失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

  • 5207人登録
  • 3.94評価
    • (429)
    • (520)
    • (386)
    • (40)
    • (17)
  • 520レビュー
  • 中央公論社 (1991年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122018334

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ・スロ...
ルイス・V・ガー...
ジェームス W....
J・モーティマー...
ヴィクトール・E...
エリヤフ・ゴール...
トーマス・フリー...
有効な右矢印 無効な右矢印

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • さすがに読むのに時間がかかった。
    読んだといっても字面を追うのが精一杯だった感じ。要再読です。
    内容はすごいです。大東亜戦争における日本軍の組織的・戦略的な問題点を見事に分析・指摘しています。で、この指摘事項がそのまま現在の日本の政治や官公庁、はたまた企業の問題点に当てはまってしまっている。日本人の特質なのか、問題点が指摘されているにもかかわらず変わっていない。変えられないのかな。
    「戦略上の失敗要因分析」として、
    ・あいまいな戦略目的(両論併記的折衷案の連発)
    ・短期決戦の戦略志向(長期的展望の欠如)
    ・主観的で「帰納的」な戦略策定(楽観論、精神論の横行)
    ・狭くて進化のない戦略オプション(成功体験への依存)
    ・アンバランスな戦闘技術体系(オタク的な技術論,1点豪華主義,攻撃力だけで防御力を顧みない)
    の5点を、
    「組織上の失敗要因分析」として、
    ・人的ネットワーク偏重の組織構造(馴れ合い体質,情緒的)
    ・属人的な組織の統合(法的権限ではなく人間関係で動く,暗黙知,心内の汲み取りを期待する)
    ・学習を軽視した組織(同じ失敗を繰り返す,成功体験を頑なに引きずってしまう)
    ・プロセスや動機を重視した評価(結果よりも熱意を重視,無謀な作戦に異を唱えれば更迭)
    の4点が挙げられている。
    学習論とかにも触れられており、内容は濃ゆい。日本のサラリーマン、しかも中堅ところより上の人は一度読むことをお勧めしますよ、この本は。
    もともとTLで紹介されていて、気には留めていたのですが、「永遠の0」を読んで即購入決定。永遠の0で太平洋戦争のことに少し興味が涌いたので。これを機に永遠の0も再読だな。
    わが社も指摘された日本軍の組織的問題点と同じものを抱えている気がする。
    じぶん自身も考え方が古く、思考が硬直していると最近特に思う。成功体験に縛られているというか、あきらめに似た失敗への恐れで、新しいアイデアが出ていないよなあ。
    ちなみに単行本刊行は1984年。実に28年前。

  • うーん、みんなの感想が判で押したように「今も全く変わってない、何も進歩していない」とあるけど、本当の失敗の本質はこの「わかっちゃいるけど、変えられない」気質のところにあるんじゃないかと。ここで書かれる日本軍の失敗例は参考にはなるけど、じゃあなぜそれを自分の所属している組織で実践できないのか?空気に逆らい客観的な判断をしようとしても、なぜ当事者になったときに阿諛追従な態度しか取れないのだろうか?それは個人的性格や環境に左右されるものなのか?そうした部分まで踏み込まない限り、これからも失敗し続けるよ、きっとね。

  • 大変面白く読ませてもらいました。
    ミッドウェー、ガダルカナル、インパールなど名前だけは、知っていましたが、日本軍がどう戦って、なぜ敗れたのか知らなかった私にとって非常にいい機会となりました。
    その上で日本軍および軍の統率者たちが気付かずしてやらかしてしまった失敗を見るにつけ、現代の政治や官僚機構における政にも、似たり寄ったりな政策や振る舞いがダブって見えてくる気がするのは、気のせいではないんでしょうねぇ~
    失敗の本質を知って、日本人の気質というか体質と云うかがよく分かった気がします。
    昨今、新たな戦争が幕を開けるやもしれぬこの状況で、どうすれば同じ轍を踏まずに済むのか、、、
    先の大戦に負けた理由、原因があまりにも日本人らしくてほんと心配になっちゃいました。

  • 太平洋戦争で歴史的な大敗を喫した日本。
    その敗北の原因を組織的、社会的に分析し、なぜあのような敗戦を招いたのかを研究した本。

    非常におもしろい。

    本書は太平洋戦争の敗北においてキーポイントとなった複数の戦い(ノモンハン事件、ガダルカナル作戦、沖縄戦等)を例に挙げ、それぞれの敗北の理由を分析する1章、それぞれの敗北に見られる共通点を取り上げ、失敗の本質を分析した2章、これらから得られる学びをまとめた3章で構成されている。

    敗北の要因は複数挙げられているが、特に
    ・過去の成功例(=日露戦争等)にとらわれて組織が最適化され、環境の変化に適応できなかったこと
    ・(その結果として)戦略が現実離れし、戦略の不備を現場の戦術、ひいては精神論に求めたこと

    などは興味深い視点である。

    漫画や小説などの作品では、現場で英雄的な活躍をするヒーロー(ガンダムで言うところのアムロ・レイ)に焦点を当てられることが多い。
    しかし本来、現場の活躍=戦術をもって、その上位概念である戦略(ひいては兵站)の不備をカバーするといった組織運用自体に歪みがあり、そこに過度な期待を持つことは好ましいことではない。
    (無論、彼らの功績は当然讃えられるものであるが)

    ひいてはそこを精神論でカバーするような体質がまかり通ることが問題であろう。


    本の最後では、これらの日本軍の体質と現代社会(特に産業界)の対比が行われている。
    著者いわく、本書出版の頃の日本(=1984年)はまさに戦前の日本軍の体質と共通項が多く、環境の急激な変化に対応しきれない土壌が培われているとのこと。
    著者の予言通り、現代日本が産業面で新興国の急激な成長に脅かされているのは興味深い。


    何らかの形で組織を運用し、人の上に立つ立場の人たちには非常に学びの多い一冊である。

    ただしこのような分析的な視点とは別に、やはり現場レベルでの太平洋戦争の悲惨さを学ぶこともまた非常に重要なことと思う。
    ガダルカナル島や沖縄での地獄絵図はよく知られた通りで、その凄惨さを学ぶこともまた、後世に伝える上で大切なことだろう。

  • 日本軍が戦ってきた6個の戦争で何故負けたのか分析し、それをビジネスにも生かしてほしい主旨の書だと思う。戦略のミスは戦術では取り返せない、コンティンジェンシープラン(不測の事態に備えた計画)をたてよ、リーダーの考えがメンバーに伝わっていないと戦は負ける、戦略や作戦目的即ちビジョンを明確にせよ、合理性、効率性を追求せよ、等ビジネスと全く同じだ。目的を決めて戦略を立て軌道修正していく。これを実行していきたい。

  • ようやく読んだ。古典となるべき良書で、局所的な実例を汎化し、最後には日本の政治組織や日本的経営までスコープが広げられる、漏れのない骨の太い内容だった。
    帰納的な戦略策定を得意とするオペレーション志向な日本的組織文化が、今は弱みとなっていて、それに対する直接的な解が用意されているかといえばそうではなく、後半に差し掛かってからはその結論が想像できて暗澹たる気持ちにはなった。ただ、最後にはその特徴を正しく理解して自分たちで解を見つけていくしかないんだと、前向きな気持ちにさせてくれた。
    今の僕は、目の前の組織を、日本的な組織文化を尊重しつつ、自律性を確保できる柔構造を内包した形態に変化させたいと、やっぱり切に願う次第である。

  • 結果論ではある。しかし日本は未だに太平洋戦争の敗戦を『終戦』などとのたまわり、その敗北を認めようとしない。そこから学ばない限り、この国はずっと負け続けているのである。敗者の美学に惹かれるものはあるが、あの大戦が歴史になりつつある今こそ、感情に呑まれず冷静な視点でこの国の敗北を受け止めるべきだと思う。

  • 日本軍はなぜ戦争に負けたか。真偽はともかく、刺激を受けた考察だった。

    ビジネス本の棚を見るたびに、成功談が多すぎると思う。「ああしたらうまくいった」「こうしたらうまくいった」。成功談は確かに面白い。

    一方で言う。「失敗は成功の母」であると。

    失敗ばかりしていても人生がうまくいくわけではない。しかしながら、失敗から学ばないことは大きな損失となりうる。失敗談は成功談を超えるインパクトを時として含むものだ。私はそう思う。

    成功した組織の話は世の中にあふれている。逆に、失敗した組織の話は数多くない。日本軍は高度に洗練された組織であった。しかし、(結果論かも知れないが)多くの失敗を犯した。それはなぜだったのだろうか。

    極めて重大な“組織的な”失敗談。そういう意味で貴重な一冊かと思う。

  • この20~30年間の日本社会の落ち込みを予想していたような論表であるが、今必要とされるのは、逆にこの20~30年間の駄目さ加減を分析・検証することではないか?

  • 1984年に発行されたものだが、現在の戦略論にも十分に通じる。
    高校の同級生で防衛大を経て陸上自衛隊一佐に昇進した友人も勿論読んでいることだろう。
    最終章の最終節から引用すると
    「日本軍の最大の失敗の本質は、特定の戦略原型に徹底的に適応しすぎて学習棄却ができず自己革新能力を失ってしまったこと」
    末尾の2文では
    「日本軍同様、過去の成功体験が上部構造に固定化し、学習機能ができにくい組織になりつつあるのではないだろうか。
    日本的企業組織も、新たな環境組織に対応するために、自己革新能力を創造できるかどうかが問われているのである。」
    と記されている。
    やはりわが国(と)企業は過去の成功体験を捨て去り、自己革新が必要なのだと痛感。

  • 日本軍のノモンハン事件から沖縄戦に至るまでの資源・戦略・戦略実施・組織構造・管理システム・学習等の組織論的分析を行った本です。今までいろんなかたがオススメしていたのに読んでいなかったのですが、やはりいろんな人がオススメするだけの良い本だと思いました。

    ざっくり言えば、日本軍の特性は、以下の諸点に挙げられます。

    目的不明確、短期決戦指向、帰納的戦略策定、陸海統合戦略の欠如、一点豪華主義的技術、集団主義(人的ネットワーク重視)、属人的統合、動機・プロセス評価

    根本的に言えば、日清日露戦争の大成果を教訓とした、陸軍の白兵戦主義、海軍の艦隊決戦主義を核とした、これらの主義に過度に適応した組織が日本軍であり、様々なノモンハン事件以降の様々な教訓からこれらの学習を棄却できなかったことが本質的問題点として整理されています。

    ある程度の大きさの組織に入ったことがあるかたであれば、より理解がスムーズだと思います。とはいえ、学生さんにも一読をオススメします。公共政策大学院の学生さんには特に。

  • 2010年1月追記
    東郷平八郎は、日露戦争勝利後の連合艦隊解散の訓示にて「…たとえ戦いは終わったとはいえ、安閑としてはおれないような気がする。考えるに、武人の一生は戦いの連続であって、その責任は平時であれ戦時であれ、その時々によって軽くなったり、重くなったりするものではない。ことが起これば戦力を発揮するし、事がないときは戦力の涵養につとめ、ひたすらにその本分を尽くすことにある。…われ等戦後の軍人は深くこれらの実例を省察し、これまでの練磨のうえに戦時の体験を加え、さらに将来の進歩を図って時勢の発展におくれないように努めなければならない。...神は平素ひたすら鍛練に努め、戦う前に既に戦勝を約束された者に勝利の栄冠を授けると同時に、一勝に満足し太平に安閑としている者からは、ただちにその栄冠を取り上げてしまうであろう。昔のことわざにも教えている「勝って、兜の緒を締めよ」と。」と述べている。

    その後、日本はソビエトへの恐れを抱いたまま軍拡を図るも、”将来の進歩を図って時勢の発展におくれないように努めていたかどうか”は疑問である。

    現在NHKで「日本人はなぜ戦争へと向かったのか」という特集が放送されている。「失敗の本質」は、大東亜戦争における主要な作戦の失敗にフォーカスしているが、NHK特集では、戦争に至るまでの失敗にフォーカスしている。戦争の20年以上前から失敗にむかう崩壊が始まっていたことは衝撃的である。

    NHK特集でも組織の問題がクローズアップされている。組織全体ではなくセクションの最大化を優先、縦割り、内向き、先送り、派閥抗争、その場しのぎ、希望的観測、戦略の欠如・・・今の企業でも同じことが起こっている。

    組織は固定化すれば自己の最大化に走り、全体との方向が合わなくなる。逆に全く固定しない状況が続けば、混乱が生じ、求心力を失い、派閥などの抗争を生む・・・
    少なくとも目線は、内部ではなく外部に向けなければならない。
    特に集団主義の日本人は、この過ちを犯しやすい民族なのかもしれない。

    ******************************************
    読み進める中で「胸がしめつけられる」感覚を何ども味わった。
    大東亜戦争における日本軍のあまりに無謀な思考、行動、そして無惨な最後にあらためて愕然としたこともあるが、これら史実における失敗は大東亜戦争における日本軍に限ったことではなく、現代の身近なビジネスの世界でも同様の思考、行動、失敗が いまだ存在していることがよくわかったからだ。

    途中、途中で読書が止まってしまう。。。
    悔しさ、無念さ、残酷さ、愚かさ、成功体験の怖さ、相手の力の見極め、不成功の考慮、目的共有の重要性・・・

    これらは戦時だけではなく、身近にあるが故にこわさを感じるし、胸にひびく。

    過去の成功体験への過剰適応、過剰適応は適応能力を締め出し、自己否定が不能となり、誤りを的確に認識できず、無用もしくは有害となった知識の棄却ができなくなるなど、自己革新能力を持つことができなかった・・・

    過去にやったことを正当化し、結局あとで痛い目にあったなどということは誰しもが経験していることであろう。
    外部よりも内部の事情を優先し、結局共倒れになったということもあろう。
    行いの正しさではなく、声の大きな者が勝つというのは日常的に見られるが、何が正しいかを常に自問する真摯な態度を持ち続けることができるか?
    負のスパイラルに突入すれば、結局痛い目にあわぬ限り、取り返しのつかない状況に至るまでブレーキが利かない集団心理の恐ろしさをあらためて痛感させてくれる・・・ そんな貴重な本だ。

  • 初版第一刷の刊行年を確認して、その古さに驚くとともに、
    読み進めるにつれ、まったく色褪せない内容にも驚いた。

    大日本帝国陸海軍が犯した数々の失敗のうち、代表的な六つの敗北をケーススタディとしている。
    そこから窺い知れる内容は昭和は終わり、平成も終わろうとしている昨今においても、きわめて有益である。

    もっとも、日本という国が抱いている組織的本質というものは、
    結局、敗戦を経たとしても変わりようがないというような、
    どこか諦念を感じてしまいそうにもなるが・・・

  • 僕は戦争を知りません。体験したことがないです。でも子供の時から戦争は悪いことだと教わりました。
    しかしタイトル通り失敗を集めた本なので当然なのかもですけど、読んでいてげんなりします。あの時の戦争って、こんなにもグダグダだったのかと。
    第二次世界大戦時の日本軍の失敗を分析するところまでは興味ありましたが、最終的には、現代の企業組織論に絡めてくるので、論点があやふやになるので、読後感はモヤモヤ。
    グダグダとモヤモヤで梅雨の今時らしい作品です。

  • 朝礼で会社の人が感想を言ってたので読み始める。

  • 何事も変化対応が重要ってことかな

  • 投げかけられたテーマは深い。
    しかしながら思うのは当時の指導者達が本書を読んでどう感じ、思うのか。
    当事者にとってはひとつひとつが最適な判断や行動ではなかったのか。
    そういった視点での見方もあっていいかも。
    いずれにせよ、後から振り返るに、負けるべきして負けたく戦争であったのは間違いあるまい。

  • 大東亜戦争における日本の敗色を濃厚にしていった6つの有名な戦いを通して、日本の軍事組織、特に上層部が有効に機能できなかった経緯がリアルに語られている。米国と対比することで、日本で培われてきた特質の負の側面を喝破している。空気の研究にもつながる日本人社会のあり様は現代でも考えていくべき課題といえる。

  • 2度めに読んだ。文句なしの名著だと思う。
    1991年なのか。これがまあ、戦後の終了だったのだろうね、たぶん。

    どことなく絶頂期の日本の上から目線を感じるのは僻目か。
    今読むとまたいちいち面白いものだ。
    と、これまたメタに上から目線で書いたけど、昔読んだのは学生の頃だったので、いやぁひでえもんだ、ぐらいに思っていたのだろうけど、今読むといちいち我が身の経験に突き刺さる。俺、これやったわ・・・ って。
    歴史というのは怖くてありがたいものです。

    あとちょうど先日、twitterで、中国の本屋の軍事の棚には日本分析のものが多くて、戸部良一氏の本が平積みになっていたそうな。

  • 「ノモンハン事件」
    「ミッドウェー海戦」
    「ガダルカナル上陸戦」
    「レイテ沖海戦」
    「インパール作戦」
    「沖縄戦」

    上記の太平洋戦争中の戦闘は日本軍に致命的な戦略上の失敗を引き起こし、悲惨な犠牲を誘発した。
    この戦闘を通して、なぜこの作戦は失敗に至ったか。
    さらに踏み込んで、なぜその失敗を引き起こしてしまう組織になってしまったのかという組織論的アプローチによって、失敗に至る組織構造を明らかにしようと試みた書物です。

    書き込むと長くなるので。。
    現代の組織にも言える日本的組織の欠点は

    ・過去の適応によって成功した成功体験に固着しすぎ、柔軟で適応的(自己棄却と組織学習、自己革新のできる)な組織でなかった
    ・上層部にありがちだが、目的合理性による判断でなく、身近な人間関係を優先する情緒主義が優先された
    ・グランドデザインが欠如し、コンティジェンシープランが欠落した狭く、柔軟性のない選択肢群
    ・いわゆる口のでかい人が合理的判断を押しのけて意見が通る属人主義的決定
    ・湾曲な言い回しや明確な意思伝達がないために生じる指揮系統的欠陥

    以上もろもろは軍隊・軍事という面に限らず官公庁・民間企業・研究教育組織においても容易に陥りやすい組織的欠陥であると思います。

    特に日本組織というのは、上位の意思決定者が最も厳しく思考し、責任を問われるべきなのに、そこが曖昧なまま進み、現場が一番苦労するという構造を内包しがちなのではないかなと思い、留意すべきだと思いました。

  • 何も学ばず、今まさに負けつつあるのが、日本の大学というシステムでしょうか。iPSが戦艦大和的なものにならないことを祈るしかない。

  • 現代に読むと日本型組織に対する一般的な批評を施しているだけに見えるかもしれない。しかし、それは、30年前に発刊され、その後一般化してしまうほど、この本の指摘は的確であったということなのだろう。
    いずれにせよ、真摯に自組織と向き合ったならば、示唆は大きい。

  • 読んだ後に先ず思ったのは、何故この内容が歴史の授業で教えられないのかということです。それくらい、日本の伝統的大企業や官公庁に関わりのある人にとって価値の高い示唆が散りばめられています。
    歴史を学ぶ意義が、「過去から教訓を学び、未来に活かす」ことなのであれば、太平洋戦争(本書の表現では大東亜戦争)こそもっとも時間を割いて学ばなければならない題材であり、具体的に学ぶべきこととしては、

    ①戦争の悲惨さ
    ②何故戦争を避けられなかったのか
    ③戦争がその後の社会に与えた影響
    ④何故あそこまで徹底的に負けたのか

    があげられると思います。本書は④を取り扱っており、詳述すると、「戦争を起こしたことを仮に是とした場合、何故ベストとは程遠い戦い方をしたのか」を追究しています。私が読み取れる限りの原因としては、

    (a)組織として、失敗/成功を即座に分析し、その結果をもって、戦略、戦術、組織体制を変革させる仕組みが欠如していた。
    (b)上層部の決断が情緒主義に支配されていた。
    (c)戦争のグランドデザインが皆無であった(落とし所とそこに至るまでのプロセスを描き、組織全体に落とし込むことをしなかった)

    以上の3点があげられると思います。

    日本の伝統的大企業や官公庁で働いたことのある人なら(官公庁で働いたことがないので、あくまで想像ですが、)失敗の原因となった上記の特徴のいくつか、或いは全てが、しっかりと今も受け継がれていることに気が付くと思います。本書に書かれていることは、あくまで上述した①、②を前提として論じられるべきですが、現代の日本で生活する人にとって必読といっても差し支えない内容でした。お薦めの読み方としては、先ず2章と3章を読んでから、1章を読むことです。もし、全てを読むのが億劫な場合は、3章だけでも読んでみて下さい。

  • けっこう難しい

  • 昔、読もうとしたものの難しすぎてすぐに断念したが、「永遠の0」を通じて第二次世界大戦についてのベースができたため読み直し。

    言葉がやや古い部分や術語(戦争の用語)が出てくるところでの読みにくさは覚悟をして読むとよい。
    また、自分と同様、永遠の0に限らないが、第二次世界大戦の主要なキーワードは別に把握してから読むほうがよいと思われる。

    帯に新浪さんが推薦をしているが経営についても、経営、戦略、組織などというテーマを考えるにあたり、示唆に富んだ教材である。

    戦争という環境では見事に戦略、組織というところの優劣が、戦争の勝ち負け、具体的なところでは領土の得失、損害(死者、戦艦等)という形に現れてしまう。

    個人的に一番怖いと思ったところは、日本軍の失敗について書いた中であった、「空気」により理屈が通らなくなるというところである。
    「無理が通れば道理がひっこむ」という言葉があるが、「空気」という得体も知れないものに支配され、それが勝敗を分ける大きな要素になるということは恐ろしい。
    そしてその空気を作るのは人間であり、指揮官なり上の判断が大きな要因になりうると考えると、上に立つ人間の資質というものを考えさせられる。

    「無理」の形を変えた「空気」は、知識や知恵の不足から起こっているような気さえしてくる。

    単に理論であったり一般的な話として、企業の戦略などという話にするのではなく、戦略~組織までを有機的にとらえていくことが急がば回れなのではと考えている。

    またこの本で描かれた日本軍と同様、「兵站」という視点を考えていない企業は多いのではないだろうか。

全520件中 1 - 25件を表示

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)に関連する談話室の質問

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)に関連するまとめ

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)はこんな本です

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)のKindle版

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)の単行本

ツイートする