TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)

  • 10538人登録
  • 3.72評価
    • (1364)
    • (1288)
    • (2608)
    • (118)
    • (15)
  • 1213レビュー
著者 : 吉本ばなな
  • 中央公論社 (1992年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122018839

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
吉本 ばなな
江國 香織
あさの あつこ
有効な右矢印 無効な右矢印

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • きらめく美しい海と
    胸の奥を満たす潮の香り。

    旅館の居間で飲む薄めのカルピスと
    扇風機の生ぬるい風。


    切なさの塊のような文体で綴られる、
    生意気な少女と過ごした
    海の見える旅館での
    忘れることのできない
    一瞬のきらめき。


    夏と言えば
    真っ先に思い出すのが
    大好きなこの作品です。


    まずなんと言っても
    病弱で生意気な少女つぐみの
    傍若無人でいて純粋無垢なキャラが
    とにかく魅力的で心惹かれるのです。


    コレあまり知られてないけど
    映画版で牧瀬里穂が
    つぐみを演じていて、
    これが妙に合ってたんですよね〜


    主人公の白河まりあが語る、
    つぐみという
    いとこの少女と過ごした
    山本旅館でのひと夏の思い出。

    ただそれだけの話なのに
    どうしてこれほど
    記憶に残って
    いつまでも光を放ち続けるんだろう。


    意地悪で口が悪く、
    わがままで甘ったれで
    ずる賢いつぐみ。

    病弱なつぐみが
    いつも
    イライラを抱えてるのは
    いつか来る死の不安が常にあるから。

    そして人に理解されてしまわないよう
    わざと汚く振る舞う
    つぐみの
    いじらしいこと。


    まりあとつぐみが仲良くなるきっかけとなった
    お化けのポスト事件、

    犬のポチとつぐみの見えない絆、

    恭一とつぐみの淡い恋模様、

    いつも穏やかで涙もろい
    つぐみの姉の陽子ちゃんの清らかな魂。

    眠れなくてパジャマのまま
    あてもなく歩く
    夜のピクニック。

    花火を見上げながら食べるスイカ。


    ばななさんが
    この作品に込めたものは、

    いつか消えて無くなってしまうモノへの郷愁。


    そしていつも
    ばななさんの小説に共通するのは、

    避けがたいけれど
    決して不幸ではない
    自然な別離の大切さと

    儚く散ってしまったモノが
    きらめいた軌跡を
    絶対に忘れないでいようという
    強い意志なんですよね。


    人はみな
    守り守られて生きている。

    だけど二度と戻れなくなってからじゃないと
    その中で守られていたことにすら気がつかない…

    一度そこから飛び出してしまわないと
    その温もりには
    絶対に気付かない…


    だからこそ
    人には別れが必要だし、
    人はいつか
    暖かい場所を離れ
    旅立っていくんだと思う。


    命の危機にさらされたつぐみが
    初めて自分の心情を綴った、
    まりあに最後に送った手紙。


    切なさと希望が入り混じったラストも
    本当に素晴らしい、
    記憶に残る小説です。

  •  とてもよかった! 読み進めていると、つぐみの行いや口の悪さがとても愛おしく思えてくるんです。きっとつぐみの周りにいる人たちもこんな気持ちなのかなあと思いながら読みました。

  • よしもとばななさんの文章って凄く独特なのにさらりと読めるんだよなあ。
    すごくそれが不思議。
    この本もそう、風景とか空気がすごく伝わってくる。

    つぐみが凄く嫌な子で、好きになれなくて、でも読み続けられた。
    魅力のある本だ。

  • 人は本音を言えることが、いいことなのか。
    弱音をはかず、弱いところをみせないほうがいいのかもしれない。そんなことを感じる。
    従兄弟という極めて微妙な距離感だからこそ、心を許せるのか。
    従兄弟がいない自分にはわからないけど、人との距離は近いに越したことがないとは思えない。
    それぞれに合った距離があり、それが一致した時にお互いのことをよく理解してくれるかけがえのない関係が築けるのかもしれない。
    そんな人との距離感に悩んだ時に心休まる本だと思う。

  • こういう、正解とかテーマとか何にもない、ただある人々に起こっているかもしれないドラマが描かれた小説もいいなー。
    ただの喜怒哀楽では説明できない、あるワンシーンのその人物なりの表情や動作が繊細に書かれていて、ちょっとじーんとしたり、うわぁ、この書き方好き!てなったりする本でした。

    つぐみの強烈なキャラが面白くて、全然重そうでも難しくもなく、綺麗な海辺の長閑な時間の中でどんどん過ぎていく日々。さらさら読めて、後味も良く、人の心の機微に触れられる気がする。夏にオススメの一冊です。

  • 今更ながら、この本に出合えて良かったと思う。海に出かけたくなった。つぐみは自分の知り合いなんじゃないかってくらい、入り込んだし、4人が言葉にしなくてもお互いを必要としている感覚が素敵だなぁと思った。どの話も好きだけど、最後病院と東京で電話していて、病院側の電話に代わる代わる人が集まってくる場面が好きだった。東京に帰るまりあに対して、皆と離れて残念と思っていたけど、つぐみも言ったように、何かを得るために何かを失う、だったり、別々の場所でもちゃんと繋がってるんだと感じて、読んだあとじんわり温かくなった本。

  • やっぱりあと書きの「つぐみは私です」には、ぎょっとしました。
    つぐみは死んでしまうと思いながら読み進めていたので、生きていたかと(悪く言えば)拍子抜けしてしまった。手紙の署名「TUGUMI・Y」は昭和のかっこよさが21世紀には少し臭いなと笑った。こういう臭さは、吉本ばななの本にはよく感じる。数年前の自分の失態を思い出した時の恥ずかしさに似ている。だからとてもむずむずして、よく印象に残ってしまって、やっぱりしばらくはむずむずしている。一種のネタか御家芸みたいに思っている。
    あらゆる海の感触とか、私の体験は昔すぎてすっかり覚えていないので、近い内に(せめて)浜に行きたい。砂の感触しか覚えていないし、それがグラウンドなのか庭なのか砂浜だったのかもさっぱりだ。もしかしたら、間違えて弟に履かれた砂まみれの靴下かもしれないし。
    とにかく、次は「うたかた/サンクチュアリ」を読みます。

  • 私の愛読書。

    私の理想の美少女は、実はつぐみだったりする。
    キッチンに並び、TUGUMIは私の精神安定剤。

  • つぐみが魅力的過ぎる。

  •  正直、本の装丁の雰囲気とか、ばななってペンネームとか、何となく食わず嫌いしていたんですよね。

     どうもすいませんでした。

     登場人物の細かな心の動きや、情景が繊細に描かれていて、実によかったのです。高校時代に読んでおけばよかったです。

     主人公のまりあが昔暮らした海辺の街に東京から最後に帰省したときの物語。

     従姉妹のつぐみは、病弱でいつまで生きられるかと心配されたために、甘やかされとことん我が侭に育ち、家族は振り回されている。まりあも我が侭に付き合わされた一人だが、お化けポストでの事件から、親友となる……。

     まりあ、つぐみ、陽子の3人が織りなす人間関係。
     つぐみの性格に辟易しながらも、どこか常人離れした魅力に取りつかれるまりあ。傲慢で自己中で手の付けられないところがありながら、どこか繊細で儚げな美しさも持ち合わせている。

     主人公まりあの心情や港町の情景が繊細に書かれていて、一気に読み進めてしまいました。

  • 従姉妹とある青年と過ごすひと夏の物語。このお話全体で描かれる、夏の一瞬のきらめきだとか、匂いだとか、病弱なつぐみの命の輝きだとか、そういう細やかな描写のひとつひとつがとても丁寧で好きです。主人公のまりあが既に海辺の町を離れ都会で暮らしており、大学生というある程度成熟した年齢だからこそ、静かに幼少の思い出の地と過去をいとおしむような柔らかな語り口で描くことができたのかなと思います。とにかくこの優しい世界観が大好きで、何度も読み返したくなる作品です。

  • 夏の夕陽に照らされてきらきら光る海と、オレンジ色の空が目に浮かぶようでした。この時期に読んで良かった。
    海辺の街で育ったわけじゃないのに、懐かしく眩しく儚く感じられました。
    高校のときの国語便覧に映画のワンシーンが掲載されていたのをよく覚えていて、つぐみは牧瀬里穂さんをイメージしながら読了。

  • とても有名なお話ですが、情報を入れずにまっさらな状態で読みました。
    語り手のまりあが、つぐみと過ごす夏。
    儚くて、美しくて、優しくて、少ししょっぱい。
    まるでその景色を見ているような感覚になりました。
    懐かしささえ感じました。
    とても好きです。

  • すがすがしい気持ちになれる本でした。
    いい気分になりたいときに。


    つぐみ、まりあ大好き。

    終わりの方はどきどきした、
    一気に読んでしまった。

    同じ大学生としての立場から読んだけれど、
    自分も懐かしいあの頃の景色、
    少し想い出して
    幼かったなぁなんてね。

  • 「とびきりの美少女だが、病弱なため母親に甘やかされた結果、意地悪で粗野で口が悪くわがままで甘ったれでずる賢い」こう書くと最悪の女のようだけど、主人公のつぐみが最高に魅力的。
    語り手であるいとこのまりあが、つぐみの姉の陽子がそんなつぐみを理解して優しく受け入れているところもいい。
    何も事件が起こらない、毎日が同じような夏休み。
    そんな日々が、確かに自分にもあったから、この物語が懐かしく、切なく、愛おしい。

    「少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語(文庫本カバーより)」な~んて2行で簡単にまとめられたくない。
    キッチンを読んだ時もそうだったように、そこかしこにそっと置かれた何でもない描写に、ふと読む手を止めて立ち止まって言葉を反芻する。。。
    この作品も、そんな楽しみを味合わせてくれた。

  • つぐみの腹立たしいところも
    チャーミングなところも
    全部が色鮮やかだった。

    色鮮やかな1冊だった。

  • どうかんがえてもつぐみが魅力的。病弱なのに気が強くて美人はつぐみのはなし。嫌味じゃない純粋さと透明感で中学生くらいでであいたかったのうとおもいましたまるすき!

  • つぐみの魅力にやられました。なぜ中高生のときに読んでなかったのか、後悔するとともに今読めて良かったと強く感じました。どの章にも印象的な、ハッとさせられる描写があり(例えば、怒り の中の表現描写。本当に怒っているときの色は赤ではない)、何かの折にはふと読み返そうと思う、自分にとって大切な本のひとつになりました。
    山本周五郎賞は読んだ本全て当たりなので、自分の中で好きな賞です。センター現代文の問題にもなっているそうだが、納得。

  • 最初に読んだ時ほどの強烈な動きは自分にはなかったけど、やっぱりいいな、と思った。

    つぐみは、やっぱり手に負えない感じがイラッとしてしまうけれど、やっぱりつぐみも私なんだ。まりあも、つぐみも私なんだ、と思って読みました。

    つぐみの不器用さを心から愛せたら…。

  • グラリ、グラリと、
    大きく心を動かされた。
    こんな感覚は、初めてだ。

    本でも映画でも、
    泣いたり笑ったりすることはあった。
    感動的なシーンには、涙もろい性だ。
    けれども、こんなにもわたしの
    心の奥底を探り当てた作品には
    出会ったことがない。

    散りばめられた言葉のピースと、
    その天才的な文章構成で、
    恐ろしいほど繊細なひとの心情を
    書き連ねてしまう。

    この人は、天才だ。
    「告白」の章から、まさにそれを感じた。

    グイッと心の中に入ってくるこの感覚、
    まるで自分も同じ世界に
    タイムスリップしたような妙な心境。
    気を抜くと、今にも自分を忘れ去ってしまいそうだった。

    読み終わったあと、
    無意識にまた表紙をめくった。
    もう一度、同じ感覚に会うために。

  • 今から20年以上前に発表された作品だが、読むのは初めて。
    破天荒なつぐみが面白いだけの作品ではない。めちゃめちゃだが真っ直ぐで、常に全力。たまならく魅力的だ。
    自らを犠牲にして報復した後に、生きる気力もなくなったつぐみが送った手紙で本書は終わるが、新たなつぐみの人生が始まったんだなと感じる。
    また人物の向こうに見える海の匂い、太陽を反射してキラキラ輝く水面、波打ち際の音...。
    登場人物だけではなく、その背景までもが鮮やかに思い浮かぶ。気持ちの良い本でした。
    さて、牧瀬里穂主演の映画を見るべきか...悩む。

  • 一度手放してもまた巡り会う本がある。わたしにとって『TUGUMI』がそうだ。
    初めて読んだのは、ちょうどつぐみらと同じ年頃だった。でもどんなことを思いページをめくっていたのかは、すっかり忘れているのだけれど。
    ただ、その頃が想い出となった今でも、わたしにも忘れられない夜があったことは覚えている。

    『TUGUMI』のなかでも「夜のせい」の章がすきだ。
    時を経ても夏の夜のにおいに、ふと胸が締めつけられる瞬間があるから。

    病弱でワガママで生意気で、そして美少女のつぐみ。
    距離をおきたくなるような少女なのに、彼女がとても魅力的にみえるのは、まわりの人々が優しいからなんだと思う。それは、つぐみへの献身的な優しさ。つぐみを取り巻く人間は、みんなやさしい。
    漁港と観光で回る故郷のひと夏の出来事は、今までの少女でいられないことに気づかされる。それは、新しい自分との出会いなのだ。

    きらめく夏の海辺の町の風景が癒される物語なのだけれど、わたしにとって『TUGUMI』はやっぱり夜の匂いがするのだ。

  • TSUGUMIの口の悪さに「嫌な子」っていう印象を持ってしまうけれど、真っ直ぐなところもあって、本を読み終わる頃にはTSUGUMIが大好きになってしまった。

  • キッチンと並ぶ吉本さんの代表作。
    たまたま、同じくらいの季節で、やっぱり夏って他の季節とは少し違うなぁと。なんだか海に行きたくなってしまう。
    この作品も、やはり身近に死がはっきりと存在していて、生というものが死によって色濃く描き出されている。
    巻末のインタビューにあったが、どうあっても人生は死に向かう以外の意味はない。そこに希望や意味を見出すのが哀しき人間の運命であり、言葉をもってしまった人間が動物とは一線を画すところである。
    それを悲観するのでなく、ただそうなっているのだと、吉本さんは、ことばによって人の心を浄化させることができる。
    書くということ、ことばの力。ことばは決してひとのどうぐなどではない。言葉が人を通して語る、池田さんの言葉がまた頭をよぎった。

  • つぐみが愛すべきキャラ過ぎてズルい。。。

全1213件中 1 - 25件を表示

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)に関連する談話室の質問

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)に関連するまとめ

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)の作品紹介

病弱で生意気な美少女つぐみ。彼女と育った海辺の小さな町へ帰省した夏、まだ淡い夜のはじまりに、つぐみと私は、ふるさとの最後のひと夏をともにする少年に出会った―。少女から大人へと移りゆく季節の、二度とかえらないきらめきを描く、切なく透明な物語。第2回山本周五郎賞受賞。

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)のKindle版

TUGUMI(つぐみ) (中公文庫)の単行本

ツイートする