脳死再論 (中公文庫)

  • 84人登録
  • 3.26評価
    • (1)
    • (5)
    • (16)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 立花隆
  • 中央公論社 (1991年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122018112

脳死再論 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『脳死』(中公文庫)の続編です。

    「竹内基準」がそのまま日本医師会の生命倫理懇談会に認められた動向を受けて、改めてその問題点を指摘するとともに、前著『脳死』に対する医師からの批判に対する反論がおこなわれています。

    著者の立場は前著と同じですが、より明確にされているように感じました。自分なりにまとめると、竹内基準ないし脳機能停止基準は、「蘇生限界点判定基準」としては有効であり、患者の尊厳死のためには生命維持装置の停止をおこなうことも認められてよいが、だからといって内的意識がなおも働いているという根拠はないのだから、その患者から心臓を摘出するべきではないということになるかと思います。

    また、1968年におこなわれた和田心臓移植の実態についての詳しいレポートもあり、移植をめぐる社会的合意がなされないままに、医師たちによって移植手術が認められることの危険性を指摘しています。

  • 共同図書 490.15/Ta13

  • 立花隆の脳死関係三部作のうち二作目。

全5件中 1 - 5件を表示

立花隆の作品

脳死再論 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

脳死再論 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

脳死再論 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

脳死再論 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

脳死再論 (中公文庫)のハードカバー

ツイートする