失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

  • 5031人登録
  • 3.94評価
    • (413)
    • (501)
    • (376)
    • (37)
    • (15)
  • 503レビュー
  • 中央公論社 (1991年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122018334

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
エリヤフ・ゴール...
トーマス・フリー...
J・モーティマー...
ルイス・V・ガー...
有効な右矢印 無効な右矢印

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 日本軍敗戦を組織マネジメントから考察した異色の本。容易くないし、分厚さにくじけそうになるが、これは読むべき。

  • 日本軍の強みは環境が連続的に変化するような状況で帰納的に微調整をし続けることで適合することだった。これは大きなブレークスルーを起こすよりも一つのアイディアを洗練することに適している。高度経済成長期の爆発的な経済成長は日本軍時代の特性が企業に引き継がれていることが影響している。しかし断続的な変化が起こった際には適応が難しい。太平洋戦争では、艦隊中心→航空機中心とゲームの前提がかわったにもかかわらず、その前提の変化に適用できなかったことが日本軍の敗戦を招いている。日本の電気業界が苦しんでいるが、今までの流れにこだわることをやめ、いかに学習棄却をし新しい環境がに適用することが大切なのかも。
    また、日本軍は下士官が強い傾向があった。権力はないが若くて才能のある人材の能力を発揮させられる環境作りが大切。

    以下、メモ
    ・曖昧、非合理的、短期的、グランドデザインがなく、目的が共有されていない
    ・空気の支配、客観的な事実の軽視、計画のフィードバック
    ・属人的な組織
    ・学習しない、個人的な想定の重視、振り返りの軽視、目標の再定義
    ・プロセスや動機を重視した評価
    ・特定の環境に適合したが故に新たな環境に適合出来ない
    ・記憶整理特化の教育を受けていたものはとっさの対応ができないし、そのような場合の対応策を考えられない(コンティンシェンジープランの欠如

  • 自組織との対比をしつつ読むべき。
    負けに不思議の負けなしとはまさにこのことか。

    驚くべきことは、この本が世に出て既に30年過ぎているということ。

  • "知識創造企業"のSECIモデルで有名な野中郁次郎さんを追いかけて辿りついた本です。
    第二次世界大戦での日本軍の戦闘を事例として、主にアメリカとの比較分析により、組織・戦略面から問題抽出・課題形成・提言をしております。
    自分が感銘を受けた言葉は、組織面における"不均衡の創造"でした。
    組織の合理性と各個人の自律性という背反の両立。難しい課題ですが、組織の永続的存続のためには必須ですね。

  • 読みながら、今も日本の組織の本質は帝国陸海軍の時代から何ら変わっておらず、引き続き環境の変化に対しての対応に問題を抱えていると感じた。自身の組織の戦略を考えるにあたって、本当に考えさせられる一冊。

  • 失敗の本質 日本軍の組織論的研究
    戸部良一/寺本義也/鎌田伸一/杉之尾孝生/村井友秀/野中郁次郎
    1984年5月 ダイヤモンド社
    1991年8月10日 文庫初版
    2017年3月15日 65刷発行
    2017年4月18日読み始め
    2017年5月6日読了

    ・なぜ大東亜戦争に突入したのか?を問うものではなく、なぜ負けたのか?という問いの本来の意味にこだわり日本の「戦い方」「敗け方」を研究対象とした本。

    ・三章構成になっていて、第一章はノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ海戦、沖縄戦の6つのケースをどんな作戦、戦闘だったのかを解説、分析。

    第二章は、失敗の本質という事でそれぞれの作戦に共通する要因を分析。
    キーワードとしては
    ・日本軍の情報統制の不備、不徹底。そのバックボーンにあった「空気」。本来なら合理軍事主義の中で不要なハズの「人情論」
    ・通信システムの圧倒的遅れ
    ・兵站戦略のテキトーさ。食べ物は敵から奪えばいいよね。
    ・第二次大戦後の戦略概略自体がそもそも曖昧。なのでそれに基づく戦略立案も曖昧になってくるなど。短期決戦を明確に打ち出していたのに、その後の戦略、仮想戦略が皆無。なので戦力の逐次投入が発生。
    ・日露戦争で味をしめた「戦艦決戦主義」の蔓延。

    現代の日本社会、企業組織にも通ずる「空気」や意思疎通の不徹底、失敗からの分析、反芻の欠如。過去の成功体験への固執は当てはまるなと興味深い。

    第三章は、失敗の教訓と題して第日本帝國軍の失敗の本質と今日的課題を抽出。
    日本は自己革新する組織が苦手であり既存の概念、枠組みの中でそれに特化した技術を作るのは得意だが、社会構造そのものや概念そのものを変えなければならない時は苦手な組織。それは現在も企業文化の中で引きずっているというもの。
    まさに、大企業や長く経営してる企業ほど当てはまると思った。

    またしばらくして読み返しても価値ある一冊。というより、少し難解なので何回か読み返したり、部分的でも読み返すのが良い。
    第二次世界大戦の失敗、愚行も学べる点でも良書。
    合わせて、戦争の歴史博物館も訪れると良い。特に、広島の大和ミュージアムは海軍の戦争歴史をまとめた資料館なので読んでから行くと勉強になる。

  • 大東亜戦争における日本軍の失敗を、組織の自己変革力の欠乏が主原因と分析し、米軍との比較がなされています。
    確かに日本人は今でも、目の前の脅威を逐次的に克服するのは得意だが、革新的に自己破壊するのは苦手ですね。
    ただそこには、民衆全体のスキルの高さや、誰も傷付けまいとする和の精神等、日本人特有の良さもあると思うので、全否定するのではなく、日本人らしい自己変革能力が望まれるのではないでしょうか。

  • 3度目の読了。
    何度読んでも発見があります。
    読むたびに、今この現在が、組織的に失敗に突き進む状況と似すぎていて怖くなります。

    精神論と官僚的序列、縦割り意識の極致だった日本の周りは、高度な暗号解読技術や国を超えた新しい枠組みの萌芽だらけでした。

    今もって、同じ轍を踏み続け、「バスに乗り遅れるな」と誤りに向かって突き進む姿が繰り返されるのはなぜなのか、どうしたら失敗の流れに進まずに済むのか、深く悩まされる本です。

    安易な解説本に流されず、本書からしっかり自分で読み取るだけの価値はあります。

  • 名著、そういう業界にいるからだと思うけど、終戦間際の日米間の戦略における差異が、現在のIT業界の構図に酷似している気がしてめちゃくちゃ落ち込んだ。あくまで主観ですが、日本人って「戦略、原理、演繹」等を何かと軽視しちゃう国民性だと思っていて、それを認識した上で如何に社会活動・経済活動をデザインしていくかが重要だと思います。配られたカードで何が出来るか、それがまさしく先の失敗から学べる戦略の本質ではないでしょうか?

  • 積読してた本をようやく読了。
    不明確な目的、コンティンジェンシープランの欠如、学習棄却、帰納的戦略策定、属人的結合、シングル・ループ、結果でなくプロセスの評価、などなど自分事としてズキズキ刺さった。
    1991年の初版なのだが、最終ページの「日本軍同様、過去の成功体験が上部構造に固定化し、学習棄却ができにくい組織になりつつあるのではないだろうか。日本的企業組織も、新たな環境変化に対応するために、自己変革能力を創造できるかどうかが問われている」って、“失われた20年”以後の日本そのままではないか!
    何らかの組織に属する人にとって必読の書だと思う。

  • 旧日本軍の戦略上の失敗と企業の戦略上の失敗を同列に扱うことには無理がある。また、軍事ヲタではないので、読んでも分からん局地戦ネタが多い。何回も再読しないと理解しにくい。いつか再読しないとね。

  • 示唆に富んだ本でした。

    前半のケーススタディーでは、コミュニケーションがいかに大切か、を考えさせらました。コミュニケーションを取っているつもりで、お互いを慮ったり、情が出たりして、実は認識ずれが起きていたとか。毎日の自分の言動を振り返ると、背筋がぞっとするくらい、身近な問題提起。

    後半の組織論の部分は、難解な部分もあったけれど、これまた示唆がいっぱい。自分が属する組織は、果たして?と考えるとこれまた恐ろしい。

    自戒と客観視するきっかけを持つために、折に触れて何度も読むべき本かもしれません。

  • 難しすぎてわからん。

  • サラリーマンという組織に属する者として読むべき一冊。

    この大転換期の今、「自己革新能力」を身につけることができるか。

  • 全て読むのがもちろん良いですが、中盤は飛ばしてもいいかなと思います。

  • 2017年3月18日に紹介されました!

  • 大東亜戦争における日本軍の指揮がどの様にして行われ、そして失敗したのかを書いた一冊。

    大東亜戦争におけるノモンハン事件、ミッドウェー作戦、ガダルカナル作戦、インパール作戦、レイテ海戦、沖縄戦の6つの事例から日本軍がいかにしてアメリカやロシアなどの連合国軍と戦ったのかということとその際の日本軍の内情や行動について多くの文献による研究結果や考察が書かれており、非常に勉強になりました。

    作戦目的の不統一、人事面、戦略ともに柔軟に対応できない組織構造、成功体験に固執した戦略、兵器の大量生産の未対応、陸海両軍の意思不統一、既存の手段から最適解を選ぶことを教える教育方針、個人責任が不明確な人事制度、陸軍の白兵第一主義と海軍の大艦巨砲主義、均衡状態の保たれた年功序列の組織構造など本書を読むことにより、敗戦という事実の裏側にある日本軍の失敗と米軍の柔軟な対応と学習による革新的行動が敗戦という結果に結びついたことを強く感じました。
    そして今日の企業において引き継がれているものや求められているものにも繋がっており、組織の運営をしていくために最も不可欠なことを本書から学ぶことができました。

    本書は戦後約40年経った時に出版されていますが、過去に固執せず、自己革新能力をどれだけ創造できるかという本書において最大のテーマは現代でも充分に通じるものであると強く感じました。

  • 「なお日本軍を圧倒したソ連第一集団司令官ジューコフはスターリンに対して、日本軍の下士官兵は頑強で勇敢であり、青年将校は狂信的な頑固さで戦うが、高級将校は無能である。」の一文にあるように、バカが上にいると皆が迷惑すという話になる。戦争を始める前から「総力戦」の意味を理解できていなかった。当時の無能な日本の首脳たちのおかげで日本がボロボロになった戦争だということです。
    なお、「日本が戦争をする国なる」という人たちがいますが、無理です。
    ①情報戦で負け
     集団ストーカーが得意な○○革命(ヒント、ベストセラー作家)ひきいる反日集団がいます。
    その集団がいたるところにいて情報漏えいをくりかけしているので、まず日本が戦争をしかけようとしても、他国に情報が漏れている可能性があるので、戦争をしても負けます。また、他のまともな情報機関のある国ならこのような日本とまともに同盟をして戦争をするような馬鹿げた行動はとらないでしょう。
    ②武器がない。
    日本は憲法9条にしばられて、先制攻撃をできません。そのために、航空機や潜水艦に攻撃用のミサイルをつんでいません。

  • 今なお、色褪せていない。

  •  本書にケーススタディとしてあげられた大東亜戦争6つの戦いは、そのまま現代の日本企業経営やそこでの組織問題に当てはまるように思えます。
     やはり、日本という国や日本人は、今また同じ失敗を繰り返そうとしているのではないでしょうか?曖昧な目的、集団主義的な意思決定、模範解答ができる人材を育てる画一的な教育、漸進的進歩しか生み出さない狭い考え方・・・どれも会社の中や身の回りで起きていることばかりです。
     政治もそうですね。50年以上前に出来上がった体制固執から抜け出せず、場当たり的な外交を展開する。外交だけでなく、突発的な社会的課題にまっしぐらするが解決できない間にまた次のネタが出てきて右往左往。。。この国は一体どこに行くのか?本書の言うグランドデザインの下に大きく変わっていかねばなりません。
     過去の一時的な成功体験から形作られた現在の戦略原型(ものづくり立国!?なんてのもその一つですね。)を疑って、勇気を持って変えて行くことが必要だな、と強く感じました。

     本書は企業経営や自組織のマネジメントにも大いに通づるものがあります。日本軍、米軍のケーススタディを元に展開する戦略論、組織論、は繰り返し読んで言語化できるようになりたい、と思える内容です。

  • 組織論として学習することがたくさんある。
    また、意思決定とは何かを考える示唆も多い。
    マネジャー以上の方は、必読だと思います。

  • 旧日本軍の、太平洋戦争における失敗事例を列挙して、その原因を探る本。

    戦闘はそれぞれですが、過去の成功体験を捨てられず、学習棄却ができない。情緒的かつ人情的な判断を取り、合理的かつ明確な指示を出さない。陸軍と海軍が分断され、統合的な判断ができない。結果ではなく、プロセスを評価するため、責任が曖昧、といったことが書かれています。

    現在の日本の各組織にも当てはまることであり、過去から学びたいものだと思いました。

  • 大東亜戦争の敗戦を組織論から考察した本。会社の経営戦略にも相通ずる点が多々あり、日本的な風土が大規模で複合的な取り組みに対して、反作用に働くことがよく分かります。

全503件中 1 - 25件を表示

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)に関連する談話室の質問

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)に関連するまとめ

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)はこんな本です

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)のKindle版

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)の単行本

ツイートする