韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)

  • 235人登録
  • 3.72評価
    • (17)
    • (30)
    • (29)
    • (4)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 中央公論社 (1991年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122017726

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 上巻で主役となっていた庄助が、この下巻では歴史の一点景の様に後方に退き、恰も歴史そのものが主人公の様相を呈する。
    著者の巧まざる手練手管に、歴史は華々しく躍動し、読者はその渦の中に放り込まれ、時代の空気を共に呼吸するかのよう。
    教科書などでは、元―明―清と中国史を教わるが、実際は明と清との間に「順」という王朝が「三日天下」のように存在したことを、この作品で知った。
    さらに、順王朝の崩壊には、明の武将の帰趨がキーポイントとなり、その動機が女だったとは。
    歴史の「おかしみ」に思いを新たにしたこともこの作品の効用?
    それにしても、このころの中国民族(漢人、女真人など)の何と美しく、なごやかなものだったことか(著者特有の小説上の美化かもしれないが)。
    そして、現代の中国・中国人に目を転じるに、その頑迷固陋さ、礼節の衰退に今昔の感が一層強まる。民族に成長・進歩という概念があるとすれば、どう表現しよう。
    あるいは、これも毛沢東の功罪の一方、罪の一典型かもしれない。

  • 平戸藩松浦家の軽輩・桂庄助は、領地内の島に漂着した女真人の娘・アビアを祖国まで送る命を受けます。
    遥か韃靼の地で、庄助らは、歴史の大転換に巻き込まれていきます。
    様々民族の文化や、気質の違いも興味深く描かれ、何といっても話のスケールが大きくて、わくわくします。
    こういう話を書ける司馬さんって、凄い方なのだなぁと改めて思わせる作品です。

  • 『平戸の人桂庄助の形影にしたがいつつ、韃靼国へゆき、ついには...』司馬遼太郎氏が、あとがきに書いています。作中人物への作者の乗り移り度は氏の作品中でも1,2ではないでしょうか。私も本当に旅させてもらいました。17世紀の平戸、遼東、モンゴル、蘇州、杭州、そして北京へと。大中国史の中で、明から清への大政転を確かにその場にいて体験してしまった感があるのです。政権が非漢民族に渡ることの意味についても、初めて納得の行く形で考えられました。

    女真、満洲、満韃子、東韃。ツングース系のひとびと。アルタイ語。膠着語、辮髪。文化と文明。

    庄助が手探りで学んで行く一言一言の解釈に、司馬氏のモンゴル語学科卒ゆえの、真骨頂があります。

    実際に遼寧省瀋陽は数回仕事で訪ねています。訪問前に読んでおけば良かったと後悔する、中途半端な現地観察の記憶があります。

  • 久しぶりに読み返してみました。

    素朴な女真族が大明帝国との争いを繰り広げながら、太祖ヌルハチ、大宗ホンタイジの突然の死去で、このまま萎んでいくかと思いきや、李自成による明帝国の滅亡から、美女陳円円を李自成に奪われた恨みで、山海関を開けてしまった一瞬のタイミングを捉えて、次々と明晰な手をうっていく若き睿親王ドルゴンの智謀は実に爽快です。

    それにしても、あの時、山海関が開かなかったら、「清」という大国は存在しなかったわけで、ということは、その大領土を相続した、今の中華人民共和国も無かったわけで、誠に歴史の偶然の不思議でありますな。

  • 長かった。
    壮大な物語でした。
    基本的に1つの民族で構成される日本に住んでいる僕には、王朝が変わり支配する民族が変わるというのは今1つ体感できません。

    日本では、想像が出来ないくらいスケールな大きな話で、じっくり読んでしまいました。

  • 日本史はおおよそ分かってきたので、教科書をみて「ネタバレだ!」と思うことはなくなってきた。しかし中国史は、基本のキも覚えてないので、wiki見て「この人たち明を倒して清たてるやん!?」とビックリするようなことになる。間に順があったなんて全然記憶にない。
    この物語では、引かれ合う男女が長らくプラトニックでいるのが、司馬遼太郎さんにしては珍しく感じられた(笑)浮気もしないし。女主人と仕える男性のカップル好き。
    いまの中国の人たちには、満州と漢の民族意識はあるんだろうか?気になる。
    司馬遼太郎さんを読み終えたら、陳瞬臣さんや宮城谷さんを読みたい。

  •  陳舜臣『小説十八史略』1巻は中国中原に君臨した神々から秦の始皇帝が中国中原を領する、最終巻ではモンゴルが元と国名を改め宋を滅ぼし、中国を統一するまでを読み、続けて『チンギス・ハーンの一族』全4巻で元の隆盛から滅亡までを読破する。『韃靼疾風録』上下巻では満洲にて後金を称する蛮族が勃興し、遂には明国を滅ぼし清国を打ち立てる経緯を知る。内容は平戸に漂着した満洲貴族のアビアを母国へ帰す使命をおびた平戸武士、庄助の生涯の記録である・・・司馬遼太郎本の中でも推薦の本書である。

     追記:清国末期は浅田次郎『蒼穹の昴』『中原の虹』と読んだが、抜けているのは元滅亡からはじまる明国時代について小説はあるのか探してみよう。

  • 非常に素敵。
    わくわくして読めた。が、予備知識がなく読むと大変なのかもしれないと頭をよぎる。司馬遼太郎100冊読むとわくわくして読めます。
    特に呉三桂が門を開けろと言った瞬間と
    清軍が横から突撃する描写。

    よかった。

  • こういう作品を読まないと,明、清、倭の関係なんてわかんないよな―。

  • 2012.9.24(月)¥189。
    2012.10.17(水)。

  • 平戸松浦藩の下級武士が、藩命で漂着した女真人(満州人)の姫を祖国に送り返しててそのまま滞在し、明が崩壊し、清の建国する激動期を過ごす物語。儒教を背景とした漢民族や朝鮮民族の気質や日本人との気質の違いがよく分かり、大変興味深かった。明崩壊の直接の原因が女性を巡る遺恨だったとは!

  • 明が滅び、清が興る。その過程を主人公・桂庄介の視点から観た作品。前巻の方が個人的に好き。

  • 清朝成立時の話。筆者の韃靼人への温かい眼差しが感じられる。架空の主人公桂庄助の眼を通した文化、文明がよくわかる。12.4.8

  • やっぱり中国の歴史を、どこかでちゃんと読んでおかないとだろうな。
    でも、なかなか気が重い。

  • ツングース族が清国を打ち立てるまでには、明の内部崩壊があったということ。粘り強く建国に持って行ったということか。しかし、鎖国後には帰国もままならない日本人が多数いたと思うと痛ましい。しかし、人間の人生というのは分からないもので、桂庄助も自分で選んだ人生ではないのだろう。女性の方が強いか。

  • 明が滅び、清が興る。その過程を架空の元・日本人の桂庄助の目から見た、30年あまりの話。

    登場するのは、漢族・女真族と、少数の倭人とモンゴル人。
    ごく60万人ほどしかいない満州の女真族が、億を超える人々を250年も治めたのは素直には理解しがたい。

    文明を是とした漢族の華夷思想。
    それは、農耕・通商を基盤とした豊かで大規模な「文明」では圧倒的に勝っていても、狩猟や遊牧を営む、現在で言うGDPでは比較にならないほど小さな規模の騎馬民族には「武」では劣る、という大きな矛盾を抱えたものだった。
    かつ、広範な地を治めるための「文」を重視した中央集権・官僚体制も、歴史が繰り返したように腐敗という内部崩壊を免れえぬ構造的な問題を抱えていた。その中では忠孝といった孔子の教えは単なる正当化の方便にしかならない。

    2000年以上にわたり、破壊的な遊牧民の暴にさらされ続けた中国と比べ、文明圏外と軽んじられていた日本のなんと恵まれていたことか。江戸時代に鎖国をしき、「武」では停滞を続けながらも平和の世で民の経済力を蓄えたことが、明治維新を容易にしたのも不思議ではない。

    民族ごとの価値観の違いが至るところにあらわれ、興味深く、クスリと笑える場面もしばしば。
    あっさり清に帰順した後、辮髪を強制された途端に反乱を起こした漢人を、「かれらは国家や皇帝のためよりも、自分の頭にはえている毛髪を保護するために戦うべう身命を賭したのである」と記述したイタリア人神父の日記は特に。明治に月代を捨てた武士と比較してみたい。

    そんな広く深いことを、史実に基づきながら、日本人を2人その中に放り込んで平易かつダイナミックに描いた司馬遼太郎氏。やはりおもしろい。そしてモンゴル行きたい。

  • 19世紀の中央アジアの話なんて、司馬じゃないと書けないな。 相変わらず小説としての体裁はまるでなってないが、 素材の新しさで読ませる。 後半、明の話になってから少々物語が停滞するのが難。

  • 平戸などを舞台とした作品です。

  • 清=辮髪
    そして、朝鮮は清に対してよからぬ印象を抱いている
    というのが
    韓国歴史ドラマファンにとって周知の事実だったのですが
    この小説を読むことによって
    その背景をあらためて知った思いがしました。
    日本人よ、中国のことをもっと知るべきである!
    と、この小説を読むことをすすめたい。

  • 女真人アビラと共に大陸に渡った平戸武士の桂庄助の生涯を描くことで女真人・中国人(当時は明)・朝鮮人・ひいてはそれと比較した日本人の性格を映し出した物語。

    庄助は女真人の軍に加わることで、人口わずか50~60万人の女真人が数億の人口を擁する明をいかに倒していくのかをその眼で直に目の当たりにする。さらに、ヌルハチ・ホンタイジ・李自成・呉三桂・鄭成功といった世界史でも耳にする人物と交わることで彼らの性格・行動・苦悩までもが分かりやすく描かれている。

全22件中 1 - 22件を表示

韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)の単行本

韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)のKindle版

ツイートする