がりのある話になっていたのが、とても良かったです。

    ただ少し、好運が続きすぎるのでは?と思ったので、星は4つ。

  • ぼくが彼になって、またぼくに戻ってくる話。
    振り返ってみて後から「あれは幸せなことだったんだ」と気付くこと。生きることに一生懸命で居られることは幸せなんだと彼が気付くくだりに、自分を重ね合わせて少し泣いた。

  • 初版は1990年、著者の小説デビュー作。
    内容の概要を書いてもいいのだけれど、それを書いてしまうとこれから読む人たちのあの最初の印象を奪ってしまうことになるので、伏せておいた方がいい気がする。
    そうなるとここに書くことは、一体どういうものがいいのだろう。わたしの、漠然とした、自分にしかわからないイメージや浮かんだ言葉の列挙か、もしくはどこかの引用か?

    とにかく、淡々とした描写の中に、具体的なものと漠然としたものが混在し、主人公の思考も、その思考の移り変わりも、かなり鮮明になって頭の中に浮かび上がる。
    小説としてもすごくおもしろかったけれど、お金以外で量る幸福度を考えるのにもいい本じゃないかと思った。

    一番好きな設定は、主人公の元々の職業が地方の記者だったってこと。

  • 無人島に漂流した青年の島でのサバイバル生活の話。池澤夏樹さんの小説デビュー作。過酷な漂流から無人島にたどり着き、「生きる」。冒険物にあるワクワク感や緊張感を感じない、不思議な透明感ある小説。著者のメッセージや根底を探ると難しいので、さらっと読み進めた。再読だったが、いつかまた読んで探ろう。

  •  無人島に漂着した青年のお話。
     最初ロビンソンクルーソーのような物語かとおもいきやSFのようでもあり、実は現代のお話である。

     自分の身に起こりえない設定なのだが、読み進むうちに「そうなったらこう思うかも」と思い始めてくるのが怖いところだ。
     万人向けにすすめられるかと聞かれると悩むけど、個人的に面白かった。

全46件中 1 - 25件を表示

夏の朝の成層圏 (中公文庫)に関連する談話室の質問

夏の朝の成層圏 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夏の朝の成層圏 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夏の朝の成層圏 (中公文庫)のKindle版

夏の朝の成層圏 (中公文庫)のハードカバー

ツイートする